スポンサーリンク

ビオラ|近所の散歩の途中で見た奇麗で可憐な花

ビオラ
この記事は約2分で読めます。

 近所で見かけた花について書いていきます。今回の花はビオラです。これも自宅からショッピングに出かける途中で見かけた花です。一株だけだとそれほど目立たないですが、黄色、紫、薄紫などまとめて植えていると奇麗です、(2020年3月21日撮影)

 下の写真を見てください。

 ビオラをインターネットで調べると、スミレ科スミレ属のラテン語名で、園芸上はパンジーの小輪多花性種をヴィオラ(ビオラ)と呼んでいるそうです。一部の中輪系品種もビオラとして流通することがあり、また原種に近いものもビオラと呼ぶことがあるそうです。

 ビオラの特徴ととしては、豪華さよりも可憐な印象で冬~春の庭を彩ります。パンジーに比べ花つきがよく、株もまとまりやすいので、寄せ植えにはビオラのほうが扱いやすいそうです。花色も青と緑系以外はすべて揃い、イメージに合わせて選択できます。古くから改良が盛んに行われ毎年数多くの品種が生まれています。パンジーよりも耐寒性が強いので陽だまりなら冬でも花があがってきます。

 「ビオラ」について、さらに詳細を知りたい方は次の記事を参照ください。

 また、「ビオラ」の花言葉に関しては、次の記事を参照ください。

ビオラの基本情報

写真ビオラ
学名Viola
スミレ科
属名スミレ属
英名 Viola
原産地ヨーロッパ
開花期9月~翌年5月
花の色





別名花壇の女王
三色菫(サンシキスミレ)
パンジー
花言葉誠実
信頼

コメント

タイトルとURLをコピーしました