スポンサーリンク

ハナスベリヒユ|近所の散歩で見かけたオレンジとピンクの花

スベリヒユオレンジ 植物
この記事は約5分で読めます。

 近所を散歩していて葉っぱが滑々したピンクとオレンジの花を見かけたのでiphone11で撮影しました。(2020年9月7日撮影)これをインターネットで調べたので紹介します。

 下の写真をご覧ください。

 画像検索で調べると、「スベリヒユ」と出ました。さらに詳しく調べると「ハナスベリヒユ」と言う名の花のようです。

 Wikipediaより一部抜粋すると、「スベリヒユ」は、

スベリヒユ(滑莧、滑り莧、学名Portulaca oleracea[2])は、スベリヒユ科スベリヒユ属一年生植物。代表的なC4植物としても知られる[3]
【形態・生態】
一年生草本[10]。全体に肉質で無毛、は赤紫色を帯び、根元から分岐して地を這い、斜めに立って枝分かれする[10][8]は小さく、長円形のへら形、全縁で肉質で、柄はごく短く互生する[10][8]
花期はから初秋で[6]、枝先に集まっている葉の間に、5弁の小さな黄色いを咲かせる[10][8]。花径は6 – 7ミリメートルほどで[11]、日が当たると花が開く[10]。花弁はふつう5個、雄しべに触れると動く[6]果実は、熟すと上半分が帽子状に取れるカプセル状の蓋果で、中から極小の黒色の種子が多数落ちて散布される[10][8][12]。多くの種をつけることが知られており、大きな株で24万個という記録もある[3]
雑草として引き抜いて置いても、茎葉はしおれず、容易には枯れない強さがある[10]。寒さに弱く、種子は気温が高くならないと発芽しない[10]C4型光合成を行なうと同時にCAM型光合成(CAM[13])を行う多肉植物で[14]光合成に必要な二酸化炭素を夜間に気孔を開いて取り込む性質があり、昼間は気孔を開かずに取り込んだ二酸化炭素で光合成をするため、乾燥した土地でも水分の蒸散を極力少なくできると考えられている[3]。このため、液胞に蓄積されたリンゴ酸に由来する酸味があり、ぬめりのある独特の食感を持つ。
【近縁種】
ハナスベリヒユPortulaca oleracea L. x P. pilosa L. subsp. grandiflora (Hook.) R.Geesink[19]花が大きく花卉園芸用によく使われ、スベリヒユ属の学名に由来した「ポーチュラカ」の名で親しまれる。花は2cmから3cm程度、色は多彩で白や黄、桃色、薄紅色などの種類がある。温暖な間は常に連続的に花を付けるが、不稔。[要出典]高温と乾燥に強いが、多湿や寒さには強くない。性質的にもスベリヒユと近く、丈夫で手のかからない園芸植物である。スベリヒユと同様に生でも加熱しても食用可能。ω-3脂肪酸も多く含み医学的効果も期待される。スープにすると独特のぬめりがある。また実も生で食用にしたり、パンに混ぜたりして使う[20]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%A6#%E8%BF%91%E7%B8%81%E7%A8%AE

とあります。

 「ハナスベリヒユ」の特徴や育て方などに関する記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

 「ハナスベリヒユ」の花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

ハナスベリヒユの基本情報

写真スベリヒユオレンジ
学名
Portulaca oleracea
スベリヒユ科
属名スベリヒユ属
英名Green purslane
原産地世界の熱帯から温帯
開花期6月~10月
花の色
ピンク

オレンジ
赤紫
別名ポーチュラカ
花言葉無邪気
いつも元気
自然を愛する

コメント

タイトルとURLをコピーしました