スポンサーリンク

ケイトウ|近所のホームセンターの園芸店で見た赤い花

keitou 植物
この記事は約3分で読めます。

 近所のホームセンターに買い物に行ったついでに園芸店に立ち寄った際に見た赤い花をiphone11で撮影した。(2020年9月28日撮影)この花の花名をインターネットで調べましたので紹介します。

 下の写真をご覧ください。

 画像検索で調べると、「Celosia」とでました。さらに詳しく調べると「ケイトウ」と言う名の花のようです。

 Wikipediaより一部抜粋すると、「ケイトウ」は、

ケイトウ (鶏頭鶏冠学名:Celosia argentea) はヒユ科の一年生植物。狭義にはC. argentea f. cristataシノニムC. argentea var. cristata)をいうが、本記事では特に断らない限りC. argentea をケイトウということにする。学名は燃焼という意味のギリシャ語に由来する[1]。ケイトウの花が燃え盛る炎を彷彿とさせるのが根拠と思われる。
からにかけ、赤・桃色・黄色などの花穂ができる。その形状がニワトリ鶏冠(とさか)に似ていることからこの名がついた。花期は6月から9月頃。
【特徴】
ニワトリのトサカに似ていることから「鶏頭」と呼ばれ、花房の先端が平たく帯状や扇状に大きく広がり、よく目立つのが特徴である[3]。
また、猛暑に強く、咲くと花持ちがとても良く、5月から10月頃まで咲く[4]。
ケイトウを含む、セロシア属(Celosia)の植物は、アジア、アフリカ、アメリカの熱帯から亜熱帯に30~60種ほどが分布するが[5]、栽培されるのはこのなかの一種のクリスタータ(C.cristata)やアルゲンテア(C.argentea)とその変種がほとんどである[3]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%A6

 「ケイトウ」の特徴や育て方などに関する記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にしてください。

ケイトウとは - 育て方図鑑 | みんなの趣味の園芸 NHK出版
一般的にケイトウと呼ばれるものは、炎のような鮮やかな花色で秋の花壇を彩り、古くから親しまれているなじみのある花です。ニワトリのトサカに似ていることから「鶏頭」と呼ばれ、花房の先端が平たく帯状や扇状に大きく広がり、これがよく目立つのが大きな特...
夏に強い花、ケイトウの育て方や植え替え、花がらの取り方
ケイトウは、「夏に強い」「元気に咲く」花です。ケイトウの育て方や植え替え、花がらの取り方をご紹介します。ケイトウは咲くと花持ちがとても良いのでお手入れが簡単。ガーデニング初心者にもおすすめの植物です。育て方の簡単なコツを覚えて寒くなるまで長い間楽しみましょう。
ケイトウの花言葉|花の種類や開花時期、見頃の季節は? - HORTI 〜ホルティ〜 by GreenSnap
雄鶏のトサカのような形をした花を咲かせるケイトウ。和風のイメージが強く、花の形も実はいろいろあります。赤やピンクに加えて、爽やかな淡いグリーンや白、オレンジなど洋風のアレンジメントに合う花色も増えてきました。今回はそんなケイトウがどんな花なのか、花言葉や種類、開花時期、見頃の季節などを含めてをご紹介します。

 「ケイトウ」の花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にしてください。

ケイトウの基本情報

写真keitou
学名
Celosia cristata
ヒユ科
属名ケイトウ属
英名Cockscomb
Plumed cockscomb
原産地アジア、アフリカの熱帯地方、インド
開花期7月~11月
花の色
ピンク
オレンジ

別名鶏冠花(ケイカンカ)
韓藍(カラアイ)
セロシア
花言葉ケイトウ全体の花言葉
おしゃれ
気取り屋
風変り
個性
色あせぬ恋

コメント

タイトルとURLをコピーしました