スポンサーリンク

ジャーマンカモミール|近所を散歩していて見かけた白い花

シャーマンカモミール拡大 植物
この記事は約4分で読めます。

 近所を散歩していて見かけた白い花をiphone11で撮影しましたので紹介します。(2020年5月12日撮影)

 下の写真をご覧ください。

 インターネットの画像検索で調べると、「ジャーマンカモミール」と言う花のようです。

 「「ジャーマンカモミール」」のWikipediaを見つけることができませんでした。しかし、「カモミール」のWikipediaはありましたので、そこから一部抜粋すると、「カモミール」は、

カモミールカモマイル: chamomile、あるいはカモミーユ: camomille)、学名Matricaria recutita)は、キク科の1種の耐寒性一年草。和名はカミツレ(加密列)である[1][2]。後述するように、カモミールとも呼ばれる植物が他にあるため、本記事のMatricaria recutita を特にジャーマン・カモミール(German chamomile)という[2]ヨーロッパではハーブとして、どちらも同じように使われてきた。 ロシアでは、国花として用いられる。
【特徴】
北ヨーロッパおよび西アジア原産の一年草で、秋蒔きのときは二年草である[3]ヨーロッパから西アジアにかけて分布する[2]。薬用植物として広く栽培される[3]。日本へは、江戸時代(19世紀初め)にポルトガル人やオランダ人によって伝えられたといわれる[2]。その後、鳥取県や岡山県などで栽培が始められた。現在は広く普及していて庭に植えられることも多く、飛んだ種からそのまま野生化することもある。
草丈30 – 60 cm内外になり、芳香がある[4]は緑色で平滑、直上して多数枝分かれする[3][4]互生し、羽状複葉で2回または3回に羽裂し、裂片は短い紐状でコスモスの様な葉の形をしている[3][4]
春の5月ころに、茎頂に散房花序になって直径2 – 3 cmくらいの頭花を多数咲かせる[3][4]。頭花は直径13 – 25ミリメートル (mm)、 総包片はやや胴長、花床は長円錐形で裸出しており、周囲に1列に並んだ白い舌状花で囲まれ、中央には盛り上がった鮮やかな黄色い筒状花が多数からなる[2][3][4]。株全体から甘い芳香を漂わせており[2]、花にリンゴに似た特有の強い香りがある。
痩果は細小で、片面に縦に並ぶ5本の筋があり、冠毛はなく、上端に小突起などはない[4]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A2%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%AB

とあります。

 「ジャーマンカモミール」の特徴や育て方などに関する記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

 「ジャーマンカモミール」の花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

ジャーマンカモミールの基本情報

写真シャーマンカモミール拡大
学名
Matricaria chamomilla
キク科
属名マトリカリア(シカギク)属
英名German chamomile
原産地ヨーロッパ~アジア西部原産
開花期3月~6月
花の色白(中心黄色)
別名カミツレ
カモミール
マトリカリア
カミルレ
カモミーユ
花言葉逆境に負けない強さ
苦難に耐える
清楚
親交

コメント

タイトルとURLをコピーしました