スポンサーリンク

マンネングサ属|近所で見かけた背の低い黄色の花

マンネングサ属 植物
この記事は約2分で読めます。

 黄色の花のようなものをびっしり付けた背の低い植物で鉢植えされていました。iphone11で撮影し、それをインターネットでしたらべたので紹介します。(5月15日撮影)

 下の写真をご覧ください。

 画像検索で調べると、「マンネングサ属」と言う名の植物のようです。「マンネングサ属」には種類が多く、どのような名のマンネングサかは不明です。恐らく、「メキシコマンネングサ」か「セダムゴールデンカーペット」のどりらかではないかと思われます。

 Wikipediaより一部抜粋すると、「マンネングサ属」は、

マンネングサ属(マンネングサぞく、学名Sedum)は、ベンケイソウ科に属するである。かつての和名はベンケイソウ属と言ったが、ムラサキベンケイソウ属ベンケイソウなどが分割されたので、現在はマンネングサ属と言う。キリンソウ属の名が使われたこともある。園芸では学名仮名書きのセダムが通用する。
園芸品種ニジノタマメキシコマンネングサなどのがこの属に属する。
【形態・生態】
背が低い草もあれば、やや立ち上がるものもあるが、総じてベンケイソウ科の中では小さめで、盛んに枝分かれしてよく殖える。
は粒状や棒状。
開花期には黄色や白いが咲く。花序集散花序、一部は総状花序で、花序には葉状のがつく。
岩盤面の隙間のような、乾燥かつ貧栄養状態にあるわずかな土壌でも生育可能な丈夫な植物である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B5%E5%B1%9E

 「マンネングサ属」の特徴や育て方などに関する記事を3つほど載せますので、興味の合う方は参考にして下さい。

 「マンネングサ属」の花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

マンネングサ属の基本情報

写真マンネングサ属
学名
Sedum
ベンケイソウ科
属名マンネングサ属[セダム属]
英名Stonecrop
原産地中国・ヒマラヤ
開花期2月~11月
花の色
黄色
ピンク色
赤色
オレンジ色
別名セダム
ベンケイソウ
花言葉枯れる事のない愛
静寂
落ち着き
私を思って下さい
記憶
星の輝き

コメント

タイトルとURLをコピーしました