かんたんリンクの初心者向け使い方、もしもアフィリエイとASP案件の大変便利な商品リンク

WordPress
この記事は約12分で読めます。

はじめに

 前回、紹介した商品リンクの作成方法として、バリューコマースのMyLinkBoxについて紹介しましたが、今回は、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングの商品リンクを簡単に作成できるもしもアフィリエイトのかんたんリンクについて紹介します。

 例えば、次のような商品リンクを作成できます。

 この記事を読むと次の疑問について知ることができます。

  • かんたんリンクとは?
  • かんたんリンクの使い方
    • かんたんリンク画面の説明
    • かんたんリンクを記事内への張り込み(テーマCocoonの場合)
    • かんたんリンクをレスポンシブルにするための設定(テーマCocoonの場合)

 OS、機種などで説明の仕方が変わってくることがありますので、私の使用しているパソコン環境について載せておきます。

パソコンOS : Windows10 Pro
Windowsバージョン : 21H1

かんたんリンクとは?

 かんたんリンクとは、前述したように同名商品のAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピンのリンクボタンを簡単に作成してくれるもしもアフィリエイトのASPが発行しているツールです。

 かんたんリンクを利用する際の前提条件として、次のことが挙げられます。

  1. もしもアフィリエイトへの登録が必要
  2. Amazonアソシエイト、楽天、Yahoo!ショッピング、かんたんリンクにボタンを設けたい広告主などとの提携が必要

 かんたんリンクの特徴を次に上げておきます。

  1. Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングなどの複数の広告主のアフィリエイトリンクを同時に貼れるために、報酬の取りこぼしを防ぐことが可能
  2. アフィリエイトリンクの作成や設置の手間の省力化が可能
  3. 運用やメンテナンスが容易
  4. もしアフィリエイトのアカウントを取れば無料で利用が可能

かんたんリンクの使い方

 前述のかんたんリンクの作成には、もしもアフィリエイトへの登録、Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイト、Yahoo!ショッピングとの提携が必要ですが、これらについては既に済んでいるものとして話を進めます。

 もしもアフィリエイトのサイトに移り、「メディア会員ログイン」をクリックすると、ログイン画面が表示されますので、「ログインID」、「パスワード」を記入して、「ログイン」をクリックします。

  もしもアフィリエイトのトップ画面になりますので、上部メニューの「かんたんリンク」をクリックすると、「かんたんリンク」の画面になります。

かんたんリンク画面の説明

 検索欄にかんたんリンクを作成したい商品の名前、キーワードなどを記入して検索すると、関連する商品が表示されるので、目的の商品の画像部分をクリックすると、かんたんリンクの画像が挿入されます。

 また、画像表示サイズを大、中、小から選択し、その下の「HTMLソース(メディア掲載用)」をコピーしてメディアに張り込みます。

 WordoPressの記事などに張り込む場合は、「HTMLソースを1行にする(WordPress対応) 」にチェックを入れます。

 さらに、「レスポンシブを有効にするために、<head>内に以下のタグを設置してください。」とあるので、次のコードをWordPressの<head>内に貼り付けます。

<!-- もしもアフィリエイトかんたんリンクレスポンシブを有効にするためのための設定20211029 -->
<meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0">

かんたんリンクを記事内への張り込み(テーマCocoonの場合)

 上述のかんたんリンクのHTMLソースを「全文コピー」をクリックしてコピーし、貼りたい記事の張り込みたい箇所で編集メニュウの</>をクリックすると、HTMLの記入ウインドウが開くので、そこにかんたんリンクのHTMLコードをペーストして「OK」をクリックします。

 このようにしてかんたんリンクを張り込んだのが「USBメモリ 2TB USB 3.0 高速大容量2000GB フラッシュドライブポータブルメタルサム」の商品リンクです。

かんたんリンクをレスポンシブルにするための設定(テーマCocoonの場合)

 かんたんリンクをレスポンシブルにするための設定は、<head>内に前述のかんたんリンクのタグを貼り付ける必要があります。

 WordPressのテーマなどにより前述で作成した広告タグの張り込み方は異なってきます。

 WordPressのテーマにCocoonを利用している場合は、張り込みはとても簡単で、張り込む場所が指定されており、そこに張り込めばOkです。

 WordPressのダッシュボードからCocoon設定⇒「アクセス解析・認証」タブをクリクし、下にスクロールして「その他のアクセス解析・認証コード設定」の「ヘッダー用コード」欄が2つありますので、これらの中の1つに先程の「かんたんリンクのタグ」を張り込みます。

 張り込む際には、張り込んだタグがどのようなものか後で分かるようにコメント文を入れておいたほうが良いでしょう。

 前述の「<!-- もしもアフィリエイトかんたんリンクレスポンシブを有効にするための設定20211029 -->」の部分がコメント文です。

 最後に、「かんたんリンク」のタグを張り込んだら、忘れずずに「変更をまとめて保存」をクリックしてくださいね!

おわりに

 如何だったでしょうか?

 かんたんリンクとは?、かんたんリンクの使い方、かんたんリンク画面の説明、かんたんリンクを記事内への張り込み(テーマCocoonの場合)、かんたんリンクをレスポンシブルにするための設定(テーマCocoonの場合)などについて解説してきました。

 この記事が少しでもあなたのお役に立てれば、これほど嬉しいことはありません。

以上です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました