YAMAYスマートウォッチ(sw353-bk)で活動量の記録|歩数、距離、消費エネルギー、危険性(安全性)なども解説

スマホ
この記事は約9分で読めます。

はじめに

 あなたは、YAMAYスマートウォッチ(sw353-bk)をご存じでしょうか?

  YAMAYスマートウォッチ(sw353-bk)は、歩数、歩いた距離、消費エネルギー、睡眠時間、心拍数などを計測できる中国製スマートウォッチでAmazonで心拍数モニターでベストセラーNo.1の人気商品なんです。

 私は、家内の誕生日に別な中国製スマートウォッチをプレゼントしたら、何時も欠かさず腕に付けて自分の健康管理に利用し満足しているようです。

 と言うことで、YAMAYスマートウォッチ(sw353-bk)について、も少し深堀して紹介しようと思います。

★YAMAYスマートウォッチ(sw353-bk)とは?
★YAMAYスマートウォッチの評判、危険性(安全性)はどうなの?
★YAMAYスマートウォッチ専用のVeryFitProアプリのダウロード、インストールはどうするの?
★YAMAYスマートウォッチ(sw353-bk)の使い方はどうするの?
・ペアリング(接続)
・初期設定
・歩数、距離、消費エネルギー
・睡眠
・SNSの通知
・その他の機能
 OS、機種などで説明の仕方が変わってくることがありますので、私の使用しているスマホについて載せておきます。
iphoneのスマホの機種 : iphone11(iOSバージョン:14.5.2)
Androidのスマホの機種 : Xiaomi Redmi Note 10 Pro(Androidバージョン:MIUI 12(Android 11準拠))

YAMAYスマートウォッチ(sw353-bk)とは?

 このYAMAYスマートウォッチ(sw353-bk)は、専用アプリVeryFitProを利用してあなたのスマホとぺリング(同期)させ、スマートウォッチを身に着けていれば、色々なあなたの活動状況やその他色々便利機能を持ったアプリです。

 その機能を以下に載せます。

  1. 歩数、距離、消費エネルギーの活動状況の記録
  2. 心拍数、睡眠時間などの健康状況の記録
  3. スマホに来たSNSの通知機能
  4. スマホのカメラの遠隔操作
  5. スマホ探し
  6. スマホに入っている音楽の遠隔操作
    など

YAMAYスマートウォッチ(sw353-bk)の評判、危険性(安全性)

 YAMAYスマートウォッチ(sw353-bk)を見るには、最も簡単なのがAmazon、楽天ショップ、Yahoo!ショッピングでのレビューと評価(2021年5月24日現在)をを見ると一番分かり易いです。

 それでは、YAMAYスマートウォッチ(sw353-bk)の専用アプリのVeryFitProについても、App StoreやGoogle Playのソフトの評価を見てみましょう。
 これは、日本製専用のYAMAYスマートウォッチなのかもしれません。

 ただ、YAMAYスマートウォッチ(sw353-bk)は中国製アプリですので、中国政府より持っている情報を提出せよと言われたら当然提出する必要が出てきますので、これは、中国製品にかかわらず他の国の製品でも同様と思われます。

 したがって、自分なりにセキュリティーの面で次に示すっことは最低限しておくことが必要です。

  • 商品の評価、評判、口コミを調査すること
  • 商品の開発元を調査して信頼できる会社かどうかを調査すること
  • スマホなどに専用アプリをインストールする際には、少なくともスマホ内にはセキュリティーアプリは必ず入れておくこと。
  • 現在地の確認のために、許可を求められますが、これらの許可は使う上で支障がない限りできる限り許可しないようにした方が良いこと。

YAMAYスマートウォッチ専用のVeryFitProアプリのダウロード、インストール

 YAMAYスマートウォッチ専用のVeryFitProアプリは、基本的にスマホで利用するようになっていますので、パソコン版があるわけではありません。

 VeryFitProアプリをスマホで利用する際、iOSのiphoneの場合はApp Storeから、Androidスマホの場合は、Google Playからそれぞれダウンロードしてインストールしてください。

VeryFitPro

VeryFitPro
開発元:an he無料posted withアプリーチ

YAMAYスマートウォッチ(sw353-bk)の使い方 

ペアリング(接続)

 VeryFitProをスマホにインストールしてください。

 また、スマートウォッチのベルトを外し、直接USBに差し込んで充電してください。

 どちらも準備ができましたら、スマホのBluetoothがONになっていることを確認してください。

 その後、スマホのVeryFitProを立ち上げ、最初に3回ほど左にスワイプした後、「今すぐ使用」をタップ、表示されるアプリの使用同意書に「同意」をタップ、「このデバイスへの位置情報へのアクセスを「VeryFitPro」に許可しますか?」と聞いてくるので、「常に許可」、「アプリの使用中のみ許可」、「許可しない」から選択しタップ、デバイスの接続中とでて、接続されると「デバイスを選んでください」とでるので、表示されている「あんたのスマートウォッチ」をタップし、「接続を確認」をタップして接続完了となります。

初期設定

 ペアリングができたら、直ぐに個人情報の入力となります。

 最初が、性別を選択、生年月日(西洋年)、身長(最初はマイル、インチとなるので適当に選んで後で、cmに変更が可能)、体重(最初はポンドとなるので適当に選択した後で、kgに変更可能)、毎日の目標(歩数、睡眠時間、体重)を設定した後、「デバイス内の写真、メディア、ファイルへのアクセスを「VeryFitPro」に許可しますか?」と聞いてくるので、「許可」をタップして、VeryFitProの初期画面となります。

 なお、ホーム画面で右下隅の個人情報をタップして、生年月日の正確な日付を入力ができます。

 また、体の設定は、ホーム画面で右下隅の「個人情報」⇒「システム設定」⇒「単位設置」を順にタップすると、身長の単位を「フィート、マイル」⇒「cm、km」へ、体重の単位を「ポンド」⇒「kg」へ変更ができます。

歩数、距離、消費エネルギー

 VeryFitProのホーム画面で、運動に合わせると、今まで歩いた歩数、その歩数が目標歩数に対してどの程度の割合なのか、歩いた距離数、消費エネルギー(kcal)が表示されます。

 また、下のメニューの「詳細」をタップすると、週間の総距離数、週間の総歩数、週間の消費エネルギーが上段に表示され、下段には日平均距離数、日平均歩数、日平均消費エネルギーが表示されます

睡眠

 VeryFitProのホーム画面で、睡眠に合わせると、その日の睡眠状態が帯グラフで表示され、その帯グラフで深度睡眠(深い眠り)、浅睡眠(浅い眠り)、覚醒睡眠(レム睡眠)に色分けされ睡眠状態を知ることができます。

 また、下のメニューの「詳細」をタップすると、週間の日平均睡眠、週間の日平均深眠、週間の日平均浅眠が上段に表示され、下段には平均睡眠時間、平均不眠時間、日平均不眠時間が表示されます。

SNSなどの通知

 SMS、メール、Line、Twitter、FacebookなどのSNSがスマホに届いた際に、スマホを持っていなくともスマートウォッチを身に着けていれば、知らせてくれる機能です。 したがって、大事な通知を逃すことがなくなります。

その他の機能

 その他の機能として、スマホカメラを三脚に付け、離れたところからスマートウォッチからカメラのシャッターボタンのようにして利用ができます。

 また、スマホをどこかに忘れてしまった際に、どこに忘れてしまったのかを知る機能もあります。

 さらに、余り座りすぎだと健康に良くないので座りすぎ防止のために知らせてくれる機能などもあります。

おわりに

 皆さんいかがだったでしょうか?

 YAMAYスマートウォッチ(sw353-bk)とは?、YAMAYスマートウォッチの評判、危険性(安全性)はどうなの?、YAMAYスマートウォッチ専用のVeryFitProアプリのダウロード、インストールはどうするの?、YAMAYスマートウォッチ(sw353-bk)の使い方はどうするの?、ペアリング(接続)、初期設定、歩数、距離、消費エネルギー、睡眠、SNSの通知、その他の機能などについて解説してきました。

 この記事が少しでもあなたのお役に立てればこれほど嬉しいことはありません。 以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました