スポンサーリンク

オトギリソウ|近所の散歩で見かけた黄色の花

オトギリソウ 植物
この記事は約3分で読めます。

 近所の散歩で見かけた黄色の奇麗な花を咲かせていた野花です。iphone11で撮影しました。(2020年5月24日撮影)

 下の写真を見てください。

 インターネットの画像検索で調べると、オトギリソウ」と言う名の野花のようです。

 Wikipediaによると、「オトギリソウ」は、

オトギリソウ(弟切草、学名:Hypericum erectum)は、オトギリソウ科オトギリソウ属の多年生植物
【特徴】
日本全国[1]朝鮮半島中国大陸に分布する。日当たりの良い赤土の道ばたや草地山野、疎林、道端に自生する[2][6][4]
変異が多い多年草[1]。茎は直立して草丈20 – 80センチメートル (cm) にまで生育し[1]葉柄がない細長いが2枚ずつ対生し、両葉が接近して茎を抱く[6]。葉身は長さ2 – 6 cmの披針形で先端は丸みを帯び、全縁、無毛で、表面に褐色の小点が散在して見られる[6][4]。この黒点はヒペリシンという光作用性物質で、これを摂取した後に日光に当たると皮膚炎や浮腫を生じる。
花期は夏から初秋(7 – 9月)ごろ[1]。茎頂に分枝した枝先に、径2 cm程の黄色い小さな5花弁を数個ずつ次々と咲かせる[2]。花にも黒点と黒腺が入り[1]、花をつぶすと紫色になる[6]。花は日中だけ咲き、1日で終わる1日花である[1][4]
茎葉は薬用にされ、近似種が多いため分類は困難である[1]。類似種に茎が直立せず、斜生するもの、葉に黒点がないものがあるが、これらは薬用にしない[6]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%88%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%BD%E3%82%A6

とあります。

 「オトギリソウ」の特徴などについての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

 「オトギリソウ」の花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

オトギリソウの基本情報

写真オトギリソウ
学名Hypericum erectum
オトギリソウ科
属名オトギリソウ属
英名St.John’s wort
Klamath weed
Goat weed
原産地ユーラシア大陸の温帯・亜熱帯地域 
開花期7~9月
花の色黄色
別名ヤクシソウ
アオグスリ
花言葉迷信
盲信
敵意
秘密
恨み

コメント

タイトルとURLをコピーしました