Excel365でPower Viewが使えない。その理由などの考察

Microsoft
この記事は約6分で読めます。

はじめに

 Microsoftチュートリアルに沿って学習する第4回目としてのPower Query 、Power Pivot 入門(4)では、主に次のことを学びました。

  • 階層の作成
    • Sport階層の作成
    • Locations階層の作成
  • 階層を使用したピボットテーブルの作成
  • 階層を使わずにピボットテーブルを作成

 今日のPower Viewでは、次のことについて紹介します。

  • Power Viewとは?
  • Power Viewのアドインの追加
  • Power View のリボンの設定
  • Power View リボンのメニューに表示されない、その理由は?
  • Power Viewをリボンのメニューに表示させても利用できない。その理由は?
 OS、機種などで説明の仕方が変わってくることがありますので、私の使用しているパソコン環境について載せておきます。

パソコンOS : Windows10 Pro
Windowsバージョン : 21H1
Excel バージョン : 2107

Power Viewとは?

  Power Viewは、Excelにおける最終段階のレポート作成部分に相当する役割を担うもので、相手に説得できるグラフィカルなグラフなどを作成できるアドインです。

 この機能は、大変便利な機能ですが、セキュリティー上の理由から、現時点で私のExcelではPower Viewが使えない状況にあります。

 前回まで、Microsoftチュートリアルに沿って学習してきましたが、ここにきてPower Viewを使う内容へと突入しました。

 しかし、上述の理由から、Power Viewが利用できない以上は、このPower Query 、Power Pivot入門についても、これで終了せざる負えません。

 その代り、Power BI DisktopではPower Viewに相当する機能があるので、Power BI Disktopのチュートリアルを通して、Power Viewの可視化に関しても学習していけたらと思います。

Power Viewのアドインの追加

 Excel365を起動して、左メニューのオプションをクリックします。

 

  Excelのオプションウインドウが表示されますので、「アドイン」をクリックし、下の「管理(A)」の横の欄に「COMアドイン」を選んで、「設定」をクリックして立ち上がった「COMアドイン」ウインドウで「Microsoft Power View for Excel」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

 

Power View のリボンの設定

 さらに、Excelのオプションウインドウで「リボンのユーザー設定」をクリックして、右画面の「リボンのユーザー設定」で「Power View」にチェックが入っていることを確認して、「OK」をクリックします。

Power View リボンのメニューに表示されない。その理由は?

 Excelを起動してリボンのメニューにはPower Viewのメニューが表示されません。

 なぜ、表示されないのかを調べてみましたが、明確な回答は得られませんでしたが、MicrosoftのページにPower Viewの開発完了とPower ViewがPower BIに引き継がれたような内容のことが書かれていました。

 その内容の一部を以下に示します。

Power View - 概要と学習

重要:
焦点を当てたツールで視覚的なデータ探索のためのより説得力のあるエクスペリエンスを提供するために、すべての投資をこのワークロードのPower BI に移行し、Power View の新機能の開発を完了しました。 Power BI Desktopは、視覚的なデータの探索とレポート作成に推奨されるツールであり、Excel分析のための広範なツールであり続ける必要があります。

Power View - 概要と学習
Power View は、グラフ、地図、データを活用するその他の視覚エフェクトを作成できるデータ視覚化テクノロジです。 Power View は、Excel、SharePoint、SQL Server、Power BI で使用できます。 Power View が有効であれば、 リボン タブの ボタンを選んで、新しい ...

 上述の内容を見ると、Power Viewの新機能の開発は完了し、Power BIに引き継がれていることが分かります。

Power Viewをリボンのメニューに表示させても利用できない。その理由は?

 それでは、リボンのメニューに表示させて、実行できるか見てみましょう。

 アドインでPower Viewを追加して、Power Viewがリボンメニューに表示されませんが、次のようにするとリボンメニューに表示させることは可能です。

 Excelのオプションウインドウで「リボンのユーザー設定」で、左画面のコマンドの選択で「リボンにないコマンド」を選択すると、そのメニュー内に「Power View レポートの挿入」があることが分かります。

 これを右画面の「Power Pivot」の部分に追加するために、「Power Pivot」を選択した状態で「新しいグループ」をクリックすると、「Power Pivot」の下に「新しいグループ(ユーザー設定)」が追加されます。

 次に、右画面の「Power View レポートの挿入」を選択し、中心にある「追加」をクリックすると、左画面の「新しいグループ(ユーザー設定)」の下に「Power View レポートの挿入」が挿入されますので、「OK」をクリックします。

 これで、Power Pivot内のメニューにPower Viewが表示されます。

 この表示されたPower Viewをクリックして起動してみましたが、次のような「注意ウインドウ」が表示され、起動できませんでした。

 以上のことから、Excel365ではセキュリティーの理由からPower Viewが利用できないようになっていることが分かります。

 詳細は、次を参照してください。

Flash, Silverlight, and Shockwave controls blocked in Microsoft Office
This article explains how to unblock Flash, Silverlight, or Shockwave controls in Microsoft Office files.

おわりに

 如何だったでしょうか?

 Power Viewとは?、Power Viewのアドインの追加、Power View のリボンの設定、Power View リボンのメニューに表示されない、その理由は?、Power Viewをリボンのメニューに表示させても利用できない。その理由は?などについて解説してきました。

 以上のことから、Power Viewが利用できない以上は、このPower Query 、Power Pivot入門についても、これで終了せざる負えません。

 その代り、Power BI DisktopではPower Viewに相当する機能があるので、Power BI Disktopのチュートリアルを通して、Power Viewの可視化に関しても学習していけたらと思います。

 この記事が少しでもあなたにとって役に立てればこれほど嬉しいことはありません。

以上です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました