スポンサーリンク

プロフィールの表示法へ71歳の老人が挑戦

エイじー Wordpress
この記事は約4分で読めます。

 こんにちは、エイじーです。

 プロフィールを作成しそれをサイドバーの位置に表示させる方法について紹介したいと思います。

 私は、CSSなどは全く分からないど素人ですのでいつものようにプロフィールに関する記事をインターネットで調べました。

 その中でエイじーでもできる簡単なプロフィールを表示させる記事がありました。それが以下の記事です。この記事では、高度なプロフィールの表示法も載っていましたが、さきほどのCSSを使う方法でしたので、エイじーは最初の簡単な方法を採用しようと思います。その後知識が付いてきて、CSSなどが理解できるようになった段階で工夫を凝らしたプロフィールの表示法に挑戦したいと考えています。

 それでは早速、老人でもできるプロフィールの表示法について紹介していきます。

 その手順は次のように進めていきます。

プロフィールの表示法の手順
  • 手順
    プロフィールの固定ページの作成
    • 固定ページで新規追加し、追加された新しい固定ページにタイトルとしてプロフィールを入れす。
    • 自分のプロフィールを詳細に書いて保存する。
  • 手順
    WordPressの左メニューのユーザー内のあなたのプロフィールの修正

  • 手順
    WordPressの左メニューの外観内のウィジェットの内容修正および配置

プロフィールの固定ページの作成

 最初はWordpressのメニューの固定ページ内の新規追加をクリックして新しい固定ページを作成します。

 タイトルを追加と書かれているところに「プロフィール」と入れ、その下の本文中に自分のプロフィールを詳しく書きます。上部にある「下書き保存」をチェックして書き込んだ詳細なプロフィールの内容を保存しておきましょう。

 タイトルプロフィールの中ににカーソルを入れるとその上に表示されるパーマリンクの修正をクリックし、日本語の「プロフィール」を「profile」に変更して、保存して下さい。ここで、「公開する」をチェックして公開しておきましょう。

WordPressの左メニューのユーザー内のあなたのプロフィールの修正

 WordPressの左メニューからユーザー内の「あなたのプロフィール」をクリックします。出てきた画面を左側に「プロフィール情報」や「プロフィール画像」と書かれた部分までスクロールします。

 プロフィール情報の部分に、プロフィール内に表示させたい自分の紹介を書きます。そして、改行して次の一文を挿入します。

<a href=”プロフィールのURL”>プロフィール内に表示させたい文字</a>

  ここで、私の場合は「プロフィールのURL」には「http://yanai-ke.com/profile」を、「プロフィール内に表示させたい文字」には「詳細プロフィール」を入れ替えた文を挿入しました。

 プロフィールのURLは、手順1で作成したプロフィールのパーマリンクに書かれていたご自分のアドレスをここに入れます。

 次にプロフィール画像のアップロードの所でご自分の写真やイラスト画像などがあれば、横の「選択」をチェックしてパソコンからアップロードし下さい。アップロードした画像が表示されます。

 イラストについては、次のサイトで探してみてはいかがでしょうか?エイじーはこのサイトから拝借しました。

WordPressの左メニューの外観内のウィジェットの内容修正および配置

 WordPressのメニューの外観の中の「ウィジェット」をクリックし、その中の利用できるウィジェットの中の「[C]プロフィール」クリックします。下の画面が出てきます。

 サイドバーにチェックされていることを確認後、「ウィジェットの追加」をクリックします。

 左のサイドバーの所に[C]プロっフィールの設定画面が出てくるので、そこに赤で囲んだように入力します。最後に保存をクリックし、完了をクリックします。

 これでプロフィールの設定は終わりです。自分で書いた記事を表示してみてください。サイドバーに設定したプロフィールを見ることができます。

コメント

  
この記事を書いた人
エイじー

71歳、男性、昭和24年1月生まれの団塊の世代です。認知症予防のため、毎日、散歩、ブログ記事の執筆に励んでいる超初心者のエイじーです。
詳細プロフィール

エイじーをフォローする
Wordpress
スポンサーリンク
エイじーをフォローする
定年後のスローライフブログ
タイトルとURLをコピーしました