スポンサーリンク

ウツギ|散歩の途中で見かけた白い花

ウツギ 植物
この記事は約2分で読めます。

 散歩していて見かけた白花を枝に咲かせていた低木の木です。iphone11で撮影しました。(2020年5月24日撮影)

 下の写真を見てください。

 インターネットの画像検索で調べると、「ウツギ」と言う名の低木の花のようです。

 Wikipediaより一部抜粋すると、「ウツギ」は、

ウツギ(空木、学名:Deutzia crenata)はアジサイ科ウツギ属落葉低木。ユキノシタ科で分類される場合もある[1]
【特徴】
樹高は2-4mになり、よく分枝する。樹皮は灰褐色で、新しいは赤褐色を帯び、星状毛が生える。の形は変化が多く、卵形、楕円形、卵状披針形になり、葉柄をもって対生する。花期は5-7月。枝先に円錐花序をつけ、多くの白いを咲かせる。普通、花弁は5枚で細長いが、八重咲きなどもある。
和名のウツギの名は「空木」の意味で、が中空であることからの命名であるとされる。花は卯月(旧暦4月)に咲くことから「卯(う)の花」とも呼ばれ[2]、古くから初夏の風物詩とされており、清少納言の随筆『枕草子』には卯の花と同じく初夏の風物詩であるホトトギスの鳴き声を聞きに行った清少納言一行が卯の花の枝を折って車に飾って帰京する話がある。近代においても唱歌『夏は来ぬ』で歌われるように初夏の風物詩とされている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%84%E3%82%AE

とあります。

 「ウツギ」の特徴、育て方などに関する記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

 「ウツギ」の花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

ウツギの基本情報

写真ウツギ
学名Deutzia crenata
アジサイ科
属名ウツギ属
英名Deutzia
原産地日本
朝鮮半島
中国
開花期5月~6月
花の色
ピンク
別名卯の花(ウノハナ)
花言葉秘密
古風

コメント

タイトルとURLをコピーしました