エクアド実践記|エクアド第7回目の実践記録、ライバルが弱い穴場キーワードを絞り込む方法の実践、その他

ekuado7kaime エクアド実践記
この記事は約6分で読めます。

はじめに

 こんにちは、エイじーです。(^O^)

 今回のエクアド第7回目の実践記録は、2021年1月6日に実践したことを紹介したいと思います。

エクアド第7回目に実践したこと

 エクアド第7回目に実践したことは、次の通りです。

●お宝キーワード自動判定ツールを用いた自分の記事内のKWの絞り込み抽出。
●教材実践編Step1ー1キーワード選定偏のライバルが弱い穴場キーワードを絞り込む方法の実践
●エクアド実践記4の執筆。

 順を追って実践したことを紹介していきます。

お宝キーワード自動判定ツールを用いた自分の記事内のKWの絞り込み抽出

 前日に仕込んでいたお宝KWの自動抽出はすべて終了していたので、それを全て取り出し、お宝キーワードツール判定シートにペーストして、得た獲得したお宝キーワードは次の通り。
 お花見関係のお宝KW : 1個
 藤の花関係のお宝KW : 24個
 ネモフィラ関係のお宝KW : 9個

 この実際の手順、使い方などについては、次の記事を参照。

教材実践編Step1ー1キーワード選定偏のライバルが弱い穴場キーワードを絞り込む方法の実践

① Goodkeyword、キーワードプランナー、お宝キーワード自動判定ツールを使う方法

 先ず、教材に記されている「Goodkeyword」は「ラッコキーワード」に統合されていますので、「Goodkeyword」は、「ラッコキーワード」に置き換えて読むようにしてください。

 この方法は、「お宝キーワード自動判定ツールを用いた自分の記事内のKWの絞り込み抽出」でお宝キーワードを見つけていく方法です。

 その手順は、次の通りです。

  1. 自分が記事に書けそうなキーワード(KW)を選択し、Yahoo!検索した際に虫眼鏡キーワードなどが数多くあることを確認
    教材では、「車中泊」を例にとっていますが、KWは自分が書けそうなKWをネタ元サイトから選択して下さい。
    次の記事を参照。
    エクアド実践記|エクアド第2回目の実践記録、キーワードの選定
  2. このキーワードを「ラッコキーワード」の検索欄に入力して、検索されたKW群を右上の方にある「全キーワードコピー(重複除去)」をクリックして、クリップボートにコピーしておきます。
  3. Googleキーワードプランナーを立ち上げ、「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリックし、「検索のボリュームと予測のデータを確認する」のKW欄に先ほどコピーしたKW群をペーストし、「開始する」をクリックします。
  4. 検索KWに対する予測データが表示されますが、上部の「過去の指標」タブをクリックし、検索KWに対する「月間検索平均ボリューム」を表示させます。
    この時に、必要のない表示を消すために、右上の三本の縦線マーク(下に表示項目と記されている)をクリックし、表示項目の変更から「月間検索平均ボリューム」のみにチェックを入れ、「適用」ををクリックします。そうすることにより、KWとKWに対する「月間検索平均ボリューム」しか表示されなくなります。
  5. この画面で一番下までスクロールして、表示する行数を100⇒500に変更します。
  6. この検索画面を元に戻し、タイトルの「月間検索平均ボリューム」をクリックして、月間検索平均ボリュームが大きい順に並べ替えます。
  7. 月間検索平均ボリュームが「100~1000」のKWと月間検索平均ボリュームを全てコピーします。
  8. コピーした「KWと月間検索平均ボリューム」をGoogleシートに貼り付けます。
  9. 貼り付けられたデータは、KWと月間検索平均ボリュームの100~1000が交互に入力されたものになっていますので、貼り付けたデータ全てが選択した状態で、上部メニューのデータ⇒範囲並び替え(並べ替え条件:A→Z)を行います。
  10. 貼り付けたKWと月間検索平均ボリュームの100~1000が並べ替えられ、上部の方に月間検索平均ボリュームの「100~1000」の文字が入ったカラムが並ぶので、それらのカラム全てを選択して削除します。
  11. 残ったKW群をコピーしてお宝キーワード自動判定ツールに「キーワード取り込み」で設定します。
  12. 設定したKW群の数により時間が異なりますが、2 時間に 100 個程度は完了するスピードで処理されます。
  13. 設定したKWがすべて処理されたら、結果を「お宝キーワードツール判定シート」の「キーワード取り出し」からコピーして、「お宝キーワードツール判定シート」に貼り付けます。
  14. 貼り付けたシート内のG列に黄色で「お宝!」と入力された行をコピーし、別に作成した「お宝キーワードシート」に貼り付け、これを繰り返して、お宝KWのみを抜き出します。

  なお、次の記事も参考にしてください。

② Goodkeyword、Similarweb、Ubersuggest を使用する方法

 先ず、教材に記されている「Goodkeyword」は「ラッコキーワード」に統合されていますので、「Goodkeyword」は、「ラッコキーワード」に置き換えて読むようにしてください。

 最初に自分が稼げそうなKWを選定する部分はネタ元サイトから選択しますので①と同じです。
 それでは、手順を順を追って紹介します。

  1. 自分が書けそうなキーワード(KW)を選択し、Yahoo!検索に設定した際に虫眼鏡キーワードなど数多くあることを確認
    教材では、「マーライオン 行先」を例にとっていますが、KWは自分が書けそうなKWをネタ元サイトから選択して下さい。
    次の記事を参照。
    エクアド実践記|エクアド第2回目の実践記録、キーワードの選定
  2. 自分が選んだKWを設定して検索された結果から個人ブログが書いた記事を検索ページ1ぺージ内で上位5位ほどを選択します。
  3. 記事を書いたブログの月間訪問者数をSimilarWebに設定して調べます。
    この際に月間訪問者数が5,000以下の場合は表示されません。したがって、月間訪問者数、」すなわち、そのブログへのアクセスがあまりないブログは、ここで除かれます。
    (注)SimilarWebでは、競合相手を知ることができますので、自分の競合相手を知る上でも役に立ちます。しかし、月間訪問者数が5,000以上まで自分のブログを育てる必要があります。
  4. ここで注目するのは、上述で調べた月間訪問者数の低いブログ(弱いブログ)、教材では月間訪問者数10,000以下のブログの流入キーワードを調べますが、SimilarWebですと、上位5位までの流入キーワードしか知ることができませんので(無料で利用する場合)、Ubersugestを使います。
    (注)Ubersugestも無料で使用する場合は、3回までしか使えませんので、3回以上利用する場合は、アカウントを変更して利用する必要があります。
  5. Ubersugestに弱いブログのURLを入れて、流入キーワードの中から検索ボリューム 500-1000 回程度のキーワードを選びます。
  6. これらのキーワードは、弱いブログから流入したキーワードで検索需要が比較的大きいキーワードであることになります。
  7. このようにして、他の10,000以下のブログの流入キーワードを調べ、それから付随して得られる流入キーワードの中から検索ボリューム 500-1000 回程度のキーワードを選んでいけば、ライバルが弱い穴場キーワード得ることができます。

エクアド実践記4の執筆

 エクアド実践記4は、主にエクアドに付属してくる特典などのについて執筆しています。

 下の記事を参照下さい。

おわりに

 次回は、2021円1月7日、8日に実践したことについて書いていきます。

 できる限り詳細に書いていきますので、エクアドの購入を考えている方はご期待ください。

 以上です。

72歳の老人でもできるアドセンス×ブログ×アフィリエイトのエクアド

bigaf

 

🕶  超速Kindle本の作成法を学べる講座

メルマガの登録ありがとうございます。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました