スポンサーリンク

ヘクソカズラ|近所を散歩していて見かけた白い花

植物
この記事は約4分で読めます。

 近所を散歩していて周りが白で中心部があずき色の小さな野花をiphone11で撮影しました。(2020年9月9日撮影)これをインターネットで調べたので紹介します。

 下の写真をご覧ください。

 画像検索で調べると、「ヘクソカズラ」と言う名の野花のようです。

 Wikipediaより一部抜粋すると、「ヘクソカズラ」は、

ヘクソカズラ(屁糞葛、学名Paederia scandens)は、アカネ科ヘクソカズラ属(つる)性多年草で、やぶや道端など至る所に生える雑草。夏に中心部が赤紅色の白い小花を咲かせる。など全草を傷つけると、悪臭を放つことから屁屎葛(ヘクソカズラ)の名がある。別名で、ヤイトバナサオトメバナともよばれる。
【形態・生態】
つる性の多年草[8]。大きさ、艶、毛の有無など、変異が多い[9]。葉や果実を揉むとおなら大便のような臭いがすると言われ[10]、全体に傷つけると特異な悪臭があるが[9]、傷をつけなければ悪臭はない[11]
は蔓になり、太くなると木質化し、左巻きに他物に絡みつく[9][4]は蔓性の茎に対生[9]、形は披針形から広卵形で、やや細長いハート形をしており[11]、葉縁は全縁葉柄の基部には三角形の托葉がつく[12]。秋には葉は黄色く黄葉する[11]
期は夏から秋ころ(7 – 9月)で、葉腋から短い花序を出して[9]、2出集散花序を形成して、花弁花冠が白く、内面中心が紅色のを多数咲かせる[13][8]。花形は漏斗形で、花冠は浅く5裂する[12]。花の色や形には微妙に個体差があり、花びらが広がるタイプや後方へ反り返るタイプがあったり、赤い部分の面積にも大小がある[14]
果実は、径6ミリメートル (mm) ほどの球形で、潰すと強い臭気があり、熟すと緑色から黄褐色・薄茶色になり[12]、秋から冬にかけてよく見かける[9]果皮が変形した偽果皮で、果実の中にある2個の核は分果に相当する[8]。分果は腹面がくぼむ椀形で表面は粗く、中には1個の種子が入る[8]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%82%AB%E3%82%BA%E3%83%A9

とあります。

 「ヘクソカズラ」の特徴などについての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

 「ヘクソカズラ」の花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

ヘクソカズラの基本情報

写真
学名
Paederia scandens
アカネ科
属名ヘクソカズラ属
英名Skunkvine
Stinkvine
Chinese fever vine
原産地日本、中国、朝鮮半島
開花期7~9月
花の色白(中心は紅紫色)
別名灸花(ヤイトバナ)
早乙女花(サオトメバナ)
花言葉人嫌い
意外性のある
誤解を解きたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました