スポンサーリンク

私がすすめる中国製スマートウォッチ10選|安い中国製スマートウォッチはどれが良いか?

中国製スマートウォッチ アフィリエイト
この記事は約26分で読めます。

はじめに

エイじー
エイじー

こんにには、エイじーです。

エイじー
エイじー

私は中国製スマートウォッチを便利に使っているにゃ
これをぜひ皆に知ってもらいたいにゃ

と言うことで、私がおすすめする中国製スマートウォッチについて紹介したいと思います。

 私は、中国製スマートウォッチであるRiversong スマートブレスレットを2018年5月にAmazonで1,300円ほどで購入し、試しに使ってみたのが初めであり、その時にこんな安価で結構使えるな・・・と言う感想を持ちました。

 この頃、歩いた歩数、距離、消費エネルギー、心拍数、血圧などが測定できそれをiphone付属のヘルスケアと連携できるスマートウォッチを探していました。このような私の要望にマッチしたスマートウォッチは中国製のスマートウォッチしかなかったのです。

 それでは、私がおすすめする中国製スマートウォッチをいくつか紹介しようと思いますが、その前に私がおすすめする理由などについて紹介します。

私が中国製スマートウォッチをおすすめの理由

 スマートウォッチと言えば、有名なのがアップルのスマートウォッチですが、普通のApple Watch Series 5(GPSモデル)で5万円前後と高価です。また、心拍数などは計測できるが他の歩数、歩いた距離、消費エネルギーなどは計測できません。

 他に有名どころとして、韓国のサムスンが販売している「SAMSUNG「Galaxy watch」SM-R800NZSAXJP」を見ると、価格は4万強の値段であり心拍センサー、消費カロリー、睡眠、移動距離、歩数計機能などを計測可能であるが、やはり血圧などは測れません。

 また、日本製を見ると「seiko wena wrist pro Mechanical head」は、価格が9万円前後と高価であり、計測できる項目は活動量ログのみである。

 それに対して中国製スマートウォッチは、価格も安く、測定項目も睡眠モニター、活動量(歩数、距離、諸費エネルギーなど)、心拍モニター、血圧モニターなどと多いです。

 現在でも1,000円台で購入できるスマートウォッチもあり、3,000円台、4,000円台であれば種類も豊富で自分に合ったものを手に入れることができます。自分の健康管理にも役に立ち、価格が安いので失くしてもそれほど悔やむこともない。私も、最初に使っていたスマートウォッチを旅行で失くしてしまって、現在使用しているスマートウォッチは3代目です。それでも、便利に現在も活用しています。現在私が使用しているスマートウォッチを下の画像に示します。

中国製スマートウォッチ

私がおすすめな中国製スマートウォッチ10選

 価格の安い順に紹介します。

1,000円台のスマートウォッチ

【Showyooスマートウォッチ】アマゾンから一部抜粋しました。
 幅広い活動量計&GPSを用いた運動追跡を搭載】ランニング・自転車・縄跳び・卓球・バドミントン・テニスなどの種目別機能を搭載。それぞれの時間帯毎の歩数、カロリー消費量と運動時間を計測できます。歩数や移動距離を元に消費カロリーを記録し運動成果の効果をモニタリング、目標値を設定することでトレーニングを楽しみながら健康な生活へ目指せます。Bluetoothで同期すれば、アプリで運動の軌跡図が見えます。専用アプリは、「FlagFit2.0」と言うアプリです。Amazonの評価(満点5.0)は、ありませんでした。

【多機能スマートウォッチ】アマゾンから一部抜粋しました。
 8種類運動モードを持っており、歩数、カロリ消費、運動距離などを追跡した上、毎日詳しく運動データを記録できます。電話、Line、SMS、Twitter、Facebook、Instagramなどのメッセージ着信通知はバイブでお知らせし、トレーニングや仕事中の場合にも大切な連絡を見逃しません。適応機種:Android4.4/iOS 8.0以上、Bluetooth5.0対応のスマートフォンに適応しています。専用アプリは、「Keep Health」と言うアプリです。Amazonの評価(満点5.0)は、3.9(207評価)です。

2,000円台のスマートウォッチ

【HOKONUI スマートブレスレット】アマゾンから一部抜粋しました。
 高精度の血圧計、心拍数、歩数計、Line通知、Facebooke/Twitterなどアプリ通知、SMS通知、着信通知、IP67級防水、カラースクリーン、大字幕、消費カロリー記録、スポーツ記録、睡眠モニター、着信拒否機能、受信通知、座りがち注意、遠隔カメラ撮影、アラーム、携帯探索機能、腕回転で点灯、日常生活に様々な機能を持っています。専用アプリは、「WearHealth」と言うアプリです。Amazonの評価(満点5.0)は、3.8(1071評価)です。

【GanRiver スマートブレスレット】アマゾンから一部抜粋しました。
 専門的な運動場やジム室などに行かなくても、このスマートウォッチだけで毎日の運動量を追跡できます。例えば、歩数、カロリー消費、運動距離などが記録されます。科学的な計算原理で、精確に睡眠品質を監視し、いつでもどこでも心拍数を計測できます。また、電話、Line、SMS、Twitter、Facebook、Instagramなどの通知は、バイブでお知らせします。大切な連絡を見逃しません。電話番号、お名前、メッセージ、または対応するSNSのアイコンが表示されます。専用アプリは、「veryfit pro」と言うアプリです。Amazonの評価(満点5.0)は、3.4(342評価)です。

【Levens スマートブレスレット】アマゾンから一部抜粋しました。
 手首への快適なフィット感と理想的なデザインを追求した、歩数計、活動量計、GPS運動記録、睡眠モニター、アプリ通知、着信通知、電話拒否、座りがち注意、画面の明るさ調整、生理周期管理など多機能のスマートブレスレットであり、このスマートブレスレットだけで毎日の運動量を追跡できます。専用アプリは、「H hand」と言うアプリです。Amazonの評価(満点5.0)は、3.2(160評価)です。

3,000円台スマートウォッチ

【Xiaomi Miband 4 スマートウォッチ】アマゾンから一部抜粋しました。
 トレッドミル、エクササイズ、アウトドアランニング、サイクリング、ウォーキング、スイミングモードが搭載され、歩数測定や睡眠測定以外にも、スマートウォッチのようなスポーツモードを備えています。さらに、3軸加速度計+ 3軸ジャイロスコープを搭載していることと、5ATM防水を活かせるスイミングモードが追加されたことにより、使用できる幅が広がっています。専用アプリは、「Mi Fit」と言うアプリです。Amazonの評価(満点5.0)は、4.2(155評価)です。

【iYaSu 超軽量・GPSスポーツウォッチ】アマゾンから一部抜粋しました。
 0.96インチのOLEDディスプレイが、文字はイラストをより鮮明に明るく表示します。 指先でのタッチ操作により、手軽に心拍数、天気予報 など日々の様々な情報を把握できます。また、独立GPSを内蔵しており、運動ルート、走行距離、スピード、ペース、カロリー消費などが計測され、携帯と同期すれば実の運動軌跡を記録できますので、効率的なトレーニングが可能になります。専用アプリは、「smart time」と言うアプリです。Amazonの評価(満点5.0)は、4.8(36評価)です。

【PUZESHUN健康管理スマートウォッチ】アマゾンから一部抜粋しました。
 日付、歩数、カロリーの消費、睡眠データ、心拍の計測、座りがち注意、遠隔撮影、女性専用の生理予測、ストップウォッチなど多機能搭載したスマートウォッチです。ビジネスシーンにも使えるおしゃれなスマートウォッチだけでなく、スポーツ時に走行距離や心拍数を記録として残すこともできます。睡眠時間や眠りの深さなど、睡眠の質を記録でき、良い眠り方をしているかどうかが診断できます。専用アプリは、「H hand」と言うアプリです。Amazonの評価(満点5.0)は、3.4(49評価)です。

4,000円台のスマートウォッチ

【YAMAYスマートウォッチ】アマゾンから一部抜粋しました。
 1.3インチのカラー2.5Dガラススクリーンを採用し軽くて綺麗です。伝統的なスマートウォッチより、より大きい画面で時間やメッセージ内容の確認がし易くなります。万歩計、心拍計、睡眠検知、カロリー消耗などの機能を揃う上に、ランニング、トレドミン、フィットネス、バイキング、山登り、ヨガ、ウォーキング、ハイキング、ダイナミックという9種類の運動モードも付け、場合により、いろいろな運動要求を満足することができます。全く新しくデザインされる呼吸トレーニングモードでは、呼吸をトレーニングすることで、体をリラックスさせ、気持ちを安定させる効果があります。サラリーマン族にとっては、大変役に立つと思われます。専用アプリは、「Fundo Wear」と言うアプリです。Amazonの評価(満点5.0)は、4.2(1338評価)です。

【ZAGZOG 2020最新版 スマートウォッチ】アマゾンから一部抜粋しました。
 1.3インチの丸型大字幕高精細なカラースクリーンで、日付表示、歩数、運動記録、消費カロリー、心拍数、睡眠検測など毎日活動を正確に記録します。電話の着信通知と拒否、メール/SMS/Line/Facebook/Twitterなどメッセージ通知、ストップウォッチ、タイマー、遠隔撮影、腕上げ点灯、目覚まし時計、アラームなど生活面の機能も持っています。Bluetooth5.0は従来の4.0より、飛躍的に安定性が向上しています。専用アプリは、「CT FIT」と言うアプリです。Amazonの評価(満点5.0)は、4.6(39評価)です。

スマートウォッチ専用ソフトの評価

 スマートウォッチ本体そのものも大事ですが、専用アプリの良し悪しで使い勝手が大きく左右されます。

 そこで、それぞれのスマートウォッチの専用アプリについて、iSO版とAndoroid版でどのような評価がされているのかを見てみたいと思います。

ソフト名スマートウォッチiSOでの評価
(5点満点中)
Andoroidでの評価
(5点満点中)
血圧測定スマートウォッチ
の価格
FlagFit2.0Showyooスマートウォッチ2.43.4×1,429円
Keep health多機能スマートウォッチ2.02.5×1,899円
WearHealthHOKONUI スマートブレスレット2.13.0×2,399円
Veryfit proGanRiver スマートブレスレット2.23.2×2,703円
H handLevens スマートブレスレット3.33.42,998円
Mi FitXiaomi Miband 4 スマートウォッチ4.14.4×3,599円
Smart timeiYaSu 超軽量・GPSスポーツウォッチ2.82.9×3,680円
H handPUZESHUN 健康管理スマートウォッチ3.33.4
3,998円
Fundo WearYAMAY スマートウォッチ2.43.0×4,490円
CT FITZAGZOG 2020最新版 スマートウォッチ2.13.0×4,580円

スマートウォッチの10種の総合評価

 血圧測定できるものとなると、「Levens スマートブレスレット」か「PUZESHUN 健康管理スマートウォッチ」のどちらかとなります。専用ソフトも同じ「H hand」であり、他の性能や好みでどちらにするか決めることとなります。

 血圧は測定しなくともよいとなると、ここで挙げた8種類のスマートウォッチの中から選ぶ事になりますが、専用ソフトの評価を考えると、安全を考えるならば「Xiaomi Miband 4 スマートウォッチ」が良いと考えられます。

 安さを求めるならば、「Showyooスマートウォッチ」がお得と考えられます。ただ、まだAmazon評価がないのが少し気がかりな所です。

 比較的安いものを考えているならば、「GanRiver スマートブレスレット」はAmazon評価が342評価で3.4ですので買い目と言えます。

 少し高くても良いと考えているならば「YAMAY スマートウォッチ」もAmazon評価が1338評価で4.2ですので買い目と言えます。

おわりに

 スマホと連携できる中国製スマートウォッチ10種をレビューしてきましたが、いかがだったでしょうか?これを読んで、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか?

 中国製スマートウォッチはいずれも価格が安く、測定項目も多いのが特徴です。一方、アップル製スマートウォッチやサムスン製スマートウォッチ、日本製スマートウォッチは高価であり、測定項目も中国製に比較して少ないですが、ブランドがあり安心感があります。

 どちらをとるかは皆様の判断にお任せしますが、このレビューが少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

 あと、スマートウォッチで測定される血圧、心拍数などはあくまで目安の値とお考え下さい。医療器具によるデータの信頼性はありません。そのことは、頭の中にしっかりと刻み込んでおいてください。測定精度に関しては、ここでは解説することができませんでしたが、その様な機会があればぜひ実施してみたいと思っています。楽しみにしてお待ちください。

 以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました