スポンサーリンク

チューリップ|自宅で咲く花、赤色、黄色、白色、紫色

チューリップ白
この記事は約4分で読めます。

  下のチューリップの写真は、2020年4月6日と8日に撮影した自宅に咲いているチューリップです。赤、白、黄色、ピンク、紫色などきれいな色で咲いています。

 Wikipediaによると、

チューリップ英語: tulip [ˈt(j)uːlɪp])はユリ科チューリップ属の植物球根が出来、形態は有皮鱗茎。和名は鬱金香(うこんこう、うっこんこう)、中近東ではラーレトルコ語: lale、ペルシア語: لاله‎ など)と呼ばれる。アナトリアイランからパミール高原ヒンドゥークシュ山脈カザフスタンステップ地帯が原産

https://ja.wikipedia.org/wiki/チューリップ

とあります。

 「チューリップ」の特徴は、花も葉もシンプルで美しく、世界中で人気のある球根植物です。これまでに数えられないほどの品種が誕生し、現在の品種リストには5000を超える品種が登録され、およそ1000品種が世界中で育てられています。品種は、開花期の早生、中生、晩生そして原種の4つに大別され、さらに来歴、花形と草姿などによって15系統に分類されています。例えば、一重咲き、八重咲き、ユリ咲き、フリンジ咲き、パーロット咲きなどがあります。この部分の記述は「チューリップとは – 育て方図鑑 | みんなの趣味の園芸 NHK出版| みんなの趣味の園芸 NHK出版」から一部を抜粋させていただきました。

  チューリップの育て方に関する記事を、3つほど次に示しますので参考にして下さい。

 チューリップの名前の由来は、ペルシャ古語で頭巾を意味する「tulipan(ツルバン)」を語源とし、頭に巻くターバンとチューリップの花姿が似ていることに由来するともいわれます。この部分は、「チューリップの花言葉」から一部を抜粋して載せさせていただきました。

 「チューリップ」の花言葉に関する記事を、次に3つほど示しますので参考にして下さい。

チューリップの基本情報

写真チューリップ白
学名Tulipa spp.
ユリ科
属名チューリップ属
英名Tulip
原産地中央アジア
北アフリカ
開花期3月~5月
花の色
ピンク


オレンジ




複色
など
別名鬱金香(ウッコンコウ)
花言葉チューリップ全般の花言葉:思いやり
赤いチューリップの花言葉:愛の告白
黄色いチューリップの花言葉:望みのない恋、名声
白いチューリップの花言葉:失われた愛
紫のチューリップの花言葉:不滅の愛
ピンクのチューリップの花言葉:愛の芽生え、誠実な愛

コメント

タイトルとURLをコピーしました