スポンサーリンク

ヒルザキツキミソウ|散歩で見かけたピンクの野花

ヒルザキツキミソウ 植物
この記事は約3分で読めます。

 散歩の途中で見た野花、ピンクの花を可憐に咲かせていました。iphone11で撮影しました。(2020年5月6日撮影)これを、インターネットで調べてみましたので紹介します。

 下の写真を見て下さい。

 インターネットの画像検索で調べてみると、「ヒルザキツキミソウ」と言う名の野花のようです。

 Wikipediaより抜粋すると、「ヒルザキツキミソウ」は、

ヒルザキツキミソウ(昼咲月見草、学名:Oenothera speciosa)は、アカバナ科マツヨイグサ属多年生植物
【特徴】
草丈は30-60cmくらい。葉は披針形で互生する。5-7月頃に、4-5cmくらいの大きさの、白または薄いピンク色の花を付ける。花弁の数は4枚で、8本の雄蕊と、先端が十字型をした雌蕊がある。
北米原産の帰化植物であり、観賞用として輸入・栽培されていたものが野生化している。名称の由来は、宵に咲くツキミソウと違って、昼間にも開花していることによる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%AB%E3%82%B6%E3%82%AD%E3%83%84%E3%82%AD%E3%83%9F%E3%82%BD%E3%82%A6

とあります。

 「ヒルザキツキミソウ」の特徴や育て方などに関する記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

 「ヒルザキツキミソウ」の花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

ヒルザキツキミソウの基本情報

写真ヒルザキツキミソウ
学名Oenothera speciosa
アカバナ科
属名マツヨイグサ属
英名Pinkladies Showy evening primrose
原産地北アメリカ
開花期4~7月
花の色ピンク
別名エノテラ
花言葉無言の愛
自由な心
固く結ばれた愛
奥深い愛情

コメント

タイトルとURLをコピーしました