スポンサーリンク

セイバンモロコシ|近所を散歩していて見かけた稲穂のような雑草

セイバンモロコシ01 植物
この記事は約3分で読めます。

 近所の黒目川沿いを散歩していて見かけた背の高い稲穂のような雑草をiphone11で撮影しました。(2020年9月27日撮影)この雑草の名前をインターネットで調べましたので紹介します。

 下の写真をご覧ください。

 画像検索で調べると、「Miscanthus」とでました。さらに詳しく調べると「セイバンモロコシ」と言う雑草のようです。

 Wikipediaより一部抜粋すると、「セイバンモロコシ」は、

セイバンモロコシ(学名:Sorghum halepense)(西播蜀黍)はイネ科の普通に見られる雑草の一つ。英語名はジョンソングラス
【特徴】
セイバンモロコシは単子葉植物イネ科モロコシ属多年生植物である。草丈は0.5-2m程度になり、地下の根茎を伸ばして群生する。葉は細長く縁はざらつかない。夏から秋に円錐花序の多数の小穂をつけた15-50cmの穂を出す。小穂には毛があり、長さ4-6mmで有柄と無柄のものが混じる。
植物学的品種[編集]
ノギナシセイバンモロコシ(ヒメモロコシ)S. halepense Pers. form muticum Hubb. 小穂にはじめから芒がない。
薬剤抵抗性[編集]
一般的に使用されるグリホサート除草剤薬剤抵抗性をもつものの出現がアルゼンチンアメリカ合衆国で報告されている[1][2][3]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%A2%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%82%B7

 「セイバンモロコシ」の特徴などに関する記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にしてください。

 「セイバンモロコシ」の花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にしてください。

セイバンモロコシの基本情報

写真セイバンモロコシ01
学名
sorghum halepense
イネ科
属名モロコシ属
英名Johnsongrass
原産地地中海沿岸
開花期8月~10月
花の色不明
別名ジョンソングラス
西藩唐土
花言葉唯我独尊
他を圧して

コメント

タイトルとURLをコピーしました