スポンサーリンク

ツルニチニチソウ|散歩の途中で見かけた紫色の花

ツルニチニチソウ(拡大) 植物
この記事は約3分で読めます。

  黒目川沿いを散歩していた途中で見た野草について、インターネットで調べてみましたので紹介します。

 初めは、下の写真を見てください。

 画像検索で調べてみました。「ツルニチニチソウ」と言う名の野花のようです。

 Wikipediaより一部抜粋すると、、「ツルニチニチソウ」は、

ツルニチニチソウ(蔓日々草、学名Vinca major)はキョウチクトウ科の常緑蔓性植物の一種。ツルギキョウともいうが、キキョウ科にツルギキョウ(学名:Campanumoea maximowiczii)という植物があり、キキョウ科のものが標準和名のツルギキョウである[1]
【特徴】
Vinca属は蔓性の多年草あるいは亜低木に分類され、日本ではツルニチニチソウ(Vinca major)とさらに小型のヒメツルニチニチソウ(V. minor)の2種が一般的に知られる。茎が地面や石垣などを這い、節から根を出し広がって増える。この性質のため、吊り鉢から茎を垂らしたり、グランドカバーなどに利用される。特にの入る品種が園芸品種として好まれる。斑には、黄色があり、斑の模様も多様であるが、斑入り品種は花付きがよくない傾向がある。耐寒性、耐陰性、耐乾性に優れ周年の鑑賞に耐える[1]
花期は、~初夏。花の形がニチニチソウに似ているが、色は青紫色または白色[1]。柱頭は円盤状をしており、その上にのある突起物があるが、このような柱頭の植物は珍しい。葉は幅広い。ニチニチソウ同様に繁殖力が非常に強く、観賞用によく栽培される。ビンカアルカロイドとは異なるアルカロイドを含む。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%83%81%E3%83%8B%E3%83%81%E3%82%BD%E3%82%A6

とあります。

 「ツルニチニチソウ」の特徴や育て方などに関する記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

 環境省のホームページに入り、検索欄に「」ツルニチニチソウ」と入れ、検索してみると、生態系被害防止外来種リストの植物の部分に載っていました、重点対策外来種(甚大な被害が予想されるために、対策の重要性が高いもの)になっています。

 「ツルニチニチソウ」の花言葉などに関する記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

ツルニチニチソウの基本情報

写真ツルニチニチソウ(拡大)
学名Vinca major
キョウチクトウ科
属名ツルニチニチソウ属
英名Greater periwinkle
Large periwinkle,
Bigleaf periwinkle
原産地ヨーロッパの地中海沿岸
開花期3月~6月
花の色

別名蔓桔梗(ツルギキョウ)
ビンカ
花言葉楽しき思い出
幼なじみ

コメント

タイトルとURLをコピーしました