スポンサーリンク

ルリマツリ|近所を散歩していて見かけた青い花

ルリマツリ 植物
この記事は約3分で読めます。

 近所を散歩していて見かけた5つの青い花弁を持つ花を幾つも付けた植物をiphone11で撮影しました。(2020年8月31日撮影)後にインターネットで調べたので紹介します。

 下の写真をご覧ください。

 画像検索で調べると、「ルリマツリ属」と出ました。さらに詳しく調べると、「ルリマツリ」と言う名の花のようです。

 Wikipediaより一部抜粋すると、「ルリマツリ」は、

ルリマツリ(瑠璃茉莉[2]学名Plumbago auriculata)は、イソマツ科ルリマツリ属植物[1][3][4]。大きな空色花弁を付ける[4][5]、観賞用植物である[5]。別名はアオマツリ[3][5]
【特徴】
南アフリカ原産の植物であり[3][4]、南アフリカでは自生している[1]。幹は直立し[1][2][6]、枝分かれし、先端はややつる状になる[1][2][4]多年生草本とする文献[5]と、低木とする文献がある[3][4][6]。高さは1.5 m[5]ほどであるが、放任すると4 – 5 mまで生長する[7]
は互生し[3][6]、長楕円形[1][2][3][4][6]またはへら[1][3][6]で、長さは5[1][2][6] – 6 cmである[4]。鈍頭であるが、先端はややとがる[1]。短い葉柄を持つ[6]
はかたまって咲き[8]、長さ5 cm、直径2.5 cmで、5つの空色[4][5][8](淡青色[1][6])の花弁を持つ[4]白色品種「アルバ」、薄紫色の品種「ブルームーン」もある[9]。花筒は長く[1][4][6]、3 – 4 cmになり、基部に粘性を帯びた短毛が密集する[7]。穂状花序[2]春から秋にかけてよく開花し[2][3][6][7][9]、長期にわたって咲き続ける[6](がく)は筒状で5裂し[1][6]、裂片は倒卵形をとる[6]。萼には柔毛がある[3]蒴果(さくか)は長楕円形で[1][3]、5室ある[3]染色体数は2n=14[3]
属名Plumbagoラテン語で「」を、種小名auriculata(アウリクラータ)は「耳形の」を意味する[7]シノニムPlumbago capensisで、種小名capensisは「喜望峰産の」という意味である[1]和名のルリマツリ(瑠璃茉莉)のルリは花の色、マツリはマツリカジャスミン)に似た花の姿に由来する[10]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%9E%E3%83%84%E3%83%AA

とあります。

 「ルリマツリ」の特徴や育て方などに関する記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

 「ルリマツリ」の花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

ルリマツリの基本情報

写真ルリマツリ
学名
Pulumbago auriculata
イソマツ科
属名プルンバゴ(ルリマツリ)属
英名Blue plumbago
原産地南アフリカ原産
開花期5~10月
花の色

ピンク
別名プルンバーゴ
アオマツリ
花言葉ひそかな情熱
同情
いつも明るい

コメント

タイトルとURLをコピーしました