スポンサーリンク

ハゴロモルコウソウ|近所を散歩していて見かけた赤い花

ハゴロモルコウソウ 植物
この記事は約3分で読めます。

 近所を散歩していて見かけたつる性の赤い花をiphone11で撮影しました。(2020年8月25日撮影)それをインターネットで調べたので紹介します。

 下の写真をご覧ください。

 画像検索で調べると、「ハゴロモルコウソウ」と言う名のつる性の植物のようです。

 Wikipediaには、「ハゴロモルコウソウ」はありませんでした。「ハゴロモルコウソウ」は「ルコウソウ」と「マルバルコウ」の交配種とのことです。

 「ルコウソウ」のWikipediaより一部抜粋すると、

ルコウソウ(縷紅草、学名:Ipomoea quamoclit)とは、ヒルガオ科サツマイモ属の非耐寒性つる性多年草である。
【特徴】
原産は熱帯アメリカであり、アサガオなどと同じように冬になり気温が下がると枯れてしまうため、園芸では春蒔きの一年草として扱われる。
葉は細く、羽状で、花は星型で直径2cmほどである。花色は白色、赤色、ピンク色などが一般的である。
花言葉は〔常に愛らしい〕。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%82%BD%E3%82%A6

 また、「マルバルコウ」のWikipediaより一部抜粋すると、

マルバルコウ(丸葉縷紅[4]学名Ipomoea coccinea)は、ヒルガオ科サツマイモ属に分類される一年性植物の一
和名は、ルコウソウの仲間で葉が丸いことから[5]マルバルコウソウと表記される場合もある。
【形態・生態】
つる性植物で、さまざまなものにからまりながら長さ3mほどまで伸びる。
は、卵形で先が尖り、基部は心形[6][4]。よく似たツタノハルコウ英語版)の葉は深裂する[7]
赤色で、虫媒花である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%82%A6

とあります。

 「ハゴロモルコウソウ」の特徴や育て方などに関する記事を3つほど載せますので、興味のある方はご覧ください。

 「ハゴロモルコウソウ」の花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のある方はご覧ください。

ハゴロモルコウソウの基本情報

写真ハゴロモルコウソウ
学名
Quamoclit x sloteri
ヒルガオ科
属名ルコウソウ属
英名Cardinal climber
原産地アメリカ(園芸種)
開花期7~11月
花の色
別名紅葉葉縷紅草(モミジバルコウソウ)
花言葉常に愛らしい
世話好き
私は忙しい

コメント

タイトルとURLをコピーしました