スポンサーリンク

セイタカアワダチソウ|旅行で立ち寄った旭市の海岸付近で見た小さな花を沢山に付けた黄色い花

seitakaawadatisou 植物
この記事は約4分で読めます。

 1泊2日でかんぽの宿大洗に行く途中で立ち寄った旭市の海岸付近に咲いていた小さな花を沢山つけた黄色の花をiphone11で撮影しました。(2020年10月30日撮影)その後、花名をインターネットで調べたので紹介します。

 下の写真をご覧ください。

 画像検索で調べると、「アキノキリンソウ属」とでました。さらに詳しく類似画像で調べると「セイタカアワダチソウ」であることが分かりました。

 Wikipediaより一部抜粋すると、「セイタカアワダチソウ」は、

セイタカアワダチソウ(背高泡立草、学名Solidago canadensis var. scabra または Solidago altissima)は、キク科アキノキリンソウ属多年草である。日本では代萩とも呼ばれる。茎を乾燥したものは萩の代用としてすだれなどの材料に利用される。
【特徴】
背の高くなる多年生草本[5]地下茎を伸ばして良く増え、大きな群落を作る。背は高く、1-2mに達する。葉は茎に沿って多数が密生して付き、披針形で先端は伸びて尖り、長さ6-13センチメートル、幅1-2センチメートル。葉脈は主脈と1対の側脈、計3本の脈が目立つ。また茎や葉の全体に短くて固い毛が多く、手触りがざらついている。ロゼットで越冬する[6]
花は10-11月に咲く。花序は全体としては円錐花序となり、個々の枝は小さな頭花を総状に多数つけ、そのような横枝が主軸に対して直角に近い大きな角度を成して広がる。つまり主軸が上に伸びるのに対し、多数の花をつけた横枝が水平に近い方向へ伸びる。総苞は長さ3.2-5mm、舌状花の花冠は長さ4mm。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%82%A2%E3%83%AF%E3%83%80%E3%83%81%E3%82%BD%E3%82%A6

とあります。

 「セイタカアワダチソウ」の特徴や育て方に関する記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にしてください。

 「セイタカアワダチソウ」の花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にしてください。

セイタカアワダチソウの基本情報

写真seitakaawadatisou
学名
Solidago canadensis
キク科
属名アキノキリンソウ属
英名Canada goldenrod
原産地北米
開花期10月~11月
花の色
別名セイタカアキノキリンソウ(背高秋の麒麟草)
ゴールデンロッド
花言葉生命力
元気
唯我独尊

🕶  超速Kindle本の作成法を学べる講座

メルマガの登録ありがとうございます。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました