スポンサーリンク

ヒルガオ|散歩で見かけた薄ピンク色の花

ヒルガオ 植物
この記事は約4分で読めます。

  散歩の途中で見た薄いピンク色のラッパ状の花を咲かせていた野花について、インターネットで調べてみましたので紹介します。(2020年5月6日撮影)

 下の写真を見てください。

 画像検索で調べると、「ヒルガオ」のようです。

 Wikipediaにより一部抜粋すると、「ヒルガオ」は、

ヒルガオ(昼顔、学名Calystegia japonica、シノニムCalystegia pubescens他)は、ヒルガオ科のつる性植物。夏にアサガオに似た桃色の花を咲かせ、昼になってもがしぼまないことからこの名がある。薬用植物であり、民間では利尿薬として利用した。
【特徴】
日本原産の在来種で[5]北海道から九州までの日本全国に分布し[3]、国外では朝鮮半島中国に分布する[7]。日当たりのよい野原道端線路際、空き地河川敷などに普通に自生する[6][8][5]
地下茎で増殖するつる性多年草[8][1]、地上部は毎年枯れる。白い根茎が地中を走る[8]。切断された茎片からも伸びだし[8]からが伸び始め、にかけて繁茂する。一般的なつる植物は、双葉が出たあとに本葉を出して蔓を伸ばすが、ヒルガオは双葉が出たあと本葉が出る前に、他の植物よりも少しでも早く成長させようと蔓を伸ばしてくる[1]
には長い葉柄があって互生し、葉の長さは10 cmほどの細長い三角形をしている[3]。葉身は矛形や矢はず形で、基部の両側に少し張り出した側片があり、分裂せずに先は尖っている[8][7]
花期は初夏から夏(6月 – 8月)[9]。葉のつけ根から花柄を出して、薄いピンク色で直径5 – 6センチメートル (cm) の花を咲かせる[9][7]。花の形は漏斗形[8]。蔓が伸びるに従い、蔓先へと咲き進む[8]。花は日中に開いて夕方にしぼむ[8]。花のつけ根にあるを包むように大きな2枚のがつく[3]。苞葉が萼を包み込むので、帰化植物のセイヨウヒルガオ(西洋昼顔、学名Convolvulus arvensis)と区別できる。花柄には翼がつかない[7]
果実はふつう結実しない[8][7]。アサガオは自花だけでも受粉をすれば種子をつくるが、ヒルガオのそれは異なり、自分の花(自株)の雄しべ花粉を、自分の雌しべにつけても実ることはなく、種子をつくるためには、他の株の花粉がつかなければならない[4]。そのため、地下茎で増殖するヒルガオにとって、異株がたくさん育っている場所ではない限り、種子を得ることは難しい[4]
アサガオは鑑賞用に栽培される園芸植物であるが、ヒルガオは地下茎が長く伸びて増殖し、一度増えると駆除が難しいため、大半は雑草として扱われる[10][1]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%82%AA

とあります。

 「ヒルガオ」の特徴などに関する記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

 「ヒルガオ」の花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

ヒルガオの基本情報

写真ヒルガオ
学名Calystegia japonica
ヒルガオ科
属名ヒルガオ属
英名Bindweed
原産地日本
開花期6月~8月
花の色薄いピンク色
別名おこり花
つんぶー花
おこりづる
かみなり花
てんき花
雨ふり花
ちち花
かっぽう
上述のように地方により色々呼び名がある
コシカ(鼓子花)
アオイカズラ(葵葛)
花言葉
友達のよしみ
情事

コメント

タイトルとURLをコピーしました