スポンサーリンク

ケヤキ|散歩の途中で見た立派な木

植物
この記事は約3分で読めます。

 近所を散歩していて見かけた立派な市の保存木になっているケヤキをiphone11で撮影した。(2020年9月9日)これをインターネットで調べたので紹介します。

 下の写真をご覧ください。

 Wikipediaより一部抜粋すると、「ケヤキ」は、

ケヤキ(欅、学名Zelkova serrata)は、ニレ科ケヤキ属落葉高木ツキ(槻)ともいう。
【形態・生態】
高さ20 – 25mの大木になり40mを超す個体もある。鋸歯は曲線的に葉先に向かう特徴的な形であり、鋸歯の先端は尖る。雌雄同株で雌雄異花である。は4 – 5月頃、葉が出る前に開花する。
秋の紅葉が美しい樹木でもある。個体によって色が異なり、赤や黄色に紅葉する。
葉の裏と柄に短毛の密生する変種をメゲヤキという。
【木材】
木目が美しく、磨くと著しい光沢を生じる。堅くて摩耗に強いので、家具建具等の指物に使われる。日本家屋建築用材としても古くから多用され、神社仏閣などにも用いられた。現在は高価となり、なかなか庶民の住宅には使えなくなっている。
伐採してから、乾燥し枯れるまでの間、右に左にと、大きく反っていくので、何年も寝かせないと使えない。特に大黒柱に大木を使った場合、家を動かすほど反ることがあるので大工泣かせの木材である。また、中心部の赤身といわれる部分が主に使われ、周囲の白太は捨てられるので、よほど太い原木でないと立派な柱は取れない。
1940年、戦時色の強まった日本では、用材生産統制規則により特定の樹種について用途指定を実施。ケヤキ材の使用用途については軍需、内地使用の船舶、車両用に限られることとなった[3]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%A4%E3%82%AD

とのことである。

 「ケヤキ」の特徴などに関する記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

 「ケヤキ」花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

ケヤキの基本情報

写真ケヤキ01
学名
Zelkova serrata
ニレ科
属名ケヤキ属
英名zelkova tree
原産地日本、朝鮮半島、台湾など東アジア
開花期4 - 5月頃
花の色 黄緑
別名ツキ
花言葉幸運
長寿
健康

コメント

タイトルとURLをコピーしました