スポンサーリンク

YouTubeのチャンネルアートの作成方法|71歳老人の挑戦

TouTubeのカバー画像出来上がり画像 SNS
この記事は約5分で読めます。

はじめに

エイじー
エイじー

こんにちは、エイじーです。

エイじー
エイじー

YouTubeのチャンネルアートを作成してみたいんだが
どうしたらよいかにゃ・・・

と言うことで、YouTubeのチャンネルアートの作成方法について紹介したいと思います。

 YouTubeのチャンネルアートの作成方法に関する動画や記事などを見ると、チャンネルアートのテンプレートを用いて作成する方法が示されていましたが、私が調べた現状では、そのテンプレートがありませんでした。

 そこで、テンプレートを作成し、そのテンプレートを下敷きにして実際のYouTubeのチャンネルアートを作成してみようと思います。

 使用しているパソコン環境は、Windows10で、ソフトとしてPhotoscape Xを使用します。

TouTubeのチャンネルアートのテンプレートの作成

 TouTubeの「チャンネル アートの作成または編集」を見ると、チャンネルアートのおすすめ画像サイズ、最小アップロードサイズ、テキストやロゴの最小安全領域、ファイルサイズなどが記述されています。これを、まとめて下に箇条書きにし示します。

  • おすすめ画像サイズ : 2560×1440 ピクセル
  • 最小画像アップロードサイズ : 2048×1152 ピクセル
  • 前のテンプレートにあったテキストやロゴの安全領域 : 1546×423ピクセル
  • テキストやロゴの最小安全領域 : 1235×338 ピクセル
  • 画像のファイルサイズ : 6 MB 以下

 これを基に、テンプレートを作成していきます。

 先ず、PhotoScape Xを起動します。写真編集の下隅にある「その他」をクリックし、「新規」をクリックします。

 新規画像サイズ入力画面が出ますので、おすすめ画像サイズである幅2560ピクセル、高さ1440ピクセルを入力し、「OK」をクリックします。

 白い2560×1440ピクセルの画面ができるので、これに一番細い線で補助線を書いて、中心に前のテンプレートにあったテキストやロゴの安全領域(1546×423ピクセル、黄緑色の領域)と現在のテキストやロゴの最小安全領域(1235×338 ピクセル、赤の領域)を作りました。作ったYouTubeのテンプレートの画像を下に示します。この画像をYouTubenoテンプレートとして保存しましょう。保存ファイル名は、「YouTubeカバー画像用添付レート,png」としました。

YouTubeチャンネルアート画像の作成

 無料の写真サイトの「Pixabay」から写真を拝借しましょう?

 私は、山の写真が好きなので検索欄に「山」と入れて検索します。その中から自分の好きな画像を選んでダウンロードします。ダウンロードしたファイルは「ダウンロード」フォルダーに入っています。

 Photoscape Xを起動し、先に作成したYouTubuカバー画像用テンプレートを読み込みます。その後に、先ほど「Pixabay」からダウンロードしたファイルを読み込み、上に重ねて全てを覆います。画像をクイックして、イメージを表示させ、不透明度を下げていき下の画像が見えるようにします。私の場合は、不透明度70ぐらいにしてみました。下の画像はその状態の画像です。

 赤い領域内(この領域は恐らく、今度発売されるだろう小さいiphoneを考慮した大きさではないかと勝手に思っている)に、文字を入力します。(黄緑の領域内でもiphone11であるならばOKだと思われます。)ここでは、「英治channel」と入れてみました。また、上部にブログのロゴも入れてみました。その画像が下の画像です。

 次いで、外側の画像をクリックした後、不透明度100にしテンプレートの大きさで記録させた画像を下に示します。

YouTubeチャンネルアート画像の設定

 先ほど作成したYouTubeチャンネルアート画像を設定してみましょう。自分のYouTubeホーム画面に行き、右隅の自分のアイコン(エイじーアイコン)をクリックし、その後チャンネルをクリックします。

 自分のチャンネルの右隅にカーソルを持っていくと、カメラマークが現れるので、それをクリックします。チャンネルアート画面で「自分のパソコンから写真を選択」をクリックします。自分のパソコンのフォルダーが開きファイル選択画面になりますので、先に作成した画像の中心に文字とロゴを入れたYoutube用チャンネルアート画像を選びます。パソコン、PC、モバイルの各デバイスで文字とロゴが真中に見えるように収まっていることを確認して、「選択」をクリックします。

 先ほど読み込んだチャンネルアートが反映されていることが分かります。また、文字やロゴがちょーど良い位置に入っていることも確認できます。

 チャンネルアイコンの設定とチャンネルアートの作成及び設定方法についてYouTubeに投稿しました。その動画を下に示します。

YouTubeのアイコンとチャンネルアートの作成および設定方法

おわりに

 YouTubeのチャンネルアートを最初は自分で適当に選んだ写真を2560×1440ピクセルにして設定したが、思うようにパソコンに表示されなかった。また、文字を入れても、文字がはみ出てしまったりして、うまくチャンネルアートを設定できなかった。

 そこで、YouTubeのチャンネルアートの作成法などについて調べたら、YouTubeのチャンネルアートのテンプレートを使えばよいことが分かったのですが、2020年8月1日時点では、チャンネルアートのテンプレートがありませんでした。これは、どういう理由か明確にはわかりませんが、恐らく、表示が小さなデバイスが出ることを予想して、テンプレートを作り直しているのではないかと思われます。

 そこで、テンプレートがないのであれば、作ってしまおうと思い作りました。そのテンプレートを下敷きにして、YouTubeのチャンネルアートを作ってみたところ、うまく文字やロゴをどのデバイスでも表示できることが分かりました。

 是非皆様も、YouTube側が新たなチャンネルアート用のテンプレートを提供するまでの間、私のテンプレートを利用いただければと思います。

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました