スポンサーリンク

ヤブラン|近所を散歩していて見かけた紫色の小さな花を一杯付けた植物

ヤブラン 植物
この記事は約3分で読めます。

 近所の黒目川沿いを散歩していて見かけた紫色の小さな花を一杯付けた植物をiphone11で撮影しました。(2020年10月13日撮影)この植物の名をインターネットで調べたので紹介します。

 下の写真をご覧ください。

 画像検索で調べると、「ヤブラン」とでました。この植物も特徴ある花を持っているので花名は間違いないでしょう。

 Wikipediaより一部抜粋すると、「ヤブラン」は、

ヤブラン(藪蘭、学名Liriope muscari)は、キジカクシ科ヤブラン属に属する多年草。別名リリオペ[6]サマームスカリ、広義でプラティフィルラ[6]ともよばれる。中国植物名は、禾葉土麦冬(かようどばくとう)[7]
【特徴】
東アジアに分布する[1]中国朝鮮半島日本では全土、主に関東以西の本州四国九州沖縄に分布する[9][10]山野の林内で樹木の下草として自生する[11]。庭園の日当たりの良くないところの下草や、縁取りなどに植えられている[8]
多年草で[7]、多数の葉が群がり大きな株になる[6]は連珠状、は根生し、草丈は30 – 60センチメートル (cm) ほどになる[8][9]。葉は濃緑色で線形、厚くて光沢があり、長さは30 – 60 cm、幅は7 – 12ミリメートル (mm) と細長くて、7 – 11本の葉脈があり、先は垂れる[6][9]
開花期はから(7 – 10月ころ)[11]。株の葉の間から多数の花茎が立ち上がり、高さは30 – 50 cmになり、花茎上に長さ8 – 12 cmの穂状花序を形成して、多数の淡紫色の小さなを密につけて咲かせる[8][6][11]。花の花被片は楕円形で6枚、雄しべは6本、雌しべは1本からなる[6][10]。子房は平たい円盤状で花の上から見え、1花柱があり、花柱の先端は裂けていない[6]。子房の中には6つの胚珠が入っている[6]
やがて秋には直径5 mmほどの球形の種子を露出して付け、光沢があって、まるで果実のように見え、熟すと緑色から黒紫色へ変わり目立つようになる[8][6][11]。ヤブランの果実は皮が早く落ちて、種子がむき出しになる変わった性質を持っている[10]。種子は、1つの花(子房)から普通2 – 4個ぐらいがかたまって育つ[6]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3

 「ヤブラン」の特徴や育て方などに関する記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にしてください。

 「ヤブラン」の花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にしてください。

ヤブランの基本情報

写真ヤブラン
学名
Liriope muscari
キジカクシ科
属名ヤブラン属
英名Big blue lilyturf
Lilyturf
Border grass
Monkey grass
原産地日本、中国、台湾、朝鮮半島南部
開花期8月~10月
花の色

藤色
別名リリオペ
山菅(ヤマスゲ)
サマームスカリ
花言葉忍耐
隠された心
謙遜
無邪気な

コメント

タイトルとURLをコピーしました