スポンサーリンク

ニラ|近所を散歩していて見かけた白い花

ニラ 植物
この記事は約3分で読めます。

 近所を散歩していて先端にいくつもの白い花を付けた植物を見かけけたのでiphone11で撮影しました。(2020年9月6日撮影)インターネットで調べたので紹介します。

 下の写真を見て下さい。

 画像検索で調べると、「ネギ属」と出ました。さらに詳しく調べると「ニラ」の花のようです。「ニラ」って、このような花を咲かすんですね。

 Wikipediaより一部抜粋すると、「ニラ」は、

ニラ(韮、韭、Allium tuberosum)は、ネギ属に属する多年草緑黄色野菜である。
【特徴】
多年生草本[7]。中国原産で、広く畑に栽培競れている[4]。地下には横に連なった小さな鱗茎がある[7]。食用とする葉は線形で偏平、濃緑色[7]
花期は夏(8 – 9月ころ)で、葉の間から30 – 40センチメートル (cm) ほどの1本の花茎を伸ばす[7]。花茎の先端に、半球形の散形花序をつけ、径6 – 7ミリメートル (mm) の白い小さな花を20 – 40個も咲かせる[7]。花弁は3枚だが、が3枚あり、花弁が6枚あるように見える。雄蕊(おしべ)は6本、子房は3室になっている。花後に果実を結び、熟すと割れて中から6個の黒色の小さな種を散布する[7]
本種の原種は、中国北部からモンゴル・シベリアに自生する Allium ramosum で、3,000年前以上前に栽培化されたと考えられる。この種とニラを同一種とみなす場合もある[8]株分けまたはによって増やす。
全草に独特の匂いがある[7]。このため、禅宗などの精進料理では五葷の一つとして忌避される。匂いの原因物質は、ニンニクにも含まれている硫化アリル類の一種アリシンである[9]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%A9

とあります。

 「ニラ」の特徴や育て方などに関する記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

 「ニラ」の花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

ニラの基本情報

写真ニラ
学名
Allium tuberosum
ヒガンバナ科
属名ネギ属
英名Oriental garlic
Chinese chives
原産地中国
開花期8 - 9月
花の色
別名フタモジ
花言葉多幸
星への願い

コメント

タイトルとURLをコピーしました