スポンサーリンク

ユウゲショウ|散歩で見かけた紫色の花

ユウゲショウ 植物
この記事は約3分で読めます。

 散歩の途中で見た紫色の野花で道路わきに咲いていた花です。春になるとよく見かける花で薄紫の小さな花を咲かせて可憐に咲いています。インターネットで調べてみました。

 下の写真を見て下さい。

 画像検索で調べると、「ユウゲショウ」と言う名の野花のようです。

 Wikipediaより一部抜粋すると、「ユウゲショウ」は

ユウゲショウ(夕化粧、学名: Oenothera rosea)は、アカバナ科マツヨイグサ属多年草
和名の由来は、午後遅くに開花して、っぽい花色を持つことからとされるが、実際には昼間でも開花した花を見られる。オシロイバナ通称と紛らわしいので、アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)と呼ぶこともある。
【形態・生態】
高さ20 – 30cm、時には50 – 60cmに成長する。には柔毛がある。
はやや広い披針形で、互生する。
5月から9月にかけて、茎上部の葉の脇から薄紅色で直径1 – 1.5cmのをつける。花弁は4枚で紅色の脈があり、中心部は黄緑色である。やや紅を帯びた白色のを付ける雄蕊が8本あり、雌蕊の先端は紅色で4裂する。
熟した果実は、雨に濡れると開き、種子が飛び散る[2]

https://ja.wikipedia.org/wiki/ユウゲショウ

とあります。

 「ユウゲショウ」の特徴などに関する記事を3つほど載せますので興味のある方は参考にして下さい。

 「ユウゲショウの花言葉/夜咲きでも昼咲きでも遠慮深い花」より一部抜粋すると、

「夕化粧(ユウゲショウ)」は、ツキミソウの仲間(アカバナ科マツヨイグサ属)の中で、濃い目のピンク色の花の咲く品種(赤花系)の正式名称です。
が、オシロイバナ科オシロイバナ属の「オシロイバナ」も、別名ユウゲショウと呼ばれています。紛らわしいので、園芸では、マツヨイグサ属のほうを「アカバナユウゲショウ」と呼ぶことが多いです。

https://hanatama.jp/oenothera-rosea.html

とのことです。

 「ユウゲショウ」の花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

ユウゲショウの基本情報

写真ユウゲショウ
学名oenothera rosea
アカバナ科
属名マツヨイグサ属
英名Rose evening primrose
原産地南北アメリカ
開花期5~9月
花の色紫色
別名アカバナユウゲショウ
花言葉臆病
内気
柔和
おしゃれ
美徳
貞淑

コメント

タイトルとURLをコピーしました