スポンサーリンク

ムクゲ|近所を散歩していて見かけた白い花

ムクゲ 植物
この記事は約3分で読めます。

 近所を散歩していて見かけた白い花をiphone11で撮影しました。(2020年9月3日撮影)後にインターネットで調べたので紹介します。

 下の写真をご覧ください。

 画像検索で調べると、「フヨウ属」と出ました。詳しく調べると、「ムクゲ」であることが分かりました。

 Wikipediaより一部抜粋すると、「ムクゲ」は、

ムクゲ(木槿、学名Hibiscus syriacus)はアオイ科フヨウ属落葉樹。別名ハチス[1]、もくげ。庭木として広く植栽されるほか、茶花としても欠かせないである。
【形態・生態】
大型の落葉低木[5]。樹高3 – 4メートル (m) くらいになる。互生し、卵形から卵状菱形、3浅裂し、葉縁に粗い鋸歯がある[5]
花期は夏から(8 – 9月)にかけて、白、ピンク色など様々な花色の美しいをつける[5][6]ハイビスカスの類なので、花形が似ている[5]。花の大きさは径5 – 10センチメートル (cm) 。5花弁がやや重なって並び、雄しべは多数つき、雌しべ花柱は長く突き出る[5]花芽はその年のから秋にかけて伸長した枝に次々と形成される。白居易の誤訳から一日花との誤解があるが、2日以上咲いていることがある。花が開き、夕方にはしぼんでしまうものもあるが、そのまま翌日も開花し続ける場合もある。果実蒴果で卵形をしており、長さは約2 cmで星状の毛が密生し、熟すと5裂する[6]種子は偏平な腎臓形で、フヨウの種子よりも大きく、背面の縁に沿って長い毛が密生している[6]
ムクゲはフヨウと近縁であり接木が可能。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%82%AF%E3%82%B2

とのことです。

 「ムクゲ」の特徴や育て方などに関する記事を3つほど載せますので、興味のあるある方は参考にして下さい。

 「ムクゲ」の花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

ムクゲの基本情報

写真ムクゲ
学名
Hibiscus syriacus
アオイ科
属名フヨウ属
英名Rose of Sharon
Shrub althea
原産地中国、東南アジア、インド
開花期6月~10月
花の色
ピンク


別名木波知須(キハチス)
花言葉信念
新しい美

コメント

タイトルとURLをコピーしました