スポンサーリンク

ギョリュウバイ|近所の散歩で見かけたピンクの花

ギョリュウバイ 植物
この記事は約3分で読めます。

 近所の散歩で見かけた枝にびっしりとピンクの花をつけて咲く花をiphone11で撮影しました。その後、インターネットで調べたので紹介します。

 下の写真をご覧ください。

 画像検索で調べてみると、「ギョリュウバイ」と言う名の花木のようです。

 Wikipediaより一部抜粋すると、「ギョリュウバイ」は、

ギョリュウバイ(檉柳梅、学名:Leptospermum scoparium)はフトモモ科ギョリュウバイ属常緑低木
【特徴】
桃色のが美しいため栽培される。ニュージーランドオーストラリア南東部原産。
ギョリュウバイの名は、ギョリュウに似て葉が小さく、花がウメに似ることから。ギョリュウ科のギョリュウ(檉柳)ともバラ科ウメとも関係がない。針葉樹ネズに似るのでネズモドキの別名もある。またマオリ語マヌカManuka)ともいう。葉がお茶や煎じ薬として利用されてきたことからティーツリー(英語では”Tea tree“)ともいうが、アロマテラピーで利用されている同名のハーブ(学名Melaleuca alternifolia)とは同じフトモモ科であるものの、別種である。そこでこれらを区別するために、ギョリュウバイは、New Zealand teatreeとも呼ばれる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%A7%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%83%90%E3%82%A4

とのことです。

 「ギョリュウバイ」の特徴や育て方などに関する記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

 「ギョリュウバイ」の花言葉についての記事を3つほど載せますので、興味のある方は参考にして下さい。

ギョリュウバイの花言葉|マヌカの花なの?種類や効能は? - HORTI 〜ホルティ〜 by GreenSnap
殺菌効果が高く、健康にもよいことから最近流行しているマヌカハニー。その原料となるのが、ギョリュウバイの花の蜜です。梅のように小さな、濃いピンク色の花を咲かせます。常緑樹で、樹高の高いものや低いものがあるので、鉢植えや地植...
1月28日の誕生花 ギョリュウバイ(魚柳梅、御柳梅)の花言葉「蜜月」、お茶とハチミツを手に入れた開拓者の「華やいだ生活」 - 弥生おばさんのガーデニングノート「花と緑の365日」:楽天ブログ
冬から晩春にかけて、先が鋭く尖ってちくちくする短い線形の葉をつけた細長い枝に、白や赤、ピンクの一重や八重の花がにぎやかに咲き、一重の白い花から蜂蜜(マヌカハニー)がとれます。1月28日の誕生花は、愛ら
ギョリュウバイ (御柳梅) 花言葉・誕生花・国花
ギョリュウバイ (御柳梅) は「ウメ(梅)」に似た小さな花をを枝いっぱいに咲かせる常緑低木で、葉は「ギョリュウ」に似ており、ニュージーランドの国花とされ…花色は深紅・ピンク・白などがあり、一重咲き・八重咲き、高性種・矮性種など…ギョリュウバイ (御柳梅) 花言葉・誕生花・国花…

ギョリュウバイの基本情報

写真ギョリュウバイ
学名
Leptospermum scoparium
フトモモ科
属名ギョリュウバイ属
英名Manuka
Tea tree
原産地ニュージーランド
オーストラリア
マレー諸島
開花期4〜5月
花の色ピンク

別名ティーツリー
ネズモドキ
花言葉人見知り
華やいだ生活
素朴な強さ
濃厚な愛

コメント

タイトルとURLをコピーしました