Runmifitの使い方、スマートウォッチと同期、接続、体温、睡眠、通知、アプリの評判、危険性(安全性)なども解説

スマホ
この記事は約10分で読めます。

はじめに

 中国製スマートウォッチは安く、それでいて機能が豊富、歩数、距離、消費エネルギーだけでなく、体温、心拍数、血中酸素濃度(これらのデータはあくまで目安とお考え下さい。)、睡眠なども記録してくれ、しかも、iphoneならばヘルスケアとも連携してくれます。

次のスマートウォッチは、私の家内が何時も欠かさず腕に付けて自分の健康管理に利用し満足しています。

商品画像
総品名S5 スマートウォッチ
専用アプリRunmifit
商品の評価4.1
(レビュー総数103件)
4.0
(レビュー総数65件)
価格はこちらから楽天市場からYahoo!ショッピングから

 Runmifitは、スマートウォッチの専用アプリで、ある機種の中国製スマートウォッチを購入し、スマホにそのアプリをインストール後、スマートウォッチと同期させると、歩数、距離、消費エネルギなどの活動状況、体温、血圧、心拍数、血中酸素濃度、睡眠時間などのあなたの健康状況などを記録してくるアプリなんです。

と言うことで、Runmifitについて、も少し深堀して紹介しようと思います。

★Runmifitとはどのようなもの?
★Runmifitの評判、危険性(安全性)はどうなの?
★Runmifitが利用できるスマートウォッチはなにがあるの?
★Runmifitの説明書はあるの?
★Runmifitのアプリのダウンロード、インストールはどうすればよいの?
★Runmifitの使い方はどうすればよいの?
・接続
・歩数、距離、消費エネルギー
・体温、心拍数、血圧、血中酸素濃度
・睡眠
・SNSなどの通知
・その他の機能

Runmifiとは?

「はじめに」でも記述しましたが、このアプリは中国製スマートウォッチとスマホをぺリング(同期)させ、スマートウォッチを身に着けていれば、色々なあなたの活動状況やその他色々便利機能を持ったアプリです。

 その機能を以下に載せます。

  1. 歩数、距離、消費エネルギーの活動状況の記録
  2. 体温、心拍数、血圧、血中酸素濃度、睡眠時間などの健康状況の記録
  3. スマホに来たSNSの通知機能
  4. スマホのカメラの遠隔操作
  5. スマホ探し
  6. スマホに入っている音楽の遠隔操作

Runmifitの評判、危険性(安全性)

 Runmifitの評判を見るには、最も簡単なのがGoogle PlayやApple StoreでRunmifitのアプリをダウンロードする際に表示される、評価とレビューを見ると一番分かり易いです。

Apple Store でのRunmifitの評価 : 4.3(レビュー総数248件)
Google Play でのRunmifitの評価 : 2.6(レビュー総数2,710件)

 上述の結果から、AppleとAndroidでの評価に少し違いがみられます。

 Androidでのレビュー数が多いので何とも言えませんが、AppleでのRunmifitの評価は高いですが、AndroidでのRunmifitの評価が低い結果となっています。

 TwitterやFacebookで「Runmifitの評判」で検索しましたが、でてきませんでした。

 これは、Runmifitそのものがまだまだメジャーなアプリではないからで利用者も少ないのだろうと予測できます。

 このRunmifitのアプリは、当然中国製のアプリであり、Google Playでのアプリに書かれている発売元を見ると、「Shenzhen Starmax Technology Co., Ltd.」と言うメーカで、Alibaba.comへの登録情報を見ると、2015年に設立し、従業員は51~100人となっており、それほど大きな会社ではないことが分かりました。

 しかし、この会社のホームページはしっかりしたURLがあり、Runmifitのアプリも載っておりますし、Alibaba.comの会社情報には、工場のISO認証として、ISO9001および14001規格取得していることが書かれておりますし、商品認証として、FCCCEROHSBISIP68MSDSなどを取得しております。

 この会社のホームページは次を参照。

 ただ、このアプリは中国製アプリですので、中国政府より持っている情報を提出せよと言われたら当然提出する必要が出てきますので、これは、中国製アプリにかかわらず他の国のアプリでも同様と思われます。

 したがって、自分なりにセキュリティーの面で次に示すっことは最低限しておくことが必要です。

  • 商品の評価、評判、口コミを調査すること
  • 商品の開発元を調査して信頼できる会社かどうかを調査すること
  • スマホなどにインストール際には、少なくともスマホ内にはセキュリティーアプリは必ず入れておくこと。
  • 現在地の確認のために、許可を求められますが、これらの許可は使う上で支障がない限りできる限り許可しないようにした方が良いこと。

Runmifitが利用できるスマートウォッチ

 中国製スマートウォッチのS5と書かれたものであれば動くようです。購入した箱などに書かれていない可能があります。

 中国製スマートウォッチに関しては、次の記事を参照ください。

 購入する際に、アプリが何で動作するのか調べて、Runmifitで使うことを確認したほうが良いでしょう。

 こちらかこのRunmifitで動作する家内が使用しているスマートウォッチが楽天から購入できます。

Runmifit対応のスマートウォッチはこちらから

Runmifitの説明書

 Runmifitの説明書は、購入すると付いてくる小さな折り畳み式のスマートブレスレットユーザーガイドと言う冊子で、他の中国製スマートウォッチのマニュアルに比較して日本語が分かり易く書かれています。

 これと同じpdf文書を次から見ることができます。

Runmifitで動作するスマートウォッチはこちらから
↓   ↓    ↓
スマートウォッチを購入

Runmifitアプリのダウンロード、インストール

 Runmifitは、基本的にスマホで利用するようになっていますので、パソコン版があるわけではありません。

 パソコンで利用したいのであれば、パソコンにAndroidのゲームなどが利用できるようなエミュレーターをインストールする必要があります。

 良くインストールされているエミュレーターとして、Bluestacksがあります。

 これをパソコンにインストールして、Google PlayからRunmifitをインストールすれば、パソコンでも利用することは可能と思います。

 ただ、私が動作確認のために調べた限りでは、Runmifitのアプリをインストールすることはできますが、スマートウォッチとヘアリング(同期)することができませんでした。

 これは、スマートウォッチが他のスマホなどで既に同期されていると、別なRunmifitをインストールしたスマホからは同期ができないような仕様になっているようです。

 したがって、同一スマートウォッチから2つのスマホで共有して利用をすることはできないということです。

 Runmifitをスマホで利用する際、iOSのiphoneやipadの場合はApp Storeから、Androidスマホの場合は、Google Playからそれぞれダウンロードしてインストールしてください。

Runmifit

Runmifit
開発元:jiale wei
無料
posted withアプリーチ

Runmifitアプリの使い方

 私のスマホは、iphone11(iOSバージョン:14.4.2)ですので、以後の説明はこの機種で行います。

接続

 Runmifitを「Runmifitアプリのダウンロード、インストール」で述べたとおりに、スマホにインストールしてください。

 また、スマートウォッチをUSBに直接つないで充電してください。

 どちらも準備ができましたら、スマホのBluetoothがONになっていることを確認してください。

 その後、スマホのRunmifitを立ち上げ、初期設定をしていく途中でスマートウォッチの同期が自動でされ、目的のスマートウォッチを選択して選んで、同期を完成してください。

 すると、スマートウォッチの時計などがスマホと同期して、スマートウォッチの時計表示がスマホの時刻と同じ時刻が表示されます。

 これで、スマホとスマートウォッチがペアリング(同期)できたことになります。

歩数、距離、消費エネルギー

 歩数、距離、消費エネルギーなどは、スマートウォッチに付属する加速度センサーやRunmifitに設定したあなたの初期設定から、割りだしてRunmifitの起動したホーム画面上部に歩数(一日の歩数設定値に対してどのくらい歩いたかが分かるように表示)、消費カロリー(Kcal)、距離が表示されます。

 その歩数の上をタップすると、画面が切り替わり、その日の歩数、消費カロリー、距離を上部メニューから切り替えられ、時間ごと歩数、消費カロリー、距離が棒グラフで見ることができます。

 また、棒グラフ表示を、上部メニューで、日、30日間、6ヶ月、1年間に切り替えが可能です。

 さらに、今日と書かれたカレンダーをクリックして、任意の日ををタップすれば、過去の日の歩数を知ることも可能です。

体温、心拍数、血圧、血中酸素濃度

 体温、心拍数、血圧、血中酸素濃度は、歩数などが書かれた画面の下に表示されます。

  • 体温は、その時の体温が表示され、タップするとその日の最小体温、最大体温が下部に表示され、グラフでその日の体温の時間変化を見ることができます。
  • 心拍数は、その時の心拍数が表示され、タップするとその日の最小心拍数、平均心拍数、最大心拍数が下部に表示され、折れ線グラフでその日の心拍数の時間変化を見ることができます。
  • 血圧は、その時の血圧が表示され、タップするとその日の血圧範囲、毎日の平均血圧が下部に表示され、グラフでその日の最小血圧と最大血圧の時間変化を見ることができます。
  • 血中酸素濃度は、タップするとその日の血中酸素濃度範囲、毎日の平均血中酸素濃度が下部に表示され、グラフでその日の最小血圧と最大血圧の時間変化を見ることができます。

 そしてこれらのデータは、歩数と同様に上部メニューで、日、30日間、6ヶ月、1年間に切り替えが可能で、さらに、今日と書かれたカレンダーをクリックして、任意の日ををタップすれば、過去の日の体温、心拍数、血圧、血中酸素濃度を知ることも可能です。

睡眠

 睡眠は、デフォルトでは体温の下、心拍数の右横にその日の睡眠時間が表示されます。

 この表示位置は、編集で表示順を変えることができます。

 睡眠の部分をタップすると、睡眠時間の内訳がグラフで表示され、浅い眠り、深い眠り、レム睡眠、起きているのが色で表示され、一目で眠りの状況を知ることができます。

睡眠の時間についても、他のデータと同様に上部メニューで、日、30日間、6ヶ月、1年間に切り替えが可能で、 さらに、今日と書かれたカレンダーをクリックして、任意の日ををタップすれば、過去の日の睡眠状況を知ることも可能です。

SNSなどの通知

 SMS、メール、Line、Twitter、FacebookなどのSNSがスマホに届いた際に、スマホを持っていなくともスマートウォッチを身に着けていれば、知らせてくれる機能です。

したがって、大事な通知を逃すことがなくなります。

その他の機能

 その他の機能として、スマホカメラを三脚に付け、離れたところからスマートウォッチからカメラのシャッターボタンのようにして利用ができます。

 また、スマホをどこかに忘れてしまった際に、どこに忘れてしまったのかを知る機能もあります。

 さらに、水の飲む時間を知らせてくれるとか、余り座りすぎだと健康に良くないので座りすぎ防止のために知らせてくれる機能などもあります。

おわりに

 皆さんいかがだったでしょうか?

 Runmifitとはどのようなもの?、Runmifitの評判、危険性(安全性)はどうなの?、Runmifitが利用できるスマートウォッチはなにがあるの?、Runmifitの説明書はあるの?、Runmifitのアプリのダウンロード、インストールはどうすればよいの?、Runmifitの使い方はどうすればよいの?、接続、歩数、距離、消費エネルギー、体温、心拍数、血圧、血中酸素濃度、睡眠、SNSなどの通知、その他の機能などについて解説してきました。

 最後に、これらスマートウォッチで測定される体温、血圧、心拍数、血中酸素濃度などのデータは医学的な機器で測定した値ではないので、あくまで参考程度に考えて、利用してください。

 正式な値を知りたいのであれば、体温ならば体温計、血圧ならば血圧計などで計測する必要があります。

 この記事が少しでも皆様のお役に立てればこれほど嬉しいことはありません。

以上です。

 

 

コメント

  1. ハルちゃん より:

    スマートウォッチ購入を検討していたので非常に参考になりました。レビューとか見ても明らかにサクラと思われるかたのコメントが多いので、実際どうなんだろうと思っていたので。

  2. 小林義尚 より:

    スマートブレスウオッチを、購入して充電してるが、充電されていない。充電の仕方が悪いのか、教えて下さい。

    • なつっぴ より:

      googlefit と連携ができません。既にインストールしているのに、してくださいと出ていて、オンにできません。どうすればよいか教えてください。

      • エイじーエイじー より:

        なつっぴ様

         Google Fitとの連携ができないとのことですが、お使いのスマホはAndroidでしょうか?

        であるとすれば、私自身はiphoneを利用していますので明確のところ分かりませんが、
        恐らく、最初にスマートウォッチとヘアリングせずに「私の」⇒「システム設定」⇒
        「データ共有」⇒Gooogle fitをONにしようとしていませんか?
        この状態ですと、Google Fitを既にインストールしていても
        「Google fitをインストールしてください」と出てきます。

        下のメニューの「デバイス」⇒「デバイス追加」からあなたのスマートウォッチと
        ペアリングをしてから、Google fitとの連携をしてみてください。

        • なつっぴ より:

          アンドロイドです。何度もやってみていますが、できません。仕方ないので、買ったところに相談しています。もしかしたら、商品不具合かもしれないということです。ありがとうございました。

          • エイじーエイじー より:

            なつっぴ様

            先ず、Runmifitをインストールしたスマホとスマートウォッチとの間のペアリングはちゃんとできているのでしょうか?
            もしペアリングがちゃんとできていて、Google fitとの連携ができないのであれば、スマートウォッチの不良が考えられます。

            ペアリングがちゃんとできているかどうかは、スマホの時間にスマートウォッチの時間が合っているかどうかで判断できます。
            また、Rnmifitの下のメニューの「デバイス」をタップすれば、上部にあなたのスマートウォッチが表示されているはずです。

            ペアリングがうまくいかないのであれば、スマホ側のbluetotthの設定のあなたのスマートウォッチの部分を一旦削除し、
            BluetoothをOFFにして、再度ONにした後、Runmifitのアプリに戻り、ペアリングの設定をやり直してください。

            この時、スマホのBluetoothの方からペアリングをしないようにしてくださいね。
            必ず、Runmifitのアプリからペアリングを行うようにしてください。

  3. ルナママ より:

    いくつかのスマートウォッチを購入ましたが、初めてRunmifitでは同意をもとめられました。文を読みましたが、大丈夫なのかよくわかりません!同意していいのか教えてほしいです。よろしくお願いします!

    • エイじーエイじー より:

      ルナママ 様

      お問い合わせの件ですが、Runmifitを起動して最初の方にででる「ユーザー契約とプライバシーポリシー」の部分でしょうか?
      この部分は同意をしないと、当然Runmifitのアプリを利用できませんので、「同意する」をタップしてください。

  4. ルナママ より:

    タップ出来ずに悩んでいました。
    タップします!
    本当にありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました