スポンサーリンク

ツバキ|近所の散歩で見かけたピンクの花

ツバキピンク 植物
この記事は約5分で読めます。

 近所の散歩で見かけたピンクの花、ツバキについて調べましたので、ここに紹介します。(2020年4月14日撮影)

 下の写真を見てください。


 「ツバキ」について、Wikipediaから一部抜粋によると、

ツバキ(椿、海柘榴)[3]またはヤブツバキ[2](藪椿、学名: Camellia japonica)は、ツバキ科ツバキ属常緑樹照葉樹林の代表的な樹木。
【形態・生態】
常緑性の高木で、普通は高さ5 – 10メートル (m) 前後になり[4]、高いものでは樹高15 mにもなる[9]。ただしその成長は遅く、寿命は長い。樹皮はなめらかで灰白色[10]、時に細かな突起がまばらに出る。はよくわかれる。冬芽は線状楕円形で先端はとがり、円頭の鱗片が折り重なる。鱗片の外側には細かい伏せたがある。鱗片は枝が伸びると脱落する。
互生し、長さ8センチメートル (cm) 、幅4 cmほどの長楕円形で、先端は尖り、基部は広いくさび形[9]、縁には細かい鋸歯が並ぶ。葉質は厚くて表面は濃緑色でつやがあり、裏面はやや色が薄い緑色で、表裏面ともに無毛である[9]
期はからにかけて(2月 – 3月ごろ)[4]、早咲きのものは冬さなかに咲く。花は紅色の5弁花で、下向きに咲かせる[4]。花弁は1枚ごとに独立した離弁花だが、5枚の花弁と多くの雄しべが合着した筒形になっていて、花全体がまとまって落花する[9]果実は球形で、中には黒褐色の種子が入る[4]

https://ja.wikipedia.org/wiki/ツバキ

とのことです。

 「ツバキ」に関する特徴、育て方などの記事を3つほど載せますので参考にして下さい。

 椿(ツバキ)は日本原産の植物であり、江戸時代から庶民に親しまれる、冬の健気な代表花で、日本を代表する美しい花木の一つとなっています。椿(ツバキ)は光沢のある緑色の厚い葉と、その周囲にある上向きの細かいギザギザが特徴です。

https://lovegreen.net/languageofflower/p21586/

 この部分は、「椿(ツバキ)の花言葉|種類、特徴、色別の椿(ツバキ)の花言葉」から一部引用させていただきました。

 私が見た「ツバキ」は、千重咲きの乙女椿(オトメツバキ)と呼ばれる品種のようです。

 「ツバキ」の花言葉に関する記事を3つほど載せますので参考にして下さい。

ツバキの基本情報

写真ツバキピンク
学名Camellia japonica
ツバキ科
属名ツバキ属
英名Camellia japonica
原産地日本
開花期 11月~12月
2月~4月
花の色

ピンク

複色
など
別名藪椿(ヤブツバキ)
耐冬花(タイトウカ)
花言葉椿全般:「気取らない優美な様子」「誇り」「控えめな素晴らしさ」など
赤い椿:「控えめな素晴らしさ」「気取らない優美さ」「謙虚な美徳」など
白椿:「完全なる美しさ」「至上の愛らしさ」「申し分のない魅力」など
ピンクの椿:「控えめな美」「控えめな愛」「慎み深い」など
タイトルとURLをコピーしました