スポンサーリンク

初心者でもできるWordPressに挑戦(6)ファンブログからの移設

Wordpress
この記事は約3分で読めます。

 2020年2月にファンブログでブログを開始し、3か月が過ぎ、記事も60以上貯まりました。将来は、どこかのサーバを借りてそちらにブログを移設したいと考えています。手始めとして、今回は、自分のパソコンに構築したWordPressのローカル環境に無料ブログであるファンブログから移設を試みました。

 A8.netにログインし、自分のファンブログを立ち上げます。

 そして、赤で囲んだ「設定」をクリックします。

 次に、赤で囲んだ「エクスポート」をクリックします。

 エクスポート画面が出るので、次のように設定します。

  • 文字コード : UTF-8
  • 取得範囲 : 2020-02 ~ 2020-05 (2020年2月の記事から2020年5月の記事全てを意味する。これは後でわかったことですが、今回は全ての記事を含めましたが、取得範囲は1か月ごとくらいにこまめに設定したほうが不具合などが起きないと思います。)
  • コメントを含める : チェック
  • トラックバックを含める : チェック
  • タグを含める ; チェック

 設定後、「エクスポート」ボタンをクリックします。すると、下のような「mtarchive-2020-02-2020-05.logを開く」と言うウィンドウがホップアップしますので、ファイルを保存にチェックをして「OK」クリックします。

 これで、記事が自分のパソコンにダウンロードできたわけです。

 次は、ダウンロードしたファンブログの記事を自分のパソコンのWordPressにインポートしてみましょう。インポートの前に、Wordpresにインストールしたプラグイン全てを停止しておきましょう。インポートした際にプラグインが悪さをする可能性があるからです。移設後に、記事などをすべて修正し終えた段階でプラングインをまた動作するようにした方が問題が起きません。

 WordPressを立ち上げ、左のメニューから「ツール」、「インポート」を選びます。その画面が下の画像です。

 インポート画面で「Movable Type と TypePad」の下にある「今すぐインストール」をクリックします。


 「インストール中・・・」とでた後、「インポーターの実行」をクリックします。すると、「Movable Type もしくは Typepad のインポート」画面に移ります。ここで、赤で囲んだ「ファイル選択」をクリックします。

 先にファンブログから記事をダウンロードした「mtarchive-2020-02-2020-05.log」を選択して、「開く」をクリックします。


 「Movable Type もしくは Typepad のインポート」に戻り、「ファイルをアップロードしてインポート」をクリックします。


 投稿者の割り当て画面になるので、そこで「実行」をクリックします。


 各記事のインポート中と言う画面が出て、スクロールしたボトムに下の右の画像のように「すべて完了しました、ではお楽しみください !」とでるので、「ではお楽しみください !」をクリックします。なお、下の右の画面のように「河津さくらを見に行った」の記事のインポートで色々エラーのようなものが出ますが、これは、先にこの記事をこのWordpressのローカル環境で書いていたことによるものと思われます。

 以上で自分のパソコンのWordPressのローカル環境にファンブログの記事をインポートできたと思います。ただ、画像についてはインポートされませんので、記事を一つ一つ修正する際に設定していけばよいと思います。

タイトルとURLをコピーしました