スポンサーリンク

ヒガンバナ|近所を散歩していて見かけた奇麗な赤い花、白い花

ヒガンバナ 植物
この記事は約4分で読めます。

 近所を散歩していて見かけた奇麗な赤い花をiphone11で撮影しました。(2020年9月23日撮影)また、近所で白い同様な花を見ましたこちらもiphone11で撮影しました。(2020年9月28日撮影)これらの花名をインターネットで調べましたので紹介します。

 下の写真は2020年9月28日撮影した白い花です。

 画像検索で調べると、「ヒガンバナ属」とでました。さらに詳しく調べると、白い「ヒガンバナ」であることが分かりました。

 下の写真は2020年9月23日撮影した赤い花です。

 画像検索で調べると、「ヒガンバナ」とでました。特徴ある花の形をしていますので、このような花の場合は容易に調べることができます。

 Wikipediaより一部抜粋すると、「ヒガンバナ」は、

ヒガンバナ(彼岸花、石蒜、学名 : Lycoris radiata[1])は、ヒガンバナ科[注釈 1]ヒガンバナ属多年草である。別名は曼珠沙華(マンジュシャゲ)、学名からリコリス・ラジアータとも呼ばれる。中国原産で、日本全国の道端や田んぼのあぜなどに群生し、秋の彼岸のころに、花茎の先に強く反り返った鮮やかな赤い花だけが咲き、秋の終わりに葉が伸びて夏に枯れるという、多年草としては珍しい性質を持っている。地下の鱗茎(球根)に強い毒性がある有毒植物であるが、かつて救荒作物として鱗茎のデンプンを毒抜きして食べられていた。
【特徴】
全草有毒多年生球根性植物[6]。地下にはタマネギのような小ぶりの鱗茎があり、卵状球形で外皮が黒く、下方にやや太くて白いひげ根がある[4][6]
花期は秋の彼岸のころ(9月中旬)で、土中の花芽は温度の変化だけを感じて季節を知り[7]、葉よりも先に地上から花茎を出して、散形花序で真っ赤な6弁の花を放射状(輪状)に数個つけて咲く[6][5]。その姿は独特で、高さ30 – 60センチメートル (cm) [3]もない花茎が地上に突出し、その先端にに包まれた花序が一つだけ付く。苞が破れると5 – 7個前後の花が顔を出す[16]。花は短いがあって横を向いて開き、全体としては全ての花が輪生状に外向きに並ぶ。花径は5 – 15 cmほどある[5]。一つの花には、花被片(花弁)が6個つき[16]、長さ40ミリメートル (mm) 、幅約5 mmと細長く、大きく反り返る[5]雄しべは6本、雌しべが1本あり、ともに花外に長く突き出る[6]。ヒガンバナのは5月中頃には鱗茎の中につくり、葉がなくとも地下にある鱗茎に蓄えた栄養分を使って花茎を伸ばし、地上から顔を出してから1週間ほどで花を咲かすことができる[17]
種子はできず、花後に花茎がなくなると(10月ごろ)葉が伸び出す[4][6][5]は線形で濃緑色で光沢があり、中脈と葉の裏側が白っぽい[6][5]。晩秋に鱗茎1個から長さ30 – 50 cm の細い葉をロゼット状に数枚出して、緑を保ったまま冬を越し、ほかの植物が葉を茂りだす初夏(4 – 6月ころ)に葉を枯らして、地上部は見えなくなる[4][6][10]
日本のヒガンバナは種子をつくらない、自然の中で生まれた三倍体植物の代表的な種である[14]。ただし、ふつうは結実することはないが、ごく稀に種子ができることもあるとも言われている[18]。種子をつくらない代わりに、土の中で球根をつくって株分けして繁殖してきたため、遺伝的には同一遺伝子をもち、同じ地域の個体は開花期や花の大きさや色、草丈がほぼ同じように揃う[14]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%8A

 「ヒガンバナ」の特徴や育て方などに関する記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にしてください。

 「ヒガンバナ」の花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のあるい方は参考にして下さい。

ヒガンバナの基本情報

写真ヒガンバナ
学名
Lycoris radiata
ヒガンバナ科
属名ヒガンバナ属(リコリス属)
英名red spider lily
原産地日本、中国
開花期7月中旬~10月中旬
花の色
ピンク

別名マンジュシャゲ(曼珠沙華)
リコリス
花言葉ヒガンバナ全体の花言葉
情熱
あきらめ
独立
白いヒガンバナの花言葉
また会う日を楽しみに
思うはあなた一人
赤いヒガンバナの花言葉
情熱
あきらめ
独立
黄色のヒガンバナの花言葉
追想
深い思いやり
陽気
元気な心
ピンク色のヒガンバナ属の花言葉
深い思いやり
あなたのために何でもします
快い楽しさ
楽しむ
悲しい思い出
オレンジ色のヒガンバナ属の花言葉
妖艶

コメント

タイトルとURLをコピーしました