【2021年】プロフィールページ作成のおすすめ、lit.linkの始め方、使い方、評判などを画像で解説

FacebookSNS
この記事は約7分で読めます。

はじめに

 前にプロフカードというTwitterと連携できるプロフィールカードを紹介しましたが、デザインが今一つの感がありました。

 今回紹介するプロフィールページを作成するサイトは、スマホでも簡単に作成できTwitterなどのプロフィールページにも設定でき、ブログ、各種SNS、商品紹介のリンクをまとめられ、しかも、デザインが色々選べてあなた好みのプロフィールページの作成が可能です。

 と言うことで、今回は誰でも簡単に綺麗なプロフィールページを作成可能なlit.linkを紹介したいと思います。

 自分のプロフィールを見やすくシンプルにまとめてくれ、しかも、Twitterと連携してくるプロフカードについて知りたい方は、次の記事を参照下さい。

 今回の記事を読むと次のことが分かるようになります。

  • lit.linkとは?
  • lit.linkの特徴
  • lit.linkの始め方
    • lit.linkへの登録
    • 最初の背景画像の選択からプロフィールページの編集開始まで
    • プロフィールページの作成
      • プロフィール画像の挿入
      • プロフィールや各種SNSのリンクなどの設定
  • lit.linkで作成したプロフィールページをTwitterのURLに設定

 それでは、早速、lit.link(リットリンク)について深堀りしていきます。

lit.linkとは?

 lit.linkとは、前述したようにプロフィールを綺麗にまとめてくれる自己紹介ページを提供してくれるサービスです。

 このlit.linkは、登録さえすれば無料で利用ができます。

 lit.linkは、2020年04月30日に設立されたまだ生まれたての会社で、資本金500万円、事務所を 東京都渋谷区に置くTieUps株式会社が開発リリースしており、2021年5月7日 14時33分のPRTIMESによると、

リリースから3ヶ月で月間アクセス数が1000万を超え、ユーザー数も右肩上がりで伸び続けています。
アクセスMAUは約200万で、現時点の主要なアクセス流入元は、SNSのプロフィール欄とタイムラインで、ユーザーが作成したコンテンツをトリガーにした検索流入も日々増加しています。

SNS統合サービス「lit.link(リットリンク)」がバチェロレッテ参加 黄 皓/コウ コウのMIRRORFIT/BETSAとタイアップを開始
TieUps株式会社のプレスリリース(2021年5月7日 14時33分)SNS統合サービスがバチェロレッテ参加 黄 皓/コウ コウのMIRRORFIT/BETSAとタイアップを開始

と書かれており、大変人気のアプリでこれから益々伸びていくアプリであろうと予想できます。

 Twitterで「lit.link」と検索した結果から、最新のツイートを2件ほど載せておきます。

 とかなり利用者が多いようです。ここには示していませんが、女性のlit,linkを使った書き込みが多く見られました。

lit.linkの特徴

 lit.linkの特徴をまとめてみましょう。

  1. テンプレートが豊富で綺麗なプロフィールページを作成可能
  2. 複数のSNS、ブログ、商品紹介のリンクをまとめて表示が可能
  3. スマホでも簡単に作成可能
  4. プロフィールページの紹介として色々な用途にも利用が可能
  5. 無料で利用が可能

lit.linkの始め方

 ここでは、デスクトップパソコンのWebの登録からLINE連携で進めていきます。

lit.linkへの登録

 先ずlit.linkのサイトに移動し、右上の「新規登録」をクリックします。

 

 アカウント登録画面で、LINEをお持ちの場合は、「LINE連携を起動」をクリックすると、LINEのログイン画面が表示され、デフォルトでLINEの登録メールアドレス、パスワードが入力されていますので、それで良ければ、「ログイン」をクリックします。

 「サービス提供者が次の許可をリクエストしています。」と表示されますので、「許可」をクリックすると、LINEの友だち追加画面が出ますので、「友だち追加」をクリックします。

 アカウントの新規登録画面になりますので、クリエイター名、URL(このページを参照する際のURL)、性別、生年月日、あなたの職業的なもの(例えば、デザイナー、ブロガーなど)を記入して、「次へ進む」をクリックします。

 

  「普段SNSにどんな投稿をしていますか?*1個以上必須 (複数選択可)」と表示されますので、あなたが普段しているSNSの発信情報を1つ以上選択して、「最終確認画面へ進む」をクリックします。

 今まで登録で書いてきた内容が表示されますので、間違いがなければ、規約の確認で「確認し、同意します」にチェックを入れ、「この内容で登録する」をクリックします。

 「ようこそlit.linkへ!」と表示され、これでlit.linkへ登録ができたことになります。

最初の背景画像の選択からプロフィールページの編集開始まで

 「ようこそlit.linkへ!」の下に背景画が並んでいるので、その中から選択すると更に細かく表示されるので、そこから貴方好みのものを選択します。

 その後、明度選択画面が表示されますので、好きな明るさを選択します。

 

 次に、編集上必要な3つのことをおぼえてもらう画面が3つほど表示されますので、それぞれ「次へ」をクリックします。

プロフィールページの作成

 プロフィール画像の挿入

  左上の編集できるスイッチを切り替え(上述画像の1/3の部分)、真ん中のプロフィール画像部分をクリックしてあなたの画像をパソコンなどから選択して張り込みます。

 背景を変更したい際にには、右の画像選択又は左の単色あるいはグラデーションを選択して、背景を変更できます。

プロフィールや各種SNSのリンクなどの設定

 上述の「2/3、3/3」により。自分おログの画像を設定したり、SNSのURLを入力したり、文字色を変更したりできます。

 前に紹介したプロフカードに比較すると、かなり自由度があり、綺麗でファッショナブルな自分好みのものを作成できると思いました。

 取り敢えず、現在の私のブログ、GIF画像、YouTube動画、自己紹介、SNS、問い合わせなどをすべて含めて作成してみました。

lit.linkで作成したプロフィールページをTwitterのURLに設定

 Twitterのホーム画面の「プロフィール」⇒「プロフィールを編集」で開いたプロフィール編集画面でウエブサイトのURLの部分にlit.linkで作成したあなたのプロフィールページのURLをコピー&ペーストして下さい。

 こうすることにより、あなたに興味を持ってくれた方がプロフィールを見て、WebサイトのURLをクリックすると、そこにはあなたがlit.linkで設定した、あなたのブログサイト(幾つでも)、SNSなどのリンクが貼られていますので、あなたがどのようなことをしている方なのかが分かるようになります。

 結果的にブログへの流入やTwitterなどのSNSのフォローワーも増え、また、エンゲージメントを上げる効果があると思います。

おわりに

 如何だったでしょうか?

 lit.linkとは?、lit.linkの特徴、lit.linkの始め方。lit.linkへの登録、最初の背景画像の選択からプロフィールページの編集開始まで、プロフィールページの作成、プロフィール画像の挿入、プロフィールや各種SNSのリンクなどの設定。lit.linkで作成したプロフィールページをTwitterのURLに設定などについて解説してきました。

 この記事があなたにとって少しでもお役に立てればこれほど嬉しいことはありません。

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました