スポンサーリンク

サルスベリ|近所の散歩で見かけたピンクの花

サルスベリ 植物
この記事は約4分で読めます。

 近所を散歩していて見かけた小さなピンクの花を沢山つけた木をiphone11で撮影しました。(2020年8月30日撮影)後にインターネットで調べましたので紹介します。

 下の写真をご覧ください。

 画像検索で調べると、「サルスベリ属」と出ました。さらに詳しく調べると「サルスベリ」と言う木であることが分かりました。

 Wikipediaより一部抜粋すると、「サルスベリ」は、

サルスベリ(百日紅[注釈 1]、猿滑、紫薇、Lagerstroemia indica)は、ミソハギ科落葉中高木
【人間との関わり】
花が美しく、耐病性もあり、必要以上に大きくならないため、しばしば好んで公園などに植えられる。種子から栽培する「あすか」という一才物矮性種もある。
和名は、肥大成長に伴って古い樹皮コルク層が剥がれ落ち、新しいすべすべした感触の樹皮が表面に現れて更新していくことによる(樹皮の更新様式や感触の似たナツツバキリョウブをサルスベリと呼ぶ地方もある)。つまり、が登ろうとしても、滑ってしまうということで、猿滑と表記することもある(実際には猿は滑ることなく簡単に上ってしまう)。
英語名 Crape myrtle は、ギンバイカ(myrtle)の花に似て、花弁がちりめん(crape)のように縮れていることから。
中国では、長安の紫微(宮廷)に多く植えられたため、紫薇と呼ばれるが、比較的長い間紅色の花が咲いていることから、百日紅ともいう。江蘇省徐州市湖北省襄陽市四川省自貢市台湾基隆市などで市花とされている。
ミャンマービルマ語ではパンイー(ပန်းအိ [páNʔɪ̰])と呼び、文字通りには〈やわな花〉を表す[2]。なお、ミャンマーにも〈猿が滑る木〉という意味合いの名を持つミャウッチョー(ビルマ語မျောက်ချောIPA: [mjaʊʔ t͡ɕʰɔ́])という木が存在するが、これはヤナギ科(旧イイギリ科)のビルマラーンスウッド: Burma lancewood; 学名: Homalium tomentosum)やミソハギ科ではあるがサルスベリとは別属の Woodfordia fruticosaシノニムLythrum fruticosum)のことを指す[2]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%99%E3%83%AA

とあります。

 「サルスベリ」の特徴などに関する記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

 「サルスベリ」の花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

サルスベリの基本情報

写真サルスベリ
学名
Lagerstroemia indica
ミソハギ科
属名サルスベリ属
英名Crape myrtle
原産地中国
開花期 7~10月
花の色ピンク
別名百日紅(ヒャクジツコウ)
怕痒樹(ハクヨウジュ)
花言葉愛嬌
雄弁
不用意

コメント

タイトルとURLをコピーしました