スポンサーリンク

トウガン|近所で見かけたつる性の黄色の花

トウガン 植物
この記事は約3分で読めます。

 近所を散歩していてツル性の黄色の花を見かけたのでiphone11で撮影しました。(2020年9月16日撮影)この花名をインターネットで調べたので紹介します。

 下の写真んをご覧ください。

 画像検索で調べると、「Benincasa」とでました。さらに詳しく調べると「トウガン、冬瓜」という植物の花のようです。

 Wikipediaより一部抜粋すると、「トウガン」は、

トウガン冬瓜、学名:Benincasa hispida中国語ラテン翻字: dōngguā)は、ウリ科つる性一年草雌雄同株の植物。果実を食用する夏野菜。秋の季語[3]。実は夏に収穫され、冬まで貯蔵することができるため冬瓜とよばれる。果肉はやわらかく、淡泊な味わいで煮物料理などに使われる。
【特徴】
原産は熱帯アジア[9][10]インド東南アジア[4][6]といわれる。日本には、古代中国から渡来し、畑で栽培されていた[10]。日本での栽培は平安時代成立の『本草和名』に「カモウリ」として記載があり、同時代に入っていたが渡来詳細は明らかになっていない[6][11][12]。主産地は宮崎県、茨城県、愛知県[6]
一年生のつる植物で、茎は地面を這って長く伸びて、無色の毛が生えていて、巻きひげがある[10]は大型の浅く5 – 7裂した丸形で、掌状になっている[10]
花期は夏(8 – 9月ころ)で、葉腋に直径7.5 – 10センチメートル (cm) のヘチマに似た黄色いを咲かせる[10]。同株異花で、雄花と雌花があり、雌花に果実がつく[10]果実は偏球形または30 – 50 cmほどの長楕円形で、はじめは触ると痛いほどの白い毛で覆われているが、熟すころになると毛は落ちて、ブルームが析出して白い粉が被ったようになる[10]。7 – 9月に収穫し、実は大きいもので短径30 cm、長径80 cm程度にもなる[13]
完熟後皮が硬くなり、貯蔵性に優れる[7]。完全に熟したトウガンは約半年品質を保つという。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%AC%E3%83%B3

 「トウガン」の特徴や育て方などに関する記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にしてください。

 「トウガン」の花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にしてください。

トウガンの基本情報

写真トウガン
学名
Benincasa hispida
ウリ科
属名トウガン属
英名Winter melon
wax gourd
原産地インド、熱帯アジア
開花期5~8月
花の色黄色
別名トウガ
カモウリ(氈瓜)
シブイ
花言葉困難に勝つ
勝利
静かなる愛

コメント

タイトルとURLをコピーしました