スポンサーリンク

サフランモドキ|近所を散歩していて見かけたピンクの花

サフランモドキ 植物
この記事は約4分で読めます。

 近所を散歩していて見かけたピンクの花弁を6枚つけた花をiphone11で撮影しました。(2020年9月11日撮影)この花名をインターネットで調べたので紹介します。

 下の写真をご覧ください。

 画像検索で調べると、「ゼフィランサス」とでました。さらに詳しく調べると「ゼフィランサス」の下位分類の「サフランモドキ」と言う名の花のようです。

 Wikipediaより一部抜粋すると、「サフランモドキ」は、

サフランモドキ (Zephyranthes carinata) はタマスダレ属の植物。花を観賞するために栽培され、日本では暖地で逸出帰化している地域もある。
【特徴】
地下に球根を持つ多年草[1]。全株で無毛。鱗茎は地下にあり、卵形で径1-2.5cm程度。径3cm程になることもあり、これはこの属のものでは大きい方である[2]。南アメリカでは更に大きくなって径3.5cmにも達することがあり、またその表面が紅い被膜で覆われる[3]。葉は長さ15-30cm、幅7mmほどで比較的幅広く、春から秋にかけて1個の鱗茎あたり7-10個ほど出る[4]。葉の形としては線状で質は厚い。表側には浅い縦溝がある[5]。葉は全体に緑色だが、基部は紅色を帯び、光沢がある。
花期は一般的には雨期のあとで、ただし湿潤な気候の地域では、また栽培下では始終開花する[6]。日本では普通は6-10月が開花期である[7]。花茎は鱗茎1つにつき1個生じ、長さは30cm内外で先端に単独に花をつける。花の基部には膜質の苞があり、花柄の基部を取り巻いている。花柄は苞より短い[8]。花は子房下位で外花被片3個、内花被片3個はいずれも長楕円状倒披針形で大きさ、形共にほぼ等しい。それらは全て中程から下では互いに合着して花筒を形成し、それより先の部分では平らに開く。花は大きくて径6cm前後あり、花被裂片は鮮やかな桃色で、筒部は緑色を帯びる[9]。雄しべは6で葯は線形で黄色、両端は尖る。花糸に対してTの字に接続し、揺れることが出来る。雌しべは1、白くて柱頭は3つに裂ける。子房は緑色で光沢があり、3室からなる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%A2%E3%83%89%E3%82%AD

とあります。

 「サフランモドキ」の特徴や育て方などに関する記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にしてください。

 「サフランモドキ」の花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にしてください。

サフランモドキの基本情報

写真サフランモドキ
学名
Zephyranthes carinata
ヒガンバナ科
属名タマスダレ属
英名rain lily
rosepink zephyr lily
pink rain lily
原産地ジャマイカ、グアテマラ、キューバ、メキシコ原
開花期5-10月
花の色ピンク
別名ゼフィランサス
カリナタ
花言葉便りがある
清純な愛
陽気
歓喜
期待
予想

コメント

タイトルとURLをコピーしました