Microsoftフォトの初心者でもわかる使い方|容量確認、共有、バックアップなども解説

Google
この記事は約8分で読めます。

はじめに

 今日は、Microsoftフォトアプリについて紹介します。

 この記事を読むと、次の疑問について知ることができます。

★Microsoftフォトアプリとはどのようなもの?
★Microsoftフォトアプリのダウンロード、インストールはどうするの?
★Microsoftフォトアプリの初心者でもわかる使い方はどうするの?
・基本的操作
・容量確認
・共有
・バックアップ

 OS、機種などで説明の仕方が変わってくることがありますので、私の使用しているパソコン環境について載せておきます。

パソコンOS : Windows10 Pro
Windowsバージョン : 20H2

Microsoftフォトアプリとは?

 Microsoftフォトアプリは、Windows10に標準で付属するアプリであり、写真やビデオの表示と編集に、動画の作成(別記事で執筆予定)、アルバムの作成などをすることができます。

 また、Microsoftが提供するOne Driveオンラインストレージサービスと密接に関係しており、One Drive内に写真や動画をバックアップして、安全に保存することができます。

 このアプリの初版のリリースは、2014年10月10日となっており、使用しているバージョンは、Microsoft フォト 2020.20120.4004.0となています。

 Microsoftフォトアプリの特徴を次にあげておきます。

  1. 強力な編集機能により写真のトリミングや回転、光源や色の調整、フィルターやその他の効果の追加を行うこと可能
  2. 写真やビデオを組み合わせ、音楽やフィルター、テキスト、効果を使って新しいビデオ プロジェクトを作成でき、ビデオエディターによりさまざまな細かい調整が可能(別記事で執筆予定
  3. 写真は圧縮せずにそのままの状態で保存が可能
  4. 自動的に付けられたタグを使って、人、場所、物を写真のコレクションから検索が可能
  5. 写真のスライドショーを簡単に作成可能
  6. One Driveを利用すれば、OS、デバイスによらず写真アプリにアクセスが可能

Microsofフォトアプリのダウンロード、インストール

 パソコンでWindows10を利用していれば、標準で付属していますが、消してしまったりした場合は、次のMicrosoft Storeからダウンロードしてインストールしてください。

 このアプリを利用する上での必要条件は、次の通り。

●OS: Windows 10 バージョン 17134.0 以降, Xbox One, Windows 10 Mobile バージョン 10581.0 以降
●アーキテクチャ: ARM、x64、x86

 上述で分かるように、iOS、Androidのスマホでは使えないようです。

Microsoftフォトアプリの初心者でも分かる使い方

 以後の説明は、パソコンで(OS:Windows10 Pro、Windowsバージョン:20H2)での解説となります。

基本的操作

 Microsoftフォトは、「Winスタート」⇒下にスクロールして「フォト」をクリックすることにより、上部メニューの「コレクション」が選択された状態で起動し、自動で作成された写真アルバムなどが上部に並び、その下に新しい日付順に写真が並んで表示されます。

 Microsoftフォトに表示される写真は、Windows10で作成されている「ピクチャ」フォルダー内の写真One Drive内の写真、それに、Micorosoftフォトの設定で追加したフォルダー内の写真や動画が表示されます。

【コレクションで使える機能】

  • 写真を選択して大きくして見る
    好きな写真をクリックすると、その写真のみが表示さるウインドウが表示され、上部メニューの「虫眼鏡に+が入った」ズームをクリックすると、下にズームバーが表れ、右にずらすと画像が最大100まで大きくして見ることができます。
  • 必要ない写真の削除
    必要ない写真をクリックすると、その写真のみが表示さるウインドウが表示され、上部メニューの「ゴミ箱アイコン」削除をクリックすれば、その写真を削除できます。
  • 写真をお気に入りに追加
    大切な写真をクリックすると、その写真のみが表示さるウインドウが表示され、上部メニューの「」をクリックすれば、その写真をお気に入りに追加ができます。
  • 写真の回転
    回転してみたい写真をクリックすると、写真のみが表示さるウインドウが表示され、上部メニューの「回転マーク」をクリックすれば、その写真がクリックするごとに90度右に回転してみることができ、4回クリックすれば元の状態に戻ります。
  • 写真の必要な部分を切り抜き、色々写真編集したい場合
    切り抜きたい写真をクリックすると、写真のみが表示さるウインドウが表示され、上部メニューの「トリミング」をクリックすれば、その写真の4隅に○が表示されその枠を移動して、切り抜きたい部分のみを表示させ、回転、傾きの調整、縦横比の変更、フィルターにより色合いを変更、調整によりライト、色、明瞭度、ふちどり、赤目補正、スポット修正などの写真の編集が可能。

【アルバム機能】

  • 「新しいアルバム」をクリックすると、写真を選択できる画面になるので、写真の右上部にある「□」をクリックすると選択できるので、アルバムに入れる写真をすべて選択した後、右上部にある「作成」をクリックすると、タイトル入力ができるので、タイトルを入力して右上の「完了」をクリックすれば、タイトルのアルバムが作成されると共に写真をつなげたスライドショーのビデオも自動で作成されます。
    これはすごいですね。
    下のビデオはその時に自動で作成された動画をmp4形式に出力したものです。

 

【人物機能】

 MicrosoftフォトのAI機能により、人物を分類する機能のようです。

 この機能を使うには、Microsoftフォトの上部メニューのもっと見る「…」⇒「設定」をクリックし、人物の機能の部分がONにする必要があります。

 始めは、「人物機能の設定を有効にしますか?」と聞いてくるので、「はい」をクリック。

 人物の写真が追加されると、グループ分けされて人物タブに顔グループが表示されます。

 この顔グループは、 Windows の People アプリから連絡先にリンクができます。

【フォルダー機能】

 Microsoftフォトのコレクションにあなたの写真を収めてるホルダーを指定して、フォト上にそのフォルダーが作成され、そのフォルダーをクリックすると、Microsoftフォト上で作成されたフォルダー内の写真を一覧で見ることができるようになります。

【検索機能】

 上部の検索欄「虫眼鏡」をクリックすると、MicrosoftフォトのAI機能により分類された人物、場所、物事、強調表示が表示され、その中から検索したい項目を選んでクリックすれば、その項目に関する検索された写真、動画が表示されます。

 また、自分で検索欄に探したいキーワードを入力して検索することもできます。

 ただし、私の写真には花の写真が多くあるので、この中から白い花を抜きだして、表示してくれるかを試しましたが、残念ですが、このような検索は対応していないようです。

 上述のような検索が可能になるには、も少しAI機能が賢くなるまで待つ必要があるでしょう。

容量確認

 Microsoftフォトのアプリから右上のもっと見る「…」をクリックして、「設定」の「Microsoft ONE DRIVE」の部分を見ると、あなたの持っているOne Driveの容量(無料で利用できる容量:5GB)のうち。どのぐらい使われているかが棒グラフ(使われている容量も表示)で見ることができます。

共有

 共有したい写真をMicrosoftフォト上から選択(上部メニューの右にある「選択」をクリックして、写真の右上の「□」をクリック)して、上部メニューの「共有」をクリック、Pepoleに連絡先などが登録されていれば、その方々のアイコンと名前が表示されますので、共有したい方をタップして選択、すると、選択した写真が添付されたメールが立ち上がりますので、件名を入れて、「送信」をクリックすれば、相手側にメールが送信され、相手に招待状が届くはずです。

 また、その他に、One Noteに送れば、One Noteを開いた状態であれば、そこに選んだ写真を送信できます。

バックアップ

 Microsoftフォト内の写真や動画をバックアップする場合は、エクスプローラーを立ち上げ、右のOne Drive(One Driveをインストールしておく必要があり) を右クリックして、表示されるメニューで「One Driveのバックアップを管理」をクリックして、「写真」の部分の下に書かれた文字で「ファイルはバックアップがされました」と表示されていればOKです。

 もしされていなければ、右上にチェックを入れ、「バックアップを開始」をクリックしてください。

おわりに

 如何だったでしょうか?

Microsoftフォトアプリとはどのようなもの?、Microsoftフォトのダウンロード、インストールはどうするの?、Microsoftフォトの初心者でもわかる使い方はどうするの?、基本的操作、容量確認、共有、バックアップなどについて解説してきました。

 この記事が少しでもあなたにとって役に立てればこれほど嬉しいことはありません。

以上です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました