JavaScriptとは?、これから始めようとする初心者向けに分かりやすく解説|JavaScript入門講座(1)

JavaScript
この記事は約5分で読めます。

はじめに

 JavaScript入門講座の第一弾として、JavaScriptとは?ついて紹介します。

  この記事を読むと次の疑問について知ることができます。

  • JavaScriptとは?
    • JavaScriptの生い立ち
    • JavaScriptの特徴
  • JavaScriptでできること
  • JavaScriptの使用環境

JavaScriptとは?

 インターネットをしている方であれば、JavaScriptと聞いて分からない方がいないほど良く知られたプロラミング言語だと思います。

 JavaScriptは、Webのブラウザー上で動く唯一のインタープリタ型のスクリプト言語(コンパイルが必要なく、読み込まれながら実行できるプログラミング言語)で。Webデザインでの動的な動きなどを与えるのに利用されます。

 しかし、JavaScriptの詳細について知る人は意外と少ないのではないでしょうか?

 最初に、JavaScriptの生い立ちを見ていきましょう。

JavaScriptの生い立ち

 JavaScriptは、アメリカ合衆国のプログラマーであるブレンダン・アイク氏が1995年4月にネットスケープコミュニケーションズに転職し、ウェブブラウザである Netscape Navigator で動くJavaScriptを開発しました。

 しかしその当時は、LiveScriptという名前でした。

 同時期に、サン・マイクロシステズ社(現オラクル社)からJavaと言う言語が開発され、注目を浴びていたこと、また、ネットスケープコミュニケーションズとサン・マイクロシステズ社は業務提携していたこともあり、LiveScriptをJavaScriptと改名したとのことです。

 したがって、JavaScriptとJavaは全く違うプログラミング言語です。

 JavaScriptは、ブラウザー上で動作することもあり、ブラウザーと共に改良され、発展していったといっても間違いではありません。

 JavaScriptの発表当初は、ブラウザーごとの独自仕様により互換性が低かったのが事実であり、その互換性を高めるためにJavaScriptの標準化が情報通信システム分野の国際的な標準化団体であるEcmaインターナショナルによって進められ、JavaScriptの中核部分はECMAScriptであり、有名なブラウザーではこのECMAScriptを採用しているのが実情です。

 現時点での最新版は、2021年6月22日にES2021(ECMAScript2021年版)となっています。

JavaScriptの特徴

 再度、JavaScriptの特徴について箇条書きにまとめました。

  1. HTMLの中でHTMLの要素を操作可能
    HTML文書中でJavaScriptを走らせることができるので、HTML文書中の要素やCSSのプロパティにアクセスが可能
  2. 操作する側のクライアント環境で実行が可能
    サーバー側から一度送られたJavaScriptコードは送られたクライアントコンピュータ上で実行され、また最近では他の言語と同様にサーバーサイドの言語としても利用が可能
  3. インタープリタ型言語
    HTML文書内に直接JavaScriptコードを書け、コンパイルの必要がない。
  4. 変数の型の柔軟性
    JavaScriptの変数は型を意識しなくても使うことができ、型変換は自動的に行われる柔軟性を持ちます。初心者に優しい。
  5. オブジェクト指向の言語
    ドキュメントやブラウザなどへのアクセスがオブジェクトを使って操作が可能
  6. 初心者向けプログラミング言語
    JavaScriptは、他の言語と比較すると比較的とっつき易い初心者向け言語
  7. マルチ環境に対応
    JavaScriptは、パソコンだけでなくスマホなどでも動くクロスプラットホームな言語
  8. 多くのフレームーワーク・ライブラリーの存在
    JavaScriptは、多くのフレームーワーク・ライブラリーが存在するために、最初からコードを全て書く必要がなく作業の時短が可能

JavaScriptでできること

 JavaScriptでできることの主要な具体的なものを次に載せておきます。

【ユーザーのブラウザー上でできること】

  1. ホップアップウインドウを表示
  2. Google地図などを画面上で自由に動かすこと
  3. 入力したキーワードを入力途中でサジェストキーワードを表示
  4. 画面にスライドバーを入れたり。ボタンを配置して画面を切り替えること
  5. カウントダウンタイマーの作成
  6. お描きツールの作成
  7. スマホアプリの作成
  8. グラフをリアルタイムで動作
  9. Googleのスプレッドシートとの連携
  10. ブラウザーなどの拡張機能の作成
  11. などなど・・・

 以上のようないろいろなことが可能ですが、これからの「JavaScriptの入門講座」では、上記の初歩的なことを実践していきます。

JavaScriptの使用環境

 JavaScriptは、ブラウザーとテキストエディターがあれば利用できますが、ここでは、テキストエディターとしてVSコード(Visual Studio Code)を使います。

 VSコードのダウンロード、インストール、簡単な使い方などは次の記事を参照ください。

 JavaScriptをVSコードを使って実践していく上では、上述の記事でインストールした拡張機能以外に次の拡張機能はインストールしておいてください。

拡張機能意味
Debugger for ChromeChromeでデベロッパーツールを立ち上げなくとも、ステップ実行ができたり、ブレークポイントで止めたり、コンソール出力が見れるツール
Material Icon ThemeファイルのアイコンでHTML、CSS、JSなどの判別ができるツール
JavaScript code snippetsJavaScriptのコードスニペット集

おわりに

 如何だったでしょうか?

 JavaScriptとは?、JavaScriptの生い立ち、JavaScriptの特徴、JavaScriptでできること、JavaScriptの使用環境などについて解説してきました。

 この記事があなたにとって少しでもお役に立てればこれほど嬉しいことはありません。

以上です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました