Coreserver V2プラン登場、通信規格5Gを見据えた爆速のレンタルサーバー、エックスサーバーや ConoHa WINGとの比較

coreserverv201 レンタルサーバー
この記事は約9分で読めます。

はじめに

こんにちは、エイじーです。

A8.netのメール通信で「コアサーバーリニューアル《5G対応の「V2プラン」爆誕キャンペーン!》」のお知らせがあり、私が現在利用しているレンタルサーバーの上位プランの案内でした。

読んでみると、かなり魅力的な内容でしたのでV1プラン(現在のプラン)⇒V2プランへの移行をする上での参考になると思い、Coverserver V2プランについて調べ、ここに紹介しようと思った次第です。

この記事を読むと次のことが分かります。

  • Coreserverのレンタルサーバーはどのような会社?
  • Coreserver V2プランとは?
  • Coreserver V1プランとの違い
  • Coreserver V2プランの概要、機能・性能について
  • Coreserver V2プランの気になる価格
  • Coreserver V2プランのちょっと気になるポイント
  • Coreserver V2プラン、エックスサーバーや ConoHa WINGとの比較よるCoreserver V2プランをおススメな理由
 それでは、順をおって紹介していきます。

Coreserverのレンタルサーバーはどのような会社?

 Coreserverのレンタルサーバを運営している会社は、GMOデジロック株式会社で2001年7月に設立され、本社を大阪市北区大深町に置く会社です。

 主要な業務は、インターネットサービス提供、ソフトウェア開発で、資本金1,000万円、従業員18名(2020年2月末日現在)というそれほど大きい会社ではありません。

 しかし、実施ているサービスを見ると次のように良く知られた名前がでてきます。

●Value-Domain by GMO
●Value-server by GMO
●CORESERVER by GMO(私は、このサービスの1つを受けている)
●XREA by GMO
●Value-ip by GMO
●COREPRESS cloud by GMO
●Value-auth by GMO

  そして、この会社が東証一部上場のGMOインターネット株式会社のグループ企業となっています。

 以上のことから、十分に信用がおける会社であることが分かります。

Coreserver V2プランとは?

 今まであったV1プランをさらに快適にご利用できるように、サーバーの高速化とディスク容量の大幅なスペックアップを行い、新たに販売したものがV2プランということになります。

 このV2プランのレンタルサーバーの性能、特徴などを簡単に書きますと次の通り。

◆最新EPYC CPU64コア128スレッド
◆メモリー最大1TB
◆ストレージピュアSSD RAID10
◆WebサーバーLiteSpeed
◆ネットワーク10Gbps高速回線
◆V2プランの特徴
 1.全プランでドメイン永久無料
 2.30日間の無料お試し期間
 3.プランの即時アップグレード可能
◆V2ブランの種類(詳細は後程説明)
 CORE-X、CORE-Y、CORE-Zの3プラン

 そして、V2プラン販売を記念して契約で次のようなキャンペーンを実施ています。

 初期費用(1,500円)が無料
期間 : 2021年1月18日(月)~2021年2月28日(日)

 

Coreserver V1プランとの違い

 それでは、今までのV1プラントの違いを見たいと思います。

 表の形にしてみました。

項目 V1プラン V2プラン
タイプ CORE-MINI CORE-A CORE-B CORE-C CORE-X CORE-Y CORE-Z
月額料金 約198円~ 約397円〜 約785円〜 約3167円〜 380円〜 680円〜 1880円〜
Webサーバー Apache LiteSpeed
HTTP対応 HTTP/2 HTTP/2、HTTP/3
容量(SSD) 120GB 240GB 480GB 960GB 300GB 500GB 800GB
マルチドメイン 50個 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
メールアドレス 200個 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
MySQL 10個 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
電話サポート なし なし あり あり なし なし あり
自動バクアップ なし なし なし あり あり あり あり

 上表により大まかな違いが分かりますが、V2プランになるとサーバー性能、全体的に同系列で容量などのUP、そして大きいのが自動バックが付加したのが大きな違いです。

Coreserver V2プランの概要

 Coreserver V2は、V1プランの性能より数段アップしています。

 その特徴を次に挙げます。

✅洗練された機能と高速・安定を追求した高品質レンタルサーバー
✅WordPress 簡単自動インストール
✅処理速度を高速化するSSDを全プラン標準搭載
✅最大64コアのCPUと最大1TBのメモリーで優れた安定性を実現
✅緊急時に最適なライブチャット
✅全プラン転送量無制限を実現
✅マルチドメイン・メールアドレス・MySQL、全て無制限
✅無料で使える独自SSL対応
✅ページの表示高速化を実現するHTTP/3対応
✅複数の地域でバックアップするリージョン(予定)

となっており、安くても他のレンタルサーバーに負けない、いや超えている性能を確保しています。

Coreserver V2プランの機能・性能

 ここでは、Coreserver V2プランの機能・性能をCoreserverのホームページからピックアップして表の形で以下に示します。

項目 CORE-X CORE-Y CORE-Z
容量(SSD) 300GB 500GB 800GB
ファイル上限数 1,000,000 2,000,000 4,000,000
転送量目安(月) 9TB 12TB 16TB
メモリ割当 6GB 9GB 12GB
自動バックアップ 3世代 15世代 15世代
マルチドメイン 無制限 無制限 無制限
サブドメイン 無制限 無制限 無制限
PHP 7.4(LiteSpeed PHP)
MySQL(MariaDB 10.4) 無制限 無制限 無制限
無料SSL
メールアカウント数 無制限 無制限 無制限
サブFTPアカウント 無制限 無制限 無制限
電話サポート
メール、チャットサポート

 以上のように、容量300GB以上、全プランマルチドメイン、サブドメイン、データベースのMySQL、メールアカウント数、サブFTPアカウントが無制限、LiteSpeed、高速SSD・無料SSL・HTTP/3に対応しており、個人から法人・ビジネス用途まで幅広く使うことができます。

oreserver V2プランの気になる価格

 それでは、Coreserver V2プランの価格をCoreserverのホームページからピックアップして表の形で以下に示します。

項目 CORE-X CORE-Y CORE-Z
初期費用 1,500円 1,500円 1,500円
サブスクリプション契約 635円 908円 2,272円
12ヶ月契約 5,760円 9,360円 23,760円
24ヶ月契約 10,320円 17,520円 46,320円
36ヶ月契約 13,680円 24,480円 67,680円
(注1)初期費用は、2021年1月18日(月)~2021年2月28日(日)の間に申し込めば無料となります。
(注2)サブスクリプション契約は毎月更新する場合のプランになります。例えば、CORE-Xプランの場合は、635円 / 月を初月に支払い、1ヶ月ごとに更新していくというプランになります。
(注3)30日間の無料お試し期間がありますので、申し込んだ日から31日後(約1か月後)に料金が発生します。

 以上のように、サーバーの性能の価格対費用効果を考慮すると大変お買い得なレンタルサーバーだと思いませんか?

Coreserver V2プランのちょっと気になるポイント

 少し気になるポイントを挙げるとすれば、次お通りとなります。

  1. CORE-XとCORE-Yプランには、電話サポートがない。
  2. V1プランからバージョンアップしたい場合にそのようなプランがない。すなわち、最初からWordPressをインストールしてサイトを作っていかなければならない。
    そのまま移行すると言う訳にはいかない。
  3. V2プラン用のマニュアル類がまだ十分に準備されていない。

Coreserver V2プラン、エックスサーバーや ConoHa WINGとの比較

 ここでは、CORE-Xプラント同等の性能のエックスサーバー(X10プラン)とConoHa WING(WINGパック ベーシック)を表にして比較したいと思います。

項目 Coreserver
CORE-Xプラン
エックスサーバー
X10プラン
ConoHa WING
WINGパック ベーシック
初期費用 1,500円 3,000円 無料
月額料金(1年契約) 480円 1,000円 900円
月額料金(3年契約) 380円 600円 800円
お試し期間 30日間 10日間 初月無料(最大31日間)
サーバーソフト LiteSpeed nginx nginx
HTTP/2
HTTP/3
ディスク容量 300GB 200GB 250GB
マルチドメイン 無制限 無制限 無制限
サブドメイン 無制限 無制限 無制限
MySQL(DB作成) 無制限(MariaDB) 無制限(MariaDB) 無制限(MariaDB)
メールアカウント 無制限 無制限 無制限

Coreserver V2プランをおススメの理由

 上述のCoreserver CORE-Xプランは、エックスサーバー(X10プラン)とConoHa WING(WINGパック ベーシック)との比較表から、価格対費用効果が高いことが分かります。

 Coreserverのホーページで、「次世代通信規格5G対応のレンタルサーバー」と謳っているだけのことはあると思う次第です。

 ただ、実際に同じ条件で同じサイトをインストールして調べたわけではないので明確なことは分かりません。

 これについては、エックスサーバー(X10プラン)とConoHa WING(WINGパック ベーシック)を利用している方が、CoreserverのCORE-Xプランを30日お試しで同じサイトをテストして、その結果を記事にしていただければ、是非読ませていただきたいと思います。

おわりに

 如何だったでしょうか?

 この記事では、Coreserverのレンタルサーバーはどのような会社から始まり、Coreserver V2プランとは?、Coreserver V1プランとの違い、Coreserver V2プランの概要、機能・性能について、Coreserver V2プランの気になる価格、Coreserver V2プランのちょっと気になるポイント、Coreserver V2プラン、エックスサーバーや ConoHa WINGとの比較よるCoreserver V2プランをおススメな理由などについて紹介してきました。

 この記事が皆様にとって少しでもお役に立てれば幸いに思います。

以上です。

 

 

🕶  超速Kindle本の作成法を学べる講座

メルマガの登録ありがとうございます。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました