スポンサーリンク

VideoProcによるGIFアニメに挑戦|初心者のあなたもチャレンジしてみよう!

最後の晩餐 ソフト
この記事は約4分で読めます。

はじめに

 私は、まだ一度もGIFアニメを作ったことがありませんが、良く説明に動く画像が用いられていることがあります。多分、GIFアニメを貼り付けて、説明に用いているのだと思われます。

 単に、一枚の画像を貼り付けるより、GIFアニメを用いたほうがより分かり易くすることができます。

 と言うことで、今回は、一つのソフトで動画編集、動画のフォーマット変換、色々な動画サイトから動画のダウンロード、パソコン画面の動画キャプチャなど色々使えるVideoProcを使ってGIFアニメを作ることに挑戦したいと思います。

VideoProcのインストール

 先ず、「VideoProc」のダウンロードサイトに移動します。

 移動した画面で、「無料ダウンロード」をクリックします。

 自分のパソコンに「videproc.exe」がダウンロードされます。Windows10の場合は、ダウンロードファオルダーに入っています。「videproc.exe」をダブルくリクして、実行すると、小さなウインドウが開き、「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と聞いてくるので、「はい」をクリックします。さらに、「VideoProc」のインストールウインドウが開くので、「エンドユーザー使用許諾契約書」に同意するにチェックが入っていることと、「カスタマインストール」にチェックが入っていいることを確認した後、「インストール」をクリックします。

 しばらくして、ソフトがインストールされ、ソフトをすぐ開始するかどうかを聞いてきます。このまま続けるようでしたら、「すぐ開始する」をクリックします。後で、起動するなら、赤のまるで囲んだアイコンがパソコンのディスクトプにあるので、そのアイコンをクリックして起動します。

 「VideoProc」を起動します。起動すると、次のような製品版の案内画面が出ますが、「後で通知する≫」をクリックします。

 すると、検出されたハードウエア情報が2画面表示されます。

 最後に「Level-3加速技術でビデオを処理する>」をクリックします。製品版の案内の場面が表示されるが、全て閉じます。

自分のパソコンの画面の動画のキャプチャ

 「VideoProc」を起動してください。製品版の案内がありますがそのウインドウは閉じます。「VideoProc」の初期画面が現れますので、録画をクリックします。

 「画面録画」をクリックします。

 すると、下のようなパソコンの全画面がキャプチャー画面に映し出されていることが分かります。下の画像を説明すると、「VideoProcー録画画面」の中に録画するためのキャプチャ-画面があり、それにパソコンの全画面が映し出され、さらに、その中に「VideoProcー録画画面」があり、その中にさらに、VideoProcに映し出されたパソコンの全画面があるという、複雑な画面です。

 下の「クロップ」をクリックして、自分で好きな画面キャプチャーしたい部分を四角くで囲います。アイコンのない部分が良いと思います。もちろん、ゲームなどを録画する場合は、ゲームのウインドウの大きさに合わせればよいと思います。

 それでは、今回はカーソルを斜めに動かすところを画面キャプチャーして、10秒ほどの短い動画を作り、それをGIFアニメに変換することにします。

 VideoProcの録画画面で右隅の「REC」をクリックします。カウントダウンが始まりますので、録画が開始されたら、画面キャプチャー領域の左下隅にカーソルを持って行き右上隅に向けてカーソルを移動します。VideoProcの録画画面に戻り右下隅の「STOP」をクリックするか、「ctrl+Alt+Shift+R」で録画を止めることができます。

GIFアニメの作成

 次に、VideoProcの初期画面から「ビデオ」をクリックし、右の方にある「開く」をクリックすると、先ほど作成した画面キャプチャー動画もあるので。それをドラッグして編集画面にドロップします。下の方にある出力先を「GIF作成」を選択します。右隅にある「RUN」をクリックすることによりGIFアニメを作成することができます。今回のGIFアニメを作る元の動画は、画面キャプチャーした動画画像に透視文字(透過0%)で赤い文字を挿入した画像を作り、それをGIFアニメを作る元動画として選びました。

 このようにして作成した画面キャプチャの動画(10秒)は1.09MB程度でした。それを以下に示します。

 見ずらいですが、目を凝らしてみるとカーソルが左下隅から右上隅に向かって移動するのが見ることができると思います。なお、透かし文字で「VideoProc-Recorder」と画面中央あたりに見ることができますが、これは、試用版を使っているからです。

おわりに

 「VideoProc」は、エイじーでも気軽に使用することができ、GIFアニメも容易に作ることができました。このソフトは、GIFアニメ作成は、むしろ付録的な存在であり、動画のフォーマット変換、動画サイトからのダウンロード、DVD保存、簡単な動画編集など多彩の機能を持っています。このようなソフトは、1本持っていても損はしないと思います。

 皆さんも、VideoProcで色々動画を作成してみてはいかがでしょうか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました