スポンサーリンク

ツユクサ|近所の散歩で見かけた青い小さな花

ツユクサ 植物
この記事は約3分で読めます。

 近所の散歩で見かけた小さな変わった青い花をiphone11で撮影しました。(2020年9月14日撮影)この花名をインターネットで調べたので紹介します。

 下の写真をご覧ください。

 画像検索で調べると、「ツユクサ」とでました。これも良く見かける雑草です。

 Wikipediaより一部抜粋すると、「ツユクサ」は、

ツユクサ(露草、鴨跖草、鴨跖、学名Commelina communis[3]は、ツユクサ科ツユクサ属の一年生植物の隅や道端で見かけることの多い雑草である。
朝咲いたが昼しぼむことが朝露を連想させることから「露草」と名付けられたという説がある。英名の Dayflower も「その日のうちにしぼむ花」という意味を持つ。また「鴨跖草(つゆくさ、おうせきそう)」の字があてられることもある。ツユクサは古くは「つきくさ」と呼ばれており、上述した説以外に、この「つきくさ」が転じてツユクサになったという説もある。「つきくさ」は月草とも着草とも表され、元々は花弁の青い色が「着」きやすいことから「着き草」と呼ばれていたものと言われているが、『万葉集』などの和歌集では「月草」の表記が多い。この他、その特徴的な花の形から、蛍草(ほたるぐさ)や帽子花(ぼうしばな)、花の鮮やかな青色から青花(あおばな)などの別名がある。 色が薄く、花が紫色に見えるウスイロツユクサや、紫色の花弁が3枚のムラサキツユクサ、白い花弁のトキワツユクサなどの近縁種がある。 6本の雄しべの中で、役に立つのは2本だけである。
【形態・生態】
高さは15~50cmで直立することはなく、は地面を這う。
6 – 9月にかけて1.5 – 2cmほどの青い花をつける。花弁は3枚あり、上部の2枚は特徴的で青く大きいが、下部の1枚は白くて小さく目立たない[4]雌しべが1本、雄しべが6本で成り立っている。アサガオなどと同様、早朝に咲いた花は午後にはしぼんでしまう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%A6%E3%82%AF%E3%82%B5

とのことです。

 「ツユクサ」の特徴などに関する記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

 「ツユクサ」の花言葉などに関する記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

ツユクサの基本情報

写真ツユクサ
学名
Commelina communis
ツユクサ科
属名ツユクサ属
英名day flower
原産地日本・東アジア
開花期6月~9月頃
花の色

別名蛍草(ホタルグサ)
帽子花(ボウシバナ)
青花(アオバナ)
月草(ツキクサ)
鴨跖草(ツキクサ)
花言葉尊敬
小夜曲(セレナーデ)
変わらぬ思い
なつかしい関係

コメント

タイトルとURLをコピーしました