スポンサーリンク

Google Search Consoleの登録、Cocoonへの設定|超初心者の挑戦

グーグルサーチコンソール Cocoon
この記事は約4分で読めます。

はじめに

エイじー
エイじー

こんにちは、超初心者のエイじーです。

エイじー
エイじー

Google Search Consoleという便利なツールがあるそうじゃが、どのようなものなんじゃ。

先生
先生

SEO対策として、あなたのURLの検索、クリック数などの検索パフォーマンス、サイトマップの登録、URL検査などその他いろいろ便利な機能があるわ。

ということで、今回はGoogle Search Consoleを登録して、登録して得た「Google Search Console ID」をCocoonに設定し(今回は、これは必要なしでした。)、サイトマップを作成し、サイトマップを登録するまでの内容を紹介します。

 この記事を書くにあたり、次の2つの記事を参考にしました。これらの記事を書かれた筆者の方に感謝を申し上げます。

Google Search Consoleの登録

 Googleアカウントはすでに登録済みであることで話を進めます。もし、登録がまだの方は、次の記事を参考にして下さい。

 先ずは、Google Search Consoleに移動します。次をクリックして下さい。

 「今すぐ開始」をクリックします。

 Google Search Consoleへようこその画面で、プロパティタイプとして「URLプレフィックス「」を選択し、ご自分のサイトのURLを入力し、「続行」をクリックします。

 「所有権を自動確認しました」とでましたら、「プロパティに移動」をクリックします。

 「新しいGoogle Search Consoleへようこそ」がでますので、「開始」をクリックします。

 すると、上のようなGoogle Search Consoleのサマリー画面が出てきました。参考にした記事ではCocoonにGoogle Search Console IDを登録するように書かれていましたが、その必要もなくGoogle Search Consoleが使えるようになりました。

 これは、GoogleタグマネージャをすでにCocoonに設定していたことによるのではないかと思います。

サイトマップの作成

 サイトマップの作成に関する記事を見ていると、「Google XML Sitemaps」と言うプラグインがあるようなので、これを使ってサイトマップを作成します。

 サイトマップの作成に関して参考にした記事は、次の記事です。

 Wordpress の管理メニューでプラグイン一覧をクリックします。

 プラグイン画面で「新規追加」をクリックします。

 プラグイン追加画面でキーワードに「Google XML Sitemaps」と入力してでてくる「Google XML Sitemaps」の「今すぐインストール」をクリックし、「有効化」をクリックします。次のようなプラグイン一覧画面に「Google XML Sitemaps」を見ることができます。さらに、「Google XML Sitemaps」の設定をクリックします。

 サイトのインデスクファイル(https://yanai-ke.com/sitemap.xml)が作成されていることが分かります。

サイトマップの追加

 Google Search Consoleのサマリー画面の左の「サイトマップ」をクリックします。

 サイトマップの画面で新しいサイトマップの追加に「sitemap.xml」を記入します。そして、「送信」をクリックします。

 「サイトマップを送信しました」とでるので、「OK」をクリックします。

 サイトマップを送信した結果が「成功しました」となっていることが分かります。

おわりに

エイじー
エイじー

これで、Google Search Consoleも使えるようになったということじゃな。

 ただ、Google Search Console内の検索パフォーマンス、カバレッジは最低1日はかかるようですので、登録してすぐには使えないようです。

 数日経過してから再度Google Search Consoleに入ってみて、検索パフォーマンス、カバレッジなどがどうなっているか見てみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました