スポンサーリンク

タニウツギ||散歩で見かけたピンクの花木

タニウツギ 植物
この記事は約3分で読めます。

 ピンクの花をいくつも付けて咲いていた少し高い木がありました。iphone11で撮影しました。(2020年5月16日撮影)

 下の写真を誤算ください。。

 インターネットの画像検索で調べると、「タニウツギ」と言う名の野花のようです。

 Wikipediaによると、「タニウツギ」は、

タニウツギ(谷空木、学名:Weigela hortensis)はスイカズラ科タニウツギ属落葉小高木で、田植えの時期にが咲くので「田植え花」としても知られる。梅雨の時期に山道を通ると新緑の中で咲くピンクの花はひときわ映えて見えるので見つけやすい。
【特徴】
樹高は2-5mになる。樹皮は縦に裂け、新しいは赤みを帯び、無毛か2毛条がある。は長さ3-10mmの葉柄をもって対生し、葉身は長さ4-10cm、幅2-6cmになり、徒長枝につく葉はさらに大きくなる。形は卵形、長楕円形または倒卵形、先端は鋭先頭で尾状となり、基部は円形またはくさび形で、縁には鋸歯がある。
花期は5-6月。今年枝の先端か葉腋に散房花序をつけ、多数の花をつける。5裂する裂片は長さ4-7mm。花冠は淡紅色の漏斗状で、長さ2.5-3.5cm、径2cmになり、先端は放射相称に5裂する。花冠の内側より外側が色が濃く、開花しているものより蕾のほうが濃い。雄蕊は5本あり、花柱はそれより長い。蒴果は長さ1.2-1.8cm、径2.5-3mmの細い筒状になり、種子は長さ1mmの楕円形になる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%83%84%E3%82%AE

とのことです。

 「タニウツギ」の特徴や育て方などに関する記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

 「タニウツギ」の花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

タニウツギの基本情報

写真タニウツギ
学名
Weigela hortensis
スイカズラ科
属名 タニウツギ属
英名Japanese weigela
原産地日本特産
開花期5-6月
花の色ピンク
別名ベニウツギ
タマウツギ
タウエバナ
火事花
死人花
葬式花
花言葉豊麗
豊かで美しい
豊穣

コメント

タイトルとURLをコピーしました