スポンサーリンク

ハツユキソウ|近所を散歩して見かけた小さな白い花

ハツユキソウ_result 植物
この記事は約3分で読めます。

 近所を散歩していて周りが白で中心に沿って緑の筋が入った葉で、良く見ると小さな白い花を付けた変わった植物をiphone11で撮影しました。(2020年8月24日撮影)

 下の写真をご覧ください。

 画像検索で調べると、「ハツユキソウ」と言う名の植物のようです。

 Wikipediaより一部抜粋すると、「ハツユキソウ」は、

ハツユキソウ(初雪草、学名:Euphorbia marginata)は、トウダイグサ科トウダイグサ属一年草[3]。和名はの花期になると頂部の葉が白く縁取られてよく目立ち、その姿を雪をかぶった様子に例えたものである[4]。観賞用に栽培される。
【特徴】
草丈は30cm[5]~最大1mほど[2][3]は直立して上部で叉状に分枝し、は丸みを帯びた長楕円形で、無柄、淡黄緑色である[2][3][6]7月8月になると上部の葉がやや密集して葉縁が白くなり(白覆輪)、株全体が緑と白のコントラストに美しく彩られる[2][3][4]。同じ頃に開花期を迎え[6]、それぞれ極端に退化した雌花一個に雄花数個が集合して総苞に包まれた杯状花序と呼ばれるトウダイグサ属に特有の花を散形状に咲かせるが[2]、花は小さくて観賞価値は低く[2]、専ら葉を楽しむ[3]。花の後に蒴果を結び、9月頃に裂開して白黄色の種子を飛散させ繁殖する[2]
他のトウダイグサ属と同様、茎や葉の切り口から出る白い乳液には毒性があり、肌に付着するとかぶれることがある[4]
唯一の園芸品種として ‘氷河’(‘Hyouga’)がある[2][3]。基本種に比べて斑の入りが深く、着色も早く、花壇に集団で育てると美しく、また切り花にもよい[7]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%84%E3%83%A6%E3%82%AD%E3%82%BD%E3%82%A6

とあります。

 「ハツユキソウ」の特徴や育て方などに関する記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

 「ハツユキソウ」の花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

ハツユキソウの基本情報

写真ハツユキソウ
学名
Euphorbia marginata
トウダイグサ科
属名ユーフォルビア属
英名snow on the mountain
原産地北アメリカ大陸ミネソタ・コロラド・テキサス
開花期6月〜9月
花の色
別名ユーフォルビア・マルギナタ(Euphorbia marginata)
ユーホルビア(Euphorbia)
ゴーストウィード(ghost weed)
スノーオンザマウンテン(Snow on the mountain)
花言葉祝福
好奇心
穏やかな生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました