スポンサーリンク

平戸ツツジ|近所の散歩で見かけた薄ピンク、白、ピンクの花

ヒラドツツジ薄ピンク 植物
この記事は約3分で読めます。

 散歩の途中で見かけた薄ピンクの花、ピンクの花、白い花について調べましたので、ここに紹介します。(2020年4月29日撮影)

 下の写真をご覧ください。

 インターネットの画像検索で調べると、「平戸ツツジ」のようです。

 Wikipediaより抜粋すると、「平戸ツツジ」は、

ヒラドツツジとはツツジ科植物の一種。学名Rhododendron × pulchrum ケラマツツジモチツツジキシツツジなどの交配種である。
常緑低木で、4-5月頃に大きな花を開花させる。庭木、公園木、生け垣などに使われる。
古くから長崎県平戸市で栽培されてきたことが名前の由来とされ、1712年に出た『和漢三才図会』にはすでに「ヒラドツツジ」の名で紹介されていた。平戸市の花に定められ、市内の崎方公園には300種からなる原木園がある。
交配が重ねられ数多くの園芸品種がある。オオムラサキもそのひとつである[1]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%A9%E3%83%89%E3%83%84%E3%83%84%E3%82%B8

とあります。

「ヒラドツツジ(平戸ツツジ)とは?開花時期や樹高など特徴をご紹介!」より一部抜粋すると、

長崎県平戸市で栽培されていたケラマツツジを主な親として、リュウキュウツツジ、モチツツジ、キシツツジなどが自然交配と実生を繰り返してできたツツジを、まとめてヒラドツツジと呼びます。丈夫で刈り込みに耐え芽吹きが良いことから、公園や街路樹などにもよく利用されています。

https://botanica-media.jp/853

とあります。

 「平戸ツツジ」の特徴や育て方についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

「平戸ツツジ」の花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

平戸ツツジの基本情報

写真ヒラドツツジ薄ピンク
学名Rhododendron pulchrum
ツツジ科
属名ツツジ属
英名Snow azalea
原産地長崎県平戸市
開花期4〜5月頃
花の色
ピンク

赤紫
別名ヒラドツツジ
花言葉恋の喜び
節度
慎み

コメント

タイトルとURLをコピーしました