Wondershare PDFelementでPDF編集、オールインワンで色々なPDF編集が可能!(レビュー)

PDF
この記事は約13分で読めます。

はじめに

 前にWondershare PDFelemntの主にOCR機能に関する記事を書きましたが、今回はWondershare PDFelementのOCR編集に絞って紹介したいと思います。

 この記事を読むと次の疑問について知ることができます。

  • PDFelementとは?
  • PDFelementの試用版と有料版の違い
  • PDFelementのダウンロード、インストール
  • PDFelementのホーム画面の説明
  • PDFelementによるPDF文書の編集
    • PDFテンプレートの読み込みと簡単な文字編集
    • Wordで作成したPDF文書の編集
    • PDFelementのテンプレートのサイトよりダウンロードした請求書の編集

 パソコンのOS、機種などで説明の仕方が変わってくることがありますので、私の使用しているパソコン環境について記しておきます。

パソコンOS : Windows10 Pro
Windowsバージョン : 21H1

PDFelementとは?

 PDFは、Portable Document Formatの頭文字を取ったもので、Adobeが開発し、無料のAcrobat Reader(現在は、Acrobat Reader DC)で読めることで皆さんも良くご存じだと思います。

 PDFは、画像や文書などを高品質で読むことができる形式のフォーマットであり、PDF形式の文書などはファイル容量が少なく、容易にメールなどへの添付も容量を気にせずに送ることができたり、会議、講演などの資料として作成されたり、色々な所で活用されているのが実情です。

 PDFelementは、色々な素晴らしい機能を持ったあらゆるPDFを扱えるアプリなんです。

 PDFelementは、前の記事で紹介したWondershare Recoveritを販売している会社であり、また動画編集アプリで有名なFilmoraも販売しています。

 PDFelemntの現在(2021年11月3日)でのバージョンは、8.2.23.1077です。

 このPDFelemntの特徴をPDF編集に絞って以下に載せます。

  • PDFの直接編集が可能
    • PDFの文書内の文字などを直接編集・修正ができます。
    • フォント、文字サイズ、フォント色、太字、アンダーライン、取り消し線、上下付き文字などを文字を修飾し、文字の整列や文字、段落の間隔も調整ができます。
    • 画像の編集機能で回転、反転、整列、置き換えができます。
    • ラインモードにより文書の1行1行を細かく分けて編集ができます。
    • 段落モードにより、段落ごとの編集ができます。
  • 一旦PDF化した文書の修正、訂正、注釈を加えたりなどのPDF編集機能が充実
  • PDF化された帳票内の数値や文字を、帳票の形を崩さずに編集が可能
  • Windows、Mac、iOS、AndroidなどOSや端末を選ばないで利用可能

PDFelementの試用版と有料版の違い

 PDFelementには、「個人・法人向け」、「グループチーム向け」、「学生・教員向け」の3種類の形態があり、「個人・法人向け」と「学生・教員向け」には2つの有料版があります。

 個人・法人向けの試用版と2つの有料版の主要項目の違いを表にしました。(PDFelemntのページから抜粋

 試用版標準版PRO
価格(年間プラン)4,480円7,280円
価格(永続プラン)5,480円8,480円
PDFに関する全般的な機能
Acrobat Readerとの互換性
スキャナー、スマホからPDFを作成
×
スキャンされたPDFを編集可能にするOCR処理×
スキャンしたデータのフォームフィールド自動認識×
チェックボックス、ラジオボタン、テキストフィールド、リストボックスなどの作成×
PDF圧縮、圧縮バッチ処理×
電子署名を作成×
PDF文書内への透かし透かしが入る透かしが入らない透かしが入らない
PDFファイルを変換の制限
半分のページ数まで、最大5ページに限定制限なし制限なし
Pro版でOCR実行後のPDFファイルの保存××
Pro版のバッチ処理最大リスト二番目のファイルまで×制限なし

PDFelementのダウンロード、インストール

 PDFelementのホーム画面に移動して、無料ダウンロードをクリックしてください。

 なおダウンロードする際に右下に「この種類のファイルはコンピュータに損害を与える可能性があり
ます。pdfelement-pro_s....exe のダウンロードを続けますか?」と聞かれるので、「保存」をクリックします。

 ダウンロードフォルダーに「pdfelement-pro_setup_full5272.exe」のセットアッププログラムがダウンロードされますので、このファイルをダブルクックします。

 「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と聞かれますが、「はい」をクリック、Wondershare PDFelementのインストール画面が表示され、下の方にある「プライバシーポリシーとエンドユーザー使用許諾契約書」クリックして確認後、「インストール」をクリック、インストールが開始されインストールが終了すると「今すぐ開始」ボタンが表示されますが、ここは一旦右上の「☓」をクリックして終了します。

 インストールされると、デスクトップパソコン上にPDFelementのアイコンが作られますので、再度起動する場合はアイコンをダブルクリックすれば起動することができます。

PDFelementのホーム画面の説明

 ホーム画面のスクリーンショットを下図に示します。

 ホーム画面の説明は、前の記事でもしていますが、ここでは画像を載せてより詳しく解説します。

 ホーム画面は、大きく分けると3つに分けることができます。

メニューなど

  • 上部メニュー
    「開く」、「保存」、「メールを送信」、「印刷」、「共有」、「元に戻す」、「やり直す」があり、これらを選択することにより、それぞれの項目を実施することが可能
  • メッセージセンター
    ソフト側からのメセージが表示される部分で、Wondershare PDFelmentが第33回 Vector プロレジの賞を受けたことへの記事へ飛ぶリンクを提示
  • ソフトの外観
    PDFelemntの外観を変更でき、デフォルトでは明るい「ライト」になっており、ダークにすると、ソフトの外観が黒を基調へと変化
  • ー、□、☓
    • ー : PDFelemntのソフトを最小化
    • □ : PDFelemntのソフトをパソコン画面全体へ最大化
    • ☓ : PDFelemntのソフトを終了
  • iphone/ipad
    iOS用の「PDFelemnt-パワフルなPDFツール」アプリの紹介、ダウンロードのための2次元バーコードなどの表示
  • 人マーク
    アカウント情報の表示

アイコンメニュー

  • ファイルを開く
    ファイル選択画面が出てきて、PDFファイルを選択すると、そのPDFファイルを開きます。また、textファイルなどを開くと、自動的にPDF化されて読み込みできます。
  • PDF比較
    ファイル比較ウインドウが開き、2つの四角に比較元ファイルと比較するファイルを入力して、2つのPDFファイルの異なっている箇所を示してくれます。
  • PDF結合
    PDF結合のウインドウが開き、点線の四角内に複数のPDFファイルをドロップして1つのPDFファイルにできます。
  • OCRPDF
    ファイル選択画面が出て、PDFを選択後、PDFファイルを選択すると、OCR PDFウィンドウが開き、OCR化するオプション、OCRするページ範囲、OCRする言語を選択して、「適用」をクリックしてPDFファイルをテキスト化することが可能
  • PDFを変換
    PDFファイルの選択画面が出て、ファイルを選択後、選択したPDFファイルを、Word形式、Execl形式、PowerPoint形式、テキスト形式、EPUB形式、各種画像形式、リッチテキスト形式、HTML形式、各種PDFファイル形式などに変換が可能
  • PDFを作成
    ファイル選択画面が表示され、Word形式、Execl形式、PowerPoint形式、テキスト形式、EPUB形式、各種画像形式、リッチテキスト形式、HTML形式からPDFファイルに作成が可能
  • 一括PDF
    一括処理のウインドウが開き、複数ファイルを「ファイルを選択」するか「ファイルをドロップ」して選択した後、一括処理のメニュー「変換」、「作成」、「最適化」、「OCR処理」、「ベイツ番号」、「透かし」、「セキュリティ」、「データ抽出」、「一括印刷」を選択することにより、選択したファイルに対して一括して選んだ項目の作業をすることが可能

 ホーム画面の上部の「←」戻るをクリックし、上部メニューの「編集」をクリックし、ファイルを読み込んだ状態を次の画面に示します。

 この編集画面を見ると、大きく4つの画面構成となっています。

 それぞれを説明すると次のようになります。

 メインメニュー

  • ファイル
    「開く」、「最近使用したファイル」、「クラウドを開く」、「作成」、「保存」、「共有」、「エクスポート」「印刷」、「環境設定」などがあり、これらを選択することにより、それぞれの項目の皿習うメニューが表示されます。
  • ホーム
    起動したときに最初に表示される画面に移動します。
  • ヘルプ
    フィードバック、ユーザーーガイド、サポートセンター、Facebook、YouTune、アップデータ確認、製品情報などがあり、それぞれに対応した内容を見ることができます。
  • コメント
    PDF文書に注釈を入れるための文字、文字修飾、図形挿入、矢印、カスタムスタンプなどを記入でき、それらが下のサブメニューに表示されます。
  • 編集(この画面を参照)
    PDF文書を編集するための各種メニューが下のサブメニューに表示されます。
  • 変換
    PDF文書をWORD形式、Execl形式、PowerPoint形式、テキスト形式、EPUB形式、各種画像形式、リッチテキスト形式、HTML形式、各種PDFファイル形式などに変換ができ、それらのサブメニューが下に表示されます。
  • ツール
    ファイル比較、ファイル結合、OCR処理、PDF圧縮、トリミング、透かしなどのサブメニューが下に表示されます。
  • 表示
    表示の仕方(横幅に合わせる、ウインドウサイズに合わせ、全画面)、表示の拡大率、などの表示に関するサブメニューが下に表示されます。
  • フォーム
    フォームのPDF文書などに文字、数字、ボタン、リスト、画像などを挿入したりするためのサブメニューが下に表示されます。
  • 保護
    PDF文書を勝手に他人に見られないように保護したり、隅消しを入れたり、署名を入れたりできるサブメニューが下に表示されます。
  • ページ
    PDF文書のページを検索して抽出、置換、挿入、分割などができるサブメニューが下に表示されます。
  • テンプレート
    PDF文書の各種テンプレートが別ウインドウで表示され、また、選んだPDFテンプレートを読み込むことができます。
  • 🔍(検索)
    読み込んだPDF文書内の文字、数値などの検索が行なえます。

 サブメニュー
 PDF文書の編集メニューとしてのテキスト、画像、リンク、透かし、ヘッダー&フッター、ベイツ番号、編集と読み取りの切り替え、編集モードの切替などができます。
③ 補助メニュー
 読み込んだPDF文書のサムネイル、ブックマーク、コメント、添付、検索、レイヤーなどの操作が行なえます。
④ ファイル表示画面
 読み込んだPDF文書が表示されル領域であり、中にカーソルを入れたりして実際に編集が行える画面になります。

PDFelementによるPDF文書の編集

 以後の操作は、Windows10 Pro (Windowsバージョン:21H1)でPDFelement Pro版(バーション:8.2.23.1077)で解説します。

PDFテンプレートの読み込みと簡単な文字編集

 上部のメニューから「テンプレート」をクリックして、表示される多くのテンプレートの中から「Halloween Party」を読み込んで文字編集をしてみましょう。 

 読み込んだ「Halloween Party」の中の文字を色々修飾したり、無料写真サイトからダウンロードしたカボチャのハローウイン画像も張り込んでみました。

 元のPDF文書と文字修飾や画像を張り込んだ編集後のPDF文書を比較してみましょう。

Wordで作成したPDF文書の編集

 Wordで履歴書の雛形を読み込みそのままPDF文書としてエクスポートしたものを、PDFelementで読み込み編集してみます。

 PDFelementのホーム画面から「ファイルを開く」をクリックして、Wordで作成した履歴書(雛形)を読み込み、内容を編集します。

 読み込んだ履歴書の変更する文字などを元の文字に入れ替えて、顔写真はイラスト(実際はあなたの顔写真を入れてくださいね!)に変更してみました。

 元のPDF文書と編集後のPDF文書を載せておきます。

PDFelementのテンプレートのサイトよりダウンロードした請求書の編集

 PDFelementには、各種テンプレートが用意されており、ソフト内から読み込み利用することも可能ですが、英語のテンプレートしかないので、日本語のテンプレートをPDFelementのテンプレートダウンロードサイトからダウンロードして利用ができます。

 ここでは、多くのテンプレートより「Logo Spaceでロゴ画像の挿入が便利の請求書」をダウンロードして利用してみます。

 PDFelementの請求書テンプレートダウンロードサイトに移動し、「Logo Spaceでロゴ画像の挿入が便利の請求書」の下の「無料ダウンロード」をクリックすると、さらに、「無料ダウンロード」と「テンプレードを編集」の選択画面が出ますので、「無料ダウンロード」を選択してクリック、PDFのプレビュー画面が表示されますので上部右の方にある「ダウンロードマーク」をクリックすると、「Logo Spaceでロゴ画像の挿入が便利の請求書」がパソコン内にダウンロードされます。

 ダウンロードしたファイル(invoice-logo.pdf)をPDFelementで読み込み開きます。

 あなたの会社のLOGOがあればそれをLOGOspace部分に貼り替え、あなたの会社から買った品目、数量、金額、振り込み先などPDFelemnt上からMicrosoft Wordで編集するように編集して書き入れたり、修正できます。

 Logoがないのであれば、例えば、Logoを簡単に作成するアプリで作成しそれを貼り込んでも良いでしょう。

 ここでは、上述のロゴ作成アプリ「DesignEvo」で簡単な会社のロゴ(仮の名前)を作成し貼り込んでみました。

 下図は、元の請求書と編集した後の請求書です。

 如何でしょうか?、請求書、見積書、発注書などのテンプレートはPDFelementのテンプレートサイトには用意されていますので、これらを活用することにより、自分で作らなくとも直ぐに利用できますので大変便利です。

おわりに

 皆さんいかがだったでしょうか?

 PDFelementとは?、PDFelementの試用版と有料版の違い、PDFelementのダウンロード、インストール、PDFelementのホーム画面の説明、PDFelementによるPDF文書の編集、PDFテンプレートの読み込みと簡単な文字編集、Wordで作成したPDF文書の編集、PDFelementのテンプレートのサイトよりダウンロードした請求書の編集などについて解説してきました。

 PDF文書は、Microsoft Word、Excel、PowerpointなどのOfficeソフトに限らず色々なソフトで作成することができ、また、色々な会議、プレゼンテーション、セミナーなどの資料としても利用されています。

 このようなPDF文書を僅か1万足らずのアプリPDFelementで自由自在に編集できるのですから、是非とも揃えておきたいアプリの一つであろうと思います。

 是非、あなたもこの記事を読んでPDFelementを試してみては如何だろうか?

この記事が少しでも皆様のお役に立てればこれほど嬉しいことはありません。

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました