スポンサーリンク

Nikon Coolpix W300 のファームウエアバージョンアップ(Ver 1..0 ⇒ Ver 1.4)

カメラ
この記事は約3分で読めます。

 Nikon Coolpix W300カメラは、アウトドア用のカメラとして優れた性能を持つため、良く旅行での思い出写真を撮影するのに利用しています。その優れた部分の一端を記すと、水中で利用するハウジングなしで水深30mの防水性能、2.4mの高さから落としても大丈夫な耐衝撃性能、-10℃の寒冷地に対応した高い耐寒性能、高い防塵性能などを合わせっ持つ本格的なタフなカメラと言えます。このカメラの外観とこのカメラの特徴であるアクティブガイド(日時や位置情報、高度、水深、ロググラフなどをひと目で確認)を並べて示します。

 さて、カメラのファームウエアって何でしょうか?インターネットの辞書で調べると、「コンピュータなどに内蔵されるソフトウェアの一種で、本体内部の回路や装置などの基本的な制御を司る機能を持ったもの。機器内部に固定的に組み込まれ、あまり内容の変更が行われないことから、ハードウェアとソフトウェアの中間的な存在としてファームウェア(firm:堅い、固定の)と呼ばれている。」言ってみれば、このカメラを動かすうえで必要なソフトウエアということができます。私のこのカメラのファームウエアのバージョンは1.0でした。まず、ファームウエアのバージョンの確認の仕方から見ていきましょう。バージョンを確認するためにはまずBluetoothがONになっていると、バージョンの確認ができませんので、bluetooothをOFFにしてください。メニューを押したのち、アンテナから電波を発しているマーク(通信メニュー)を押下してBluetoothを選び、通信機能をOFFにします。そん後、スパナマーク(セットアップ)に移り、バージョン情報をタップすると現在のファームウエアのバージョンが確認できます。bluetoothの通信機能をOFFにした画面とバージョン情報を示した画面を並べて示します。

 それでは、このカメラ(Nikon Coolpix W300)のファームウエアのバージョンアップを順を追って説明していきます。先ず、パソコンのインターネットを利用して、Nikonダウンロードセンターの「COOLPIX W300用ファームウェア」画面に移って下さい。下にスクロールしてプログラム使用許諾契約書を読んで、同意するにチェックして、ファームウエアのファイルをパソコンにダウンロードしてください。


 ダウンロードしたファイル(F-W300-V14W.exe)を、例えば、W300ファームウエアアップデートとするフォルダーを作り、そこに移動してください。「F-W300-V14W.exe」をダブルクリックすると自動的に解凍して、「W300Update」のファルダーが作成されます。作成されたフォルダー内に「firmwawre」のフォルダーがあり、そのフォルダー内に[firmware.bin]と[gpsfirm.bin]の2つのファイルがあることを確認してください。

 次に、SDカードを用意し、このカードをフォーマットします。フォーマットしたSDカードをパソコンのSDカードリーダーに挿入し、先ほど用意した「firmware」フォルダー(中にfirmware.binとgpsfirm.binの2つのファイルが存在)をSDカードのルートにコピーしてください。このSDカードを抜いて、W300カメラのSDスロットに差し込みます。カメラの電源を入れ、メニュー画面からメンテナンスを選び、バージョン確認画面に移動し、ファームウエアのバージョンを変更してもよいかと聞いてくるので「はい」をタップしてバージョンアップを実施てください。ちなみに、バージョンアップの時間は結構長く感じます。最後に、ファームウエアのバージョンがVer.1.0⇒Ver.1.4になっていることを確認して、カメラの電源を切ってください。

 以上ですが、参考になったでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました