スポンサーリンク

ヘラオオバコ|散歩で見かけた野草

ヘラオオバコ 植物
この記事は約3分で読めます。

 散歩した際に変わった野草をiphone11で撮影し、その後インタネットで調べたので紹介します。(2020年5月15日撮影)

 下の写真をご覧ください。

 画像検索によると、「ヘラオオバコ」と言う名の雑草のようです。

 Wikipediaより一部抜粋すると、「ヘラオオバコ」は、

ヘラオオバコ (箆大葉子、Plantago lanceolata)は、オオバコ科オオバコ属の植物である。ヨーロッパ原産の雑草で、日本では帰化植物である[1]
【特徴】
和名は、オオバコのなかまの植物で、葉がへらのような形なことに由来する[2]。 は細長いへら状で細長く、長い毛があり[2]、水平から斜め上に放射状に伸ばす。その上へ茎を幾本もひょろひょろと30 – 50センチメートル (cm) くらいに伸ばして花穂をつけ、高いものは70 cmになる[2]。花序の長さはオオバコよりも短い[2]。花期は春から夏にかけて[2]。穂には小さな花が密生しており、下から上へと次々に咲き上がっていく。穂の周りに細い糸に支えられてつき、白い輪のように目立つのはおしべである。オオバコより大きく高いが、オオバコのような踏みつけ耐性はない。
花粉症の原因植物になる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%A9%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%83%90%E3%82%B3

とのことです。

 「ヘラオオバコ」の特徴に関する記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

  「ヘラオオバコ」の花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

ヘラオオバコの基本情報

写真ヘラオオバコ
学名
Plantago lanceolata
オオバコ科
属名 オオバコ属
英名Ribwort Plantain
English Plantain
原産地ヨーロッパ
開花期6〜7月
花の色
別名ナキリッパ
花言葉素直な心
惑わせないで
繊細な美

コメント

タイトルとURLをコピーしました