Windows10メールアプリの使い方、メールアカウントの追加、メールの基本操作、メールアプリのダウンロード・インストールなども解説

メール
この記事は約9分で読めます。

はじめに

 今日は、Windows10メールの使い方について、初心者でもわかるように解説していきます。

 この記事を読むと、次の疑問について知ることができます。

●Windows10メールアプリとはどのようなもの?
●Windows10メールアプリの使い方はどうすればよいの?
・メールアカウントの追加
 Outlook,com
 Gmail
 Yahoo!メール
 iCloudメール
 Thunderbird
・メールの基本操作
 署名
 メール送信
 メール返信
●Windows10メールをうっかり消した際にダウンロードとインストールはどうすればよいの?

 Windows10メールはMicrosoft!が提供するメーラーで、Windows10に標準で付属するソフトで、メール本来の機能に縛ったソフトで解説書やYouTubeでの使い方などの動画も多くあり、人気のメーラーです。

 パソコンのOS、機種などで説明の仕方が変わってくることがありますので、私の使用しているパソコン環境やiphoneについて記しておきます。

  • パソコンOS : Windows10 Pro
  • Windowsバージョン : 20H2
  • スマホの機種 : iphone11
  • iOSバージョン : 14.4.2

Windows10メールアプリとは?

Windowsに標準で付属するタイプのメールアプリの歴史を紐解くと、次のようになります。

  • 1995年 Windows 95:Microsoft Exchange
  • 2001年 Windows XP:Outlook Express
  • 2007年 Windows Vista:Windows Mail
  • 2009年 Windows 7:Windows Live Mail
    標準付属ではないが、Windows Liveのソフトウェア群の一つとなっており、無料で利用が可能
  • 2012年 Windows 8:Mail app
  • 2015年 Windows10:メール(リリースは:2014-11-24)
    標準付属するが、もし消した際にはMicrosoft Storeから「メール/カレンダー」からダウンロードしてインストールが可能です。

 以下にその特徴をまとめてみました。

  1. シンプルな設計で新着メールなどを容易に確認でき、メールの整理も簡単な操作で可能
  2. 主要なメールアカウントを追加して使用が可能
  3. 編集機能にMicrosoft Wordが組み込まれているので、Wordになれた方は文書を使い慣れた環境で利用が可能
  4. Windows10ノートなどのタッチパッドを利用している場合、タッチ ジェスチャの機能を使ってメールの読み取り、並べ替え、アーカイブができ、受信トレイのメールを操作可能
  5. ナビゲーション パーを使えば、メールとカレンダーを素早く簡単に切り替えて利用が可能
  6. 無料で利用が可能

Windows10メールアプリの使い方

 Windows10メールを起動するには、「Winスタート」をクリックすると右のスタートウインドウに「メール」があるはずですので、それをクリックしてください。

 もし、スタートのメニューになければ、「Winスタート」⇒下にスクロールして「メール」を右クリックして「スタートにピン留めをする」をクリックしてください。

メールアカウントの追加

 メールアカウントの追加でOutlook.com、Gmail、Yahoo!メール、iCloudメール、Thunderbirdの5つを追加してみたいと思います。

メールアカウントのそれぞれの追加手順について、以下に載せます。

【Outlook.comのメールアカウントの追加手順】

  1. 最初にメールを起動すると「アカウントの追加」ウインドウが表示されます。
  2. 「Outlook.com」を選択
  3. サインインする方法の選択画面がでますので、既にOutlook.comでメールを作成していれば、そのアカウントが表示されるので、Outolook.comのメールアカウントを選択してクリック
  4. 「すべて完了しました。アカウントは正常にセットアップされました。」とでるので、右下の「完了」をクリック
  5. すると、Windows10メールの作成した、Outlookアカウントの横に縦線が入り選ばれており、その横に受信ボックス内のメールの数が見られ、メールの表示欄にメールが表示されていることが分かります。

【Gmailメールアカウントの追加手順】

  1. 右の「人マークのアカウント」をクリックし、右に出る「アカウント管理」画面で「+アカウントの追加」をクリック
  2. 「アカウントの追加」ウインドウがでるので、「Google」を選択してクリック
  3. Googleのログイン画面がでるので、Gmailのメールアドレスを入力して、「次へ」をクリック
  4. パスワードの入力画面で、Gmailのパスワードを入力して、「次へ」をクリック
  5. 2段階認証を設定している人は、登録したスマホの番号宛に2段階認証の通知が届き、「はい」をクリック
  6. 「Windows が Google アカウントへのアクセスをリクエストしています」とでるので、「許可」をクリック
  7. 「お知らせメールを希望する」にチェック入れるかどうかを選択とでますので、「許可」をクリック
  8. 「すべて完了しました。アカウントは正常にセットアップされました。」とでるので、右下の「完了」をクリック

Yahoo!メールアカウントの追加手順

  1. 右の「人マークのアカウント」をクリックし、右に出る「アカウント管理」画面で「+アカウントの追加」をクリック
  2. 「アカウントの追加」ウインドウがでるので、「詳細設定」⇒「インターネットメール」を選択してクリック
  3. Yahoo!メールで利用しているメールアドレス、ユーザー名、パスワード、アカウント名、表示名(メール送信などした際に表示される名前)、受信サーバー名:imap.mail.yahoo.co.jp、アカウントの種類:IMAP4、送信サーバー名:smtp.mail.yahoo.co.jpを記入して、その下のチェックボックスるには全てチェックをし、「サインイン」をクリック
  4. これで、Yahoo!メールが表示されるはずです。

iCloudメールアカウントの追加手順

  1. 右の「人マークのアカウント」をクリックし、右に出る「アカウント管理」画面で「+アカウントの追加」をクリック
  2. 「アカウントの追加」ウインドウがでるので、「その他のアカウントPOP、IMAP」を選択してクリック、使っているYahoo!メールアドレス、表示名(メールを送信した際に表示される名前)、パスワードを記入して、「サインイン」をクリック
  3. 「すべて完了しました。アカウントは正常にセットアップされました。」とでるので、右下の「完了」をクリック
  4. アカウントの横に要注意マークが出たら、Apple ID アカウント ページにサインインします。
  5. セキュリティーの「App用パスエワード」の下にある「パスワードを生成」をクリック
  6. パスワードのラベル(何でもよい)を入力して、「生成」をクリック
  7. 再度、Apple IDへ入力画面がでるので、サインインします。
  8. パスワードの確認画面がでるので、パスワードを入力して「続く」をクリック
  9. App用パスワードが表示されるので、そのパスワードをコピーして、「完了」をクリック
  10. Windows10メールに戻り、iCloudのアカウントの要注意をクリック
  11. 要注意ウインドウに出てくるパスワード欄に先ほどのコピーしたパスワードを貼り付け、「保存」をクリック
  12. これで、iCloudのメールが表示されるはずです。

Thunderbirdメールアカウント(POP、IMAP、SMTPサーバー)の追加手順

  1. 右の「人マークのアカウント」をクリックし、右に出る「アカウント管理」画面で「+アカウントの追加」をクリック
  2. 「アカウントの追加」ウインドウがでるので、「詳細設定」⇒「インターネットメール」を選択してクリック
  3. Thunderbirdで利用しているメールアドレス、ユーザー名、パスワード、アカウント名、表示名(メール送信などした際に表示される名前)、受信サーバー名、アカウントの種類、送信サーバー名を記入(あなたが利用しているメールのプロバイダーの契約時に記してある、メールアドレス、アカウント名、パスワード、受信サーバー名、アカウントの種類、送信サーバー名を記入)して、その下のチェックボックスには全てチェックをし、「サインイン」をクリック
  4. これで、Thunderbirdで利用しているPOP、IMAP、SMTPサーバーを利用した一般的なメールが表示されるはずです。

メールの基本操作

 メール基本操作では、メールを送信した際に自動的に挿入できる署名、送信、返信などについて解説します。

【署名の作成手順】

  1. 右下にある「歯車マーク」の設定をクリック
  2. 「署名」をクリック
  3. メールの署名ウインドウが開くので、メールアカウントを選択するか「すべてのアカウントに適用する」にチェックを入れ、署名欄にあなたの好きな署名を記入して、「保存」をクリック

【メールの送信手順】

  1. メールを送信したいメールアカウントを選択
  2. 右上の「+メールの新規作成」をクリック
  3. 宛先に「人マーク」の連絡先を選択をクリックして、一覧から相手のメールアドレスを選択して右下の「レ」の完了をクリック
  4. 件名にメールの題目を記入
  5. 件名の下の欄にメール本文を記入
  6. 本文で、上部メニューの「書式」をクリックすることにより、書体、文字の大きさ、文字色、文字のボールド体、イタリック体、アンダーライン、文字の打ち消し、右寄せ、中央寄せ、左寄せ、文字等間隔、リスト(通常リスト、番号リスト色々)、文字の下付き文字、文字の上付き文字などを使うことが可能
  7. 上部メニューの「挿入」をクリックすることにより、表(種類色々)、画像、ハイパーリンク、絵文字、ファイルの添付などが可能
  8. 上部メニューの「描画」をクリックすることにより、メール本文に自由に絵を描くことが可能
  9. 上部メニューの「オプション」をクリックすることにより、本文のスペルチェックを行うことが可能
  10. 本文を作成し終えたら、左上部の「紙飛行機マーク」の送信をクリックすれば、メールを送信してくれます。

【メールの返信手順】

  1. 返信したいメールをクリックして表示させます。
  2. 上部メニューの「返信」又は「全員に返信」をクリック
  3. タイトルに前のタイトルの前に「RE:」が付きます。
  4. タイトルの下に返信用の本文を記入(メール送信手順の5.~9.)
  5. 返信用本文を書き終えたら、左上部の「紙飛行機マーク」の送信をクリックすれば、返信メールを送信してくれます。

Windows10メールアプリのダウンロードとインストール

 「Winスタート」とクリックして、右のスタートメニューから「Microsoft Store」をクリックします。

 上の虫眼鏡(検索)をクリックして、「メール」と記入すると、下に「メール/カレンダー」が出るので、それをクリックします。

 「メール/カレンダー」の画面になるので、横にある「入手」をクリックすると、自動的にダウンロードされ、インストールされますので、インストール後に「スタートにピン留めする」をクリックしておきましょう。

おわりに

 皆さんいかがだったでしょうか?

Windows10メールアプリとはどのようなもの?、Windows10メールアプリの使い方はどうすればよいの?、メールアカウントの追加、Outlook,com、Gmail、Yahoo!メール、iCloudメール、Thunderbird、メールの基本操作、署名、メール送信、メール返信、Windows10メールをうっかり消した際にダウンロードとインストールはどうすればよいの?などについて解説してきました。

 この記事が少しでも皆様のお役に立てればこれほど嬉しいことはありません。

以上です。

 

🕶  超速Kindle本の作成法を学べる講座

メルマガの登録ありがとうございます。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました